理想の就活/転職のための
自己分析サイト

トレーサーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今トレーサーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいトレーサーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのトレーサー適性診断結果

あなたの適性度は47%で、トレーサーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。トレーサーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

トレーサーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.正確に作業するのが得意
2.整理整頓するのが得意
3.建築や機械の知識がある
4.仕事の知識を学ぶ意欲が高い
5.地道な作業が苦ではない
6.細かいミスにも気付ける
7.コミュニケーション能力がある
8.CADと手描きの両方の能力がある
9.体力に自信がある
10.集中力を途切れさせずに働ける
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 正確に作業するのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

トレーサーの仕事で大切なのが、設計者が作成した原画を、正確か伝わりやすい形で清書することです。清書という役割を担っているにも関わらず、作業が雑という場合には、作業のやり直しやその後のトラブルに発展するリスクもあります。より良い図面に仕上げるためにも、トレーサーは作業の正確さが求められると認識しておきましょう。

『 整理整頓するのが得意 』

だいぶ兼ね備えている

作成したデータがあっても、どのような順番で作成したのか状況が把握できないと、状況がわからず困った事態になるリスクもあります。最新のデータがどれか整理しながら作業を進めることも、トレーサーに求められる能力の1つです。適切にデータの管理を行って、同時に整理整頓をする能力があると、状況を適切に把握しながらより良い形でトレーサーの仕事を進めやすくなるかもしれません。

『 建築や機械の知識がある 』

そこそこ兼ね備えている

トレーサーの仕事は、図面を清書するだけと考えている方もいます。ですが図面の作成や管理だけではなく、設計者や顧客への提案などを行う機会も見られます。意見を求められたときに適切な提案ができるようにするためにも、トレーサーには建築や機械に関する幅広い知識が求められると押さえておきましょう。また意見が求められない場合であっても、知識を身に着けておくことで、質の高い図面の清書がしやすくなります。

『 仕事の知識を学ぶ意欲が高い 』

だいぶ兼ね備えている

建築や機械に関する状況は、研究が進められて新しい技術や建築のやり方などが誕生する場合もあります。そのためトレーサーは、建築や機械に関する知識を持っているかどうかだけではなく、最新の知識を学び続けることも必要な仕事です。新しい情報を仕入れて自分を成長させることで、長く活躍できるトレーサーを目指しやすくなります。必要な知識をどのように学んでいけばいいか迷ったら、関連する資格の取得を目指すのも1つの手です。

『 地道な作業が苦ではない 』

そこそこ兼ね備えている

図面の清書は、細かい点も含めて正確に描いていくことが大切です。実際に仕事をするときには、細かい作業が長時間続く場合もあるでしょう。細かい作業が続く場合でも、地道にコツコツと努力ができる方なら、トレーサーとして働きやすくなります。

スポンサーリンク

『 細かいミスにも気付ける 』

兼ね備えていない

正確な清書が求められるトレーサーの仕事であっても、人の手で作業をするうえではミスが生じてしまうこともあります。ミスをしてしまった場合でも、見直したときに細かなミスに気づければ大きな問題に発展するリスクは低くなります。そのため細かなミスも見逃さず、適切に対処できる方がトレーサーに向いています。小さな違いでも、正確性が求められる職場では大きなミスにつながることを忘れないようにしましょう。

『 コミュニケーション能力がある 』

兼ね備えていない

設計者の図面の清書が主な仕事内容となるトレーサーは、設計者や同じ職場のメンバーとコミュニケーションをとりながら作業を進めることが必要不可欠です。清書前の図面は、設計者が独自のルールで描いていて、意思疎通ができていないと何を表現したいのかわかりにくいケースも見られます。普段から設計者とコミュニケーションが取れていれば、設計者ならではの表現の特徴を把握し、正確な図面を清書しやすくなります。

『 CADと手描きの両方の能力がある 』

十分に兼ね備えている

トレーサーになるためには、手描きではなく、CADが利用できれば十分と考える方もいるでしょう。CADを使った形で清書するケースが増えているといっても、手描きができないトレーサーより、両方に対応できるトレーサーが重宝される傾向があります。細かな場面だと手描きにしてほしいという場合も多いので、重宝されるトレーサーを目指したいなら、CADと手描きの両方に対応できることが重要と押さえておきましょう。

『 体力に自信がある 』

だいぶ兼ね備えている

図面の清書が中心の職場であれば、トレーサーに向いているかどうかと体力面は関係ないと考える方もいるでしょう。ですが納期厳守の仕事なので、納期が迫っているタイミングでは残業が続いてしまうこともあります。残業が続いても、体調を崩さず仕事を達成するために、体力があるかどうかもトレーサーに向いているかを左右するポイントの1つです。

『 集中力を途切れさせずに働ける 』

兼ね備えていない

トレーサーの仕事では、細かな作業を長時間続ける場面も多くあります。細かな作業が続いていると、途中で集中力が切れてミスが増えてしまうこともあるでしょう。ですが長時間の細かい作業ですぐに集中力が切れていたら、一流のトレーサーを目指すことができません。常に集中力を切らさず、正確な作業ができる方は、一流のトレーサーに向いています。また長時間の作業で集中力が切れた場合でも、ちょっとした気分転換ですぐに気持ちを切り替えて集中できる方も、トレーサーとして良い仕事ができる可能性があります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのトレーサー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る