理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

テキスタイルデザイナーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今テキスタイルデザイナーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいテキスタイルデザイナーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

テキスタイルデザイナーに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのテキスタイルデザイナー適性診断結果

あなたの適性度は59%で、テキスタイルデザイナーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。テキスタイルデザイナーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

テキスタイルデザイナーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.ファッションへの造詣が深い
2.インテリアに詳しい
3.染色への造詣が深い
4.色彩感覚が豊か
5.世の中のトレンドに詳しい
6.手芸が好き
7.集中力がある
8.正しい情報かを見分けるのが得意
9.柔軟性がある
10.芸術的なセンスに恵まれている
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
テキスタイルデザイナー適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 ファッションへの造詣が深い 』

だいぶ兼ね備えている

テキスタイルデザイナーが手掛けたテキスタイルは、衣類や服飾雑貨などに使用されます。ファッションへの造詣が深く、ファッションのあり方やその意味について、深く理解していることが、テキスタイルデザインをする上では不可欠です。ジャンルを問わず、幅広くファッション関する知識を持ち、テキスタイルデザインに役立てられるようにして下さい。

『 インテリアに詳しい 』

だいぶ兼ね備えている

デザイナーが作り上げたテキスタイルは、ファッション関係の物に使われることもあれば、インテリア関係の物に使われることもあるものです。インテリアに詳しい人は、テキスタイルデザイナーの適性がある人とも言えます。インテリア雑誌に目を通したり、インテリアショップに立ち寄ったりするのが好きで、日頃からインテリアに愛着を持っている人は、テキスタイルデザイナーを目指すことを検討してみるとよいでしょう。

『 染色への造詣が深い 』

兼ね備えていない

生地の織り方や染色に関する知識は、テキスタイルデザイナーとして欠かせない知識です。どれほど豊かな発想でデザインを考えたとしても、どのようにして生地が作り上げられるのかについての知識や経験がなければ、テキスタイルとしての完成度を高めることはできません。古くから親しまれてきた染色の方法や新しく開発された生地の織り方について幅広く知っていれば、テキスタイルに生かすことができます。資格が必ずしも必要なわけではありませんが、織物や染物について専門的に学んだ経験や知識があると、有利になる職業です。

『 色彩感覚が豊か 』

そこそこ兼ね備えている

色彩は、テキスタイルデザインの印象の決め手ともなります。どのような色遣いでテキスタイルを仕上げるかを考えることは、テキスタイルデザイナーの大切な仕事の一部です。同じデザインで色違いのテキスタイルを考案することもあるので、色の組み合わせによる印象の違いをきちんと認識した上で、ひとつひとつの色にこだわって決めるようにして下さい。

『 世の中のトレンドに詳しい 』

あまり兼ね備えていない

ファッションやインテリアのベースになるテキスタイルを手掛けるには、トレンドに敏感な姿勢を保ち続けることが大切です。時代の流れを把握し、人々がどのようなものを求めているかについて知る努力をして下さい。常にアンテナを張り、時代の一歩先のニーズを捉えることが、テキスタイルデザイナーとしての人気にも結び付きます。流行に触れ、新しい情報を収集することが好きな人は、テキスタイルデザイナーの適性があると言えるでしょう。

スポンサーリンク

『 手芸が好き 』

十分に兼ね備えている

テキスタイルデザイナーは、ファブリックを扱う職業であることから、手芸が好きな人に向いている職業でもあります。針と糸を使って何かを作り出すことに関心がある人は、テキスタイルデザインにも興味を持ちやすいことでしょう。普段から手芸に親しんで、布そのものの魅力を知っていると、テキスタイルにより真摯に向き合えるようになります。布に限らず、糸や裁縫道具についても幅広く知識を増やすようにして下さい。

『 集中力がある 』

そこそこ兼ね備えている

デザインの依頼を受けて仕事を進めるテキスタイルデザイナーは、複数のテキスタイルデザインを併行して進めたり、短期間でデザインを創り上げることを求められたりすることも多い仕事です。その時々にベストを尽くして、素敵なテキスタイルがデザインできるよう、集中して取り組める力が必要となります。

『 正しい情報かを見分けるのが得意 』

十分に兼ね備えている

トレンドに関する情報を取り入れることが求められるテキスタイルデザイナーは、得た情報を取捨選択し、適切に活用する能力を備えておく必要があります。情報化社会において、取捨選択を迫られるシーンはますます増えてくると予想されるため、日頃から意識的にその力を磨いておくことが大切です。どのようなトレンドを重視してデザインするか、カラーの選択をどうすればよいか、といった決断ができる力を身に付けましょう。

『 柔軟性がある 』

そこそこ兼ね備えている

デザインの依頼を受けて仕事を進めている途中で、企画や納期が変更になったり、作業が中断してしまったりすることもあり得ます。テキスタイルデザイナーは、予期せぬ事態が生じてしまった場合でも、作業のペースを乱すことなく、冷静に対応できることが大切です。様々な状況に臨機応変に対応し、柔軟性を持って仕事に取り組める人は、テキスタイルデザイナーの適性があると言えるでしょう。

『 芸術的なセンスに恵まれている 』

十分に兼ね備えている

豊かな芸術的なセンスは、テキスタイルデザインにも反映されるものです。ファッションやインテリアに限らず、幅広いアートに関心がある人は、テキスタイルデザイナーに向いています。美術観賞や音楽鑑賞を通して、芸術に触れて過ごす心豊かな時間を持つことで、デザイナーとしての才能に磨きを掛けるとよいでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのテキスタイルデザイナー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
テキスタイルデザイナー適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • テキスタイルデザイナーに向いているか向いていないか
  • テキスタイルデザイナーの職業適性度
  • テキスタイルデザイナーに必要な10の資質
  • 解説でテキスタイルデザイナーに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

テキスタイルデザイナーとは?

テキスタイルデザイナーは、洋服の生地やカーテン・カーペット・ソファーの素材など、テキスタイルのデザインを行う仕事です。

どのような柄にするのかだけでなく、織り方や染め方、原料なども細かく指定してイメージ通りのテキスタイルに仕上がるようにします。

また、担当者とデザインについて詳しく打ち合わせをしたり、納期に間に合うように製造できるかチェックしたり、サンプル品を確認した後に修正をしたりと、デザインから製造工程まで関わります。

海外に製造工場を構えている企業も多いため、外国人のスタッフと連携して業務を行うこともあります。

テキスタイルデザイナーになるには?

テキスタイルデザイナーになるために、特別な資格は必要ありません。

しかし、色に関する知識や染色・織物に関する知識、原料に関する知識などが求められるため、ファッション系の専門学校や芸術系大学の染織関連学科やデザイン学科、テキスタイル学科などで学ぶと有利でしょう。

民間資格ですが、カラーコーディネーターやテキスタイルアドバイザーの資格を取得しておくと、色彩感覚やテキスタイルの知識を証明することができます。

また、英語や中国語など語学ができれば、海外の製造工場とのコミュニケーションもスムーズに取れるので重宝されます。

テキスタイルデザイナーの給料・年収

複数の調査から、テキスタイルデザイナーの平均年収は約300万円~500万円です。

正社員として就職した時の初任給は18万円~20万円ほどで、定期昇給をしている会社に就職しているのであれば、毎年少しずつ昇給していきます。

順調に昇給していけば40代で年収400万円~450万円ほどになりますが、役職に就くことができれば平均年収600万円以上を得ることも可能です。

また、テキスタイルデザイナーの給料は、就職した企業の規模によっても違ってきます。

従業員が100人以下の企業は平均年収が360万円ほどですが、従業員が1000人以上の大企業は平均年収が450万円ほどになります。

テキスタイルデザイナーの就職・転職先(求人)

テキスタイルデザイナーの就職先は、デザイン事務所やアパレルメーカー、インテリアメーカーなどが一般的です。

そのほか、繊維メーカーや百貨店の繊維部門などもテキスタイルデザイナーが活躍できる場です。

また、海外に製造工場を構えている企業もあるため、グローバルに活躍することもできます。

特に工場が多いのは、アジア諸国です。

雇用形態は正社員や準社員、パートとして働くことができるほか、テキスタイルデザイナーとして十分な実績があればフリーランスとして働くことも可能です。

テキスタイルデザイナーの転職先としては、アパレルの販売職があげられます。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0