理想の就活/転職のための
自己分析サイト

電車運転士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今電車運転士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい電車運転士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

電車運転士に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの電車運転士適性診断結果

あなたの適性度は47%で、電車運転士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。電車運転士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

電車運転士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.責任感が強い
2.柔軟な対応力を持っている
3.冷静な判断力が備わっている
4.精神力が強い
5.自己管理能力が高い
6.新しい物事をすぐ受け入れられる
7.集中力が高い
8.持続力に自信がある
9.気を配るのが上手い
10.オンオフの切り替えが上手い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 責任感が強い 』

あまり兼ね備えていない

電車運転士は乗客の命を預かっている立場です。少しでも気を抜いてしまうと、大きな事故を引き起こすかもしれません。些細な揺れで怪我を負わせてしまうケースも考えられます。そのようなミスのないように、電車運転士は他人の命を預かっているという自覚を持って勤務しなければなりません。そのため電車運転士には責任を持つ覚悟が求められるでしょう。与えられた仕事は最後までやり遂げられるような責任感が強い人が、電車運転士の仕事に向いています。

『 柔軟な対応力を持っている 』

兼ね備えていない

電車運転士の仕事をしていると予期せぬトラブルに巻き込まれることもあります。例えば、前方に危険物があった場合には緊急停止が必要になります。電車内に危険物が持ち込まれていたときにも電車を止めて、危険物の処理を行うケースも考えられます。このように予期せぬトラブルが発生したときには、その場に応じた柔軟な対応が求められます。頭が柔らかく、目の前に起きたことに沿った対応を行える人ほど、電車運転士の仕事に向いているでしょう。

『 冷静な判断力が備わっている 』

兼ね備えていない

電車運転士の仕事中に電車を緊急停止させた場合、電車を利用している乗客はパニック状態になってしまうことも珍しくありません。パニック状態になった乗客の中には粗暴な態度を取る人もいるかもしれません。そのような状況でも取り乱すことなく、冷静な判断を行うのが電車運転士の役割です。電車運転士がパニック状態になると乗客を不安にさせてしまうため、内心ではドキドキしていても平静を装うのが重要だと言えます。冷静に物事を考えることに慣れている人は、電車運転士の適性が高いでしょう。

『 精神力が強い 』

そこそこ兼ね備えている

電車運転士は決められた時間を守って電車を運行させなければなりません。少しでも時間がズレてしまうと、乗客の生活に悪影響を及ぼす可能性があります。それだけでなく他の電車の運行が遅れるという悪影響も出てくるでしょう。このように電車運転士は常に時間を守って行動することが求められるので、過度なストレスがかかってしまう仕事だと言えます。この過度なストレスにも耐えられるような精神力の強さを持っている人が電車運転士に向いていると考えられます。

『 自己管理能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

電車運転士は都市部のような電車の運行本数が多い場所ほど、労働時間が長くなる傾向にあります。場合によっては食事時間を確保できないケースも考えられるので、体調を崩してしまう人も出てくる可能性が高いです。夜間の運行を任されることもあるため、睡眠時間も安定しにくいでしょう。このような不規則な生活リズムであっても体調を管理できる人が電車運転士の適性が高いです。普段から自己管理を徹底しているという人は電車運転士に向いていると言えます。

スポンサーリンク

『 新しい物事をすぐ受け入れられる 』

十分に兼ね備えている

新しいものに敏感な人は最新の技術が登場したとしても素直に受け入れて、その技術を楽しむことができるでしょう。コンピューターの技術が進化していく度に車両や運行システムは変わっていきます。それに伴って電車運転士の操作方法も変化していくことが想定されます。新しい技術を受け入れられるような性格の人は、操作方法が変わっても戸惑うことは少ないでしょう。新しい技術に抵抗のない人ほど、電車運転士の適性が高いと考えられます。

『 集中力が高い 』

十分に兼ね備えている

電車運転士は繊細な操作を行わなければならないシーンもあります。その繊細な操作を間違ってしまわないためにも電車運転士は仕事中に高い集中力を持つことが求められます。そのため集中力の高さに自信を持っている人ほど、電車運転士に向いていると言えます。

『 持続力に自信がある 』

兼ね備えていない

電車運転士は集中力を持続させる能力も必要です。これは電車の運転中によそ見をしてしまうと、大きな事故に繋がる可能性があるからだと言えます。学生時代に授業への集中力が持続していた人は電車運転士に対する適性が高いと考えられます。

『 気を配るのが上手い 』

そこそこ兼ね備えている

電車運転士は乗客への配慮も求められます。乗客が気持ち良く電車を使えるような気配りができる人が、この職業に向いています。他にも線路上や電車のホームを観察して、普段との違いを見つけたら事前に知らせておくような気の配り方も電車運転士には必要です。学生時代にクラスメイトの異変にいち早く気付けていた人は電車運転士の適性が高いでしょう。

『 オンオフの切り替えが上手い 』

十分に兼ね備えている

電車運転士は不規則な生活リズムと過度なストレスの影響で、プライベートで怒りっぽくなってしまうケースも珍しくありません。そのような人にならないためにも仕事とプライベートの分離や、オンオフの切り替えが重要になります。どんな状況でもオンオフの切り替えが上手いという人は電車運転士の仕事に向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの電車運転士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • 電車運転士に向いているか向いていないか
  • 電車運転士の職業適性度
  • 電車運転士に必要な10の資質
  • 解説で電車運転士に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

電車運転士とは?

電車運転士の仕事は、乗客や貨物を乗せた電車を運転する事です。

ですが、それ以外にも様々な業務を行います。

電車運転士は、まず運行前の車両を点検しブレーキなどに異常がないかどうかを調べます。

点呼を済ませた後は、運行予定が書かれた時刻表を受け取り準備します。

車両を目的の駅へと運転し、乗客を乗降させます。

天候やアクシデントなどで電車の到着が遅れるなど時刻表通りにいかない時には、速度やブレーキを調節するのも電車運転士の大切な役割です。

また、事故が発生した時には適切な対応を行い乗客の安全を確保します。

万が一、乗客の中でけが人が出た場合は運行司令室に連絡し指示を仰ぎます。

電車運転士になるには?

電車運転士になるためには、高校や大学を卒業した後に鉄道会社に就職する必要があります。

そこで、駅員や車掌として働き経験を積む事です。

そして、電車運転士になるためには資格を取得する事が必須です。

動力車操縦者運転免許は、動力車によって分かれています。

その種類は、12種類あります。

蒸気機関車やディーゼル、新幹線など自分が運転する車両に合った免許をとる事が大切です。

試験の難易度や試験日などについてはそれぞれ違うため、事前に試験実施団体のホームページなどで確認しておくといいでしょう。

また、試験を受ける際には身体検査や適正検査なとも行われるため、試験の結果が良くても電車運転士になれない事もあります。

電車運転士の給料・年収

複数の調査から、電車運転士の年収は平均約600万円前後です。

初任給だと、月額の平均は約20万円前後です。

ですが、鉄道会社によって収入は違います。

従業員の数が1000人以上の場合は平均年収は約650万円前後ですが、100人以下の所では約400万円前後です。

給与の他にも年に1・2回の賞与や手当などがあるため、平均年収を超える事もあります。

また、年齢によっても年収に差が出てくるため長く勤続すればするほど年収は上がっていきます。

50代以上になると、平均年収が750万円前後です。

電車運転士の年収は、働く鉄道会社や年齢などによりかなり違います。

電車運転士の就職・転職先(求人)

電車運転士の就職先は、全国にある鉄道会社です。

鉄道会社といっても、1つではありません。

国有鉄道が民間化した事により誕生したJR。

自治体や地方公営企業が運営している公営鉄道。

民間企業が運営している私鉄。

更には、国と民間企業そして地方公営団体が共同で運営している第三セクターなどがあります。

また、貨物を中心に運ぶ臨海鉄道や路面電車、公営の地下鉄など電車運転士の力を必要としている所は多々あります。

更に、鉄道会社に勤務しないという方法もあります。

電車の専門学校などで講師となって、後進の育成に励む事も可能です。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る