理想の就活/転職のための
自己分析サイト

セラピストに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今セラピストの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいセラピストに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのセラピスト適性診断結果

あなたの適性度は50%で、セラピストの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。セラピストを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

セラピストに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.困っている人を助けたい思いが強い
2.普段から健康を意識している
3.人と話すことが得意
4.つらい経験をしたことがある
5.人の気持ちに敏感
6.人を癒して安心感を与えられる
7.リラクゼーションが好き
8.よく人に道を尋ねられる
9.悩みを溜め込まない
10.スキルアップに励める
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 困っている人を助けたい思いが強い 』

そこそこ兼ね備えている

エステティシャンや整体師などさまざまなセラピストがありますが、来るお客様は皆何かしら問題を抱えています。毛深いから脱毛したい、肩コリが酷くてマッサージを受けたいなど、その人それぞれの悩みがあるのです。何かしらの悩みを抱えている人のために、助けたいという気持ちがある人はセラピストに向いていると言えるでしょう。逆に、ほかの人が困っていようが実は興味がないという人は、セラピストは向きません。

『 普段から健康を意識している 』

十分に兼ね備えている

健康的な悩みを抱えてくるお客様も多いので、セラピストはアドバイスを求められるシーンも多くなります。普段から自分の健康を意識している人は、お客様に話す時に説得力があります。食べ方や健康、心のケアをセルフで意識しながら毎日行っている方は、セラピストに向いているでしょう。太り気味で相談に行き、太っている人にダイエットについてアドバイスされてもピンときません。普段から健康を意識せず生活している人には、セラピストは向きません。

『 人と話すことが得意 』

だいぶ兼ね備えている

セラピストは、ほとんど人との関わりの中で仕事をします。施術中はお客様の悩みを聞きながら接しますが、時には日常会話なども取り入れて話します。元々人と話すことが得意で、普段からさまざまな人と接している人にセラピストは合っているでしょう。普段からあまり人と話す機会もなく、友人もほとんどいないという方はセラピストには向いていません。さまざまなネタが頭の中にあり、誰とでも話せる人はセラピストがピッタリです。

『 つらい経験をしたことがある 』

十分に兼ね備えている

セラピストは、相手の気持ちがわからなければいけません。体や心の不調を抱えて、自分も悩んだ経験があるという人もいるでしょう。そのような方は、自分の経験から相手の気持ちがわかるため、セラピストが向いています。実際に仕事中もさまざまな悩みを聞き、アドバイスする機会が多いです。つらい経験があると、具体的に自分はどうしたのかアドバイスしながら話せます。ほとんどつらいと感じるような経験がない人は、あまり向いていません。

『 人の気持ちに敏感 』

あまり兼ね備えていない

相手がどんなことを考えているのか、感覚的にすぐわかるという人はセラピストに向いています。来店するお客様は、同じようなタイプの人ばかりではありません。同じ言葉でも言われて嬉しい人と、傷付く可能性がある人もいます。その人がどんなことを考えているのか敏感に感じ取り、一人ひとりに合わせた対応ができる人はセラピストに向いています。逆に相手にあまり関心を持てない人は、セラピストに向きません。

スポンサーリンク

『 人を癒して安心感を与えられる 』

そこそこ兼ね備えている

人から「一緒にいると落ち着く」「癒し系」と言われた経験のある人は、セラピストに向いています。お客様がリラックスして話せるような環境を作り、悩みを解決できるように施術を行うことがほとんどです。どんなに部屋がリラックスできそうな雰囲気でも、セラピストが怖い雰囲気であればお客様は心を閉ざしてしまいくつろげません。元々癒し系の雰囲気があれば、それだけでお客様は癒されます。あまり癒し系と言われたことがなく、怖い、冷たいと言われる人は向いていません。

『 リラクゼーションが好き 』

だいぶ兼ね備えている

自分もリラックスしながらマッサージを受けるのが好きという方は、セラピストに向いています。施術しながら気持ち良くリラックスできるポイントなどを自分も感じ取っている人も多いため、お客様にも同じようにできます。実際施術中も、お客様はリラックスできるように様子を見ながら対応していかなければなりません。自分も経験することで、感覚がわかります。あまりリラクゼーションなどに興味がなく好きじゃない人は、向かないでしょう。

『 よく人に道を尋ねられる 』

そこそこ兼ね備えている

なぜか何人かそこに人がいるのに、自分が道を尋ねられる人はいないでしょうか。よく相手に話しかけられる人は、セラピストに向いています。人は道を聞く時に変な雰囲気の人には聞かないですし、優しく安心できる人に話しかけます。仕事では悩みを聞く機会も多いですが、優しい雰囲気の人のほうがお客様も安心するのです。普段から悩み相談される人や道を尋ねられる人は向いているでしょう。そんなに人に尋ねられる、相談される機会がない人は向いていません。

『 悩みを溜め込まない 』

兼ね備えていない

普段から悩みを大きく考え溜め込んでしまいがちな人は、セラピストが向いていないかもしれません。施術中にお客様から悩みの相談をされ、中には深刻な話をされるケースも考えられます。さまざまな暗い話を聞いているうちに、相手の立場になりすぎて自分が悩みを溜め込んでしまう可能性もあります。親身に聞きながらも、上手に自分の心身のバランスを保てる人に向いていると言えるでしょう。相手の話を深く考え、自分も病んでしまう人には向いていません。

『 スキルアップに励める 』

兼ね備えていない

日々セラピストの施術内容は進化していますので、日頃からスキルアップを意識して向上心がある人はセラピストに向きます。今まで新しい技術として提供してきたものも、時間が経てばさらに進化したものが出て古いものとなります。ずっと同じ技術ばかりにしがみついていると、お客様も離れてしまうでしょう。情報をいち早くチェックし、日々スキルアップができる人には向いています。あまり向上心のない人は、セラピストが合いません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのセラピスト適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る