理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

樹木医に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今樹木医の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい樹木医に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

樹木医に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの樹木医適性診断結果

あなたの適性度は68%で、樹木医の仕事に向いているようです。樹木医の仕事内容、年収、やりがいなどを調べて、あなたの希望に合うかどうかチェックしてみましょう。もし希望に沿うようであれば、具体的に動き出すことをオススメします。

樹木医に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.高所での作業が平気
2.虫が苦手ではない
3.知識を集めるのが得意
4.体力がある
5.柔軟な考え方ができる
6.忍耐力がある
7.樹木が好き
8.コミュニケーション能力がある
9.観察力がある
10.冷静な決断ができる
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
樹木医適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 高所での作業が平気 』

兼ね備えていない

樹木医は、背の高い樹木の、先端部分を診断しなければならないこともあります。その際には、高所作業車を使用したり、ロープをかけて登って行ったりします。いずれの場合も、高所で直接診断をすることになります。そのため、高いところでの作業が、特に苦にならない人が樹木医に向いています。高所恐怖症で、背が低い樹木しか診断できなければ、樹木医として働ける場所が見つからない可能性があります。

『 虫が苦手ではない 』

十分に兼ね備えている

樹木は、虫の住処になっている場合が多いです。そのため、樹木医は、虫が身近にいる状態で働くことになります。場合によっては、樹木の病気の原因を探るために、虫を捕獲して調査をしなければならないこともあります。したがって、虫が平気な人でなければ、樹木医として働くことは難しいでしょう。虫が好きな人であれば、特にストレスを感じずに働ける可能性が高いです。

『 知識を集めるのが得意 』

十分に兼ね備えている

樹木医が樹木の治療を行うためには、膨大な知識が必要です。治療の対象となる樹木にはどういった病気があるのか、その病気を治すにはどのような方法を用いれば良いのかなど、得なければならない知識は非常に多いです。そのため、専門分野の勉強をするのが好き、知識を蓄えるのが得意という人が、樹木医に向いています。

『 体力がある 』

あまり兼ね備えていない

大抵の樹木は、屋外にあるため、樹木医は屋外で働くこととなります。季節に関係なく屋外で働くために、体力がある人が樹木医に向いています。また、森の奥深くにある樹木の診断や調査をすることもあります。そのような場所に訪れるためにも、十分な体力が必要です。さらに、高所作業車が入れない場所で、ロープを使って樹木に登る場合にも、体力がなければなりません。

『 柔軟な考え方ができる 』

十分に兼ね備えている

樹木医が樹木の治療をする際には、色々な可能性を考えなければなりません。ひとつの考えに固執すると、間違った治療法を選び、樹木の状態を悪化させてしまう恐れがあります。そのため、あらゆる可能性を考慮できる、柔軟性のある人が、樹木医に向いています。また、樹木の剪定や伐採などの計画を立てるのも、樹木医の仕事です。そこでも、色々な計画を考えられる柔軟性が求められます。

スポンサーリンク

『 忍耐力がある 』

十分に兼ね備えている

樹木は成長するスピードが遅いので、樹木医の治療の効果が出たのか、すぐに判断することは難しいです。そのため、効果が出るまでじっくりと待つことができる、忍耐力のある人が樹木医に向いています。また、樹木医になる場合、特に資格を保有していなければ、7年以上の実務経験が必要です。7年働いた上で、ようやく樹木医の資格試験が受けられるようになります。そして、その試験の難易度は高めで、簡単には合格できません。したがって、長い実務経験を積み、試験に落ちても挑戦し続けるための忍耐力が必要です。

『 樹木が好き 』

そこそこ兼ね備えている

樹木医には、樹木が好きな人が向いています。樹木医の仕事は、体力が必要、覚えなければならないことが多いなど、色々と厳しい部分が多いです。それでも、樹木が好きであれば、好きな樹木を病気から守りたい、樹木にとって理想的な環境を作り上げたいといったモチベーションが生まれやすいでしょう。また、樹木が好きだと、樹木医になるための長い期間も頑張れるはずです。

『 コミュニケーション能力がある 』

だいぶ兼ね備えている

樹木医は、ただ樹木を相手に仕事をしていれば良いわけではありません。樹木の治療や伐採を依頼してくる、色々な人とコミュニケーションを取る必要があります。また、一人では手に負えない仕事では、複数の樹木医でチームを組むこともあります。そのため、コミュニケーション能力がある人が、樹木医に向いています。人と接するのが苦手だから、樹木を相手にする仕事をしたいという人は、樹木医として働くのは難しいかもしれません。

『 観察力がある 』

十分に兼ね備えている

樹木は、人のように言葉を話すことができません。そのため、樹木医は、病気の症状を自らの判断によって突き止める必要があります。また、動物のように、わかりやすい不調のサインが表に出てくるとは限りません。よって、症状を突き止めるには、葉の色や樹皮の変質など、些細な兆候も見逃さないことが大切です。したがって、観察力のある人が、樹木医に向いています。

『 冷静な決断ができる 』

だいぶ兼ね備えている

樹木医の仕事は、病気になっている樹木を治療したり、病気を予防したりするのが基本です。ただ、それ以外にも、人の生活の邪魔になっている樹木を取り除いたり、病気が広まらないように特定の樹木を伐採したりする指示を出すこともあります。そういった決断を、冷静にできる人が、樹木医に向いています。樹木が好きすぎるあまり、現実的ではない現状維持の判断をしたり、依頼者に反発してトラブルを起こしてしまったりする人は、樹木医向きではありません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの樹木医適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
樹木医適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 樹木医に向いているか向いていないか
  • 樹木医の職業適性度
  • 樹木医に必要な10の資質
  • 解説で樹木医に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

樹木医とは?

樹木医は、樹木の診断や治療を行う仕事です。

日本には、数百年という長い歴史を持っているものや、街路樹としての役割を担っているものなど、数多くの樹木があります。

そのような樹木が、将来的に健康でいられるようにサポートをするのが、樹木医です。

基本的には依頼に応じて、樹木がある場所まで直接足を運び、診断を行います。

そして、知識に基づいて適切な対策を行います。

樹木の治療には、薬剤の散布や重機を使った大掛かりな作業などが必要になることもあります。

そのため、他の専門家と協力をしながら、治療に取り組むことも多いです。

樹木医になるには?

樹木医になるためには、一般財団法人である日本緑化センターが認定している資格を取得しなければなりません。

資格試験に合格することで、樹木医を名乗ることができます。

ただ、樹木医の試験を受けるためには、7年以上の実務経験が必要です。

そのため、高校や大学を卒業した後は、造園会社など、樹木に触れられる企業に就職して、実務経験を積まなければなりません。

大学の研究機関に所属することで、実務経験を積める場合もあります。

また、大学の農学部などで必要な単位を取得し、樹木医補になってから、樹木医にステップアップするという選択肢もあります。

その場合は、必要となる実務経験は1年で済みます。

樹木医の給料・年収

複数の調査によると、樹木医の年収は、350万円から450万円程度が平均的な額です。

樹木医になるためには、長期的な実務経験と専門的な知識が必要なので、樹木医になったタイミングで、平均的な年収を実現できる場合も多いです。

そして、最終的には、年収が500万円から600万円になる可能性もあります。

ただ、日本では、樹木医の仕事だけをするという働き方は、現実的ではありません。

造園会社や自治体などに所属しながら、仕事の一環として、樹木医の仕事を行う場合がほとんどです。

そのため、樹木医としての収入だけに限定すると、年間数十万円の資格手当のみということになる可能性もあります。

樹木医の就職・転職先(求人)

樹木医として働くのであれば、造園会社や林業に携わる会社に所属することになるでしょう。

そして、普段は会社で他の仕事をしながら、必要な時に樹木医として働く場合が多いです。

副業のような形で、樹木医として働くことも珍しくはありません。

また、自治体で緑化を進める部門や、樹木に関する研究を行う教育機関で働くという選択肢もあります。

特殊な例としては、フリーランスの樹木医として働く人もいます。

企業や自治体の依頼に応じて、樹木の診断と治療を行う形です。

ただ、樹木医を必要とする企業や自治体は、樹木医を雇用したり、社員に樹木医の資格を取得させたりする場合が多いので、フリーランスとして働く難易度は高めです。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0