理想の就活/転職のための
自己分析サイト

テストエンジニアに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今テストエンジニアの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいテストエンジニアに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのテストエンジニア適性診断結果

あなたの適性度は45%で、テストエンジニアの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。テストエンジニアを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

テストエンジニアに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.単純作業でも飽きずに作業できる
2.長時間作業が苦にならない
3.書類の内容を読み取るのが得意
4.スケジュールを計画的に進められる
5.ミスを隠さず正確に報告できる
6.テスト工程に関する知識やスキルがある
7.的確に問題点を抽出できる
8.わかりやすいデータや資料を作成できる
9.丁寧な作業を継続できる
10.コミュニケーション能力がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 単純作業でも飽きずに作業できる 』

十分に兼ね備えている

テストエンジニアは単純作業を忍耐強くやり続ける能力が必要です。テスト仕様書の作成と実施、エビデンスの保存などは同じような作業を繰り返すことが多く、飽きずに不具合を探しつづける忍耐力が求められます。意欲的にスキルを求めたい人や、仕様に好奇心をもって作業できるなど、単調な作業を苦にせずこなせる人はテストエンジニアの適性があると言っていいでしょう。

『 長時間作業が苦にならない 』

兼ね備えていない

テストエンジニアは長時間労働の傾向があり、スケジュールの圧迫から残業作業を求められることもあります。スケジュールを計画通りに進められていても、製品の急な仕様変更によってテストをやり直しになることも多いため、あらかじめ長時間労働に対して覚悟を持っておきましょう。長時間になりがちな作業でも要領よく、効率的な方法を探せる人はテストエンジニアの素養があります。

『 書類の内容を読み取るのが得意 』

十分に兼ね備えている

テストエンジニアはテスト内容の意図と目的を、計画書や仕様書から正確に読み取る必要があります。内容をしっかりと把握できなければテストケースを洗い出すことができず、プロセスや成果物の品質低下につながります。また仕様を理解せずにテストを実施しても作業効率が上がらず、個人のスキルも上がりません。非常に重要な能力なので、テストエンジニアを目指す人はしっかり覚えておきましょう。

『 スケジュールを計画的に進められる 』

そこそこ兼ね備えている

長時間労働になりがちなテストエンジニアは、計画的にスケジュールを進める能力も求められます。無謀なスケジュールのままテスト作業をしてもモチベーション低下や体調を崩すなど、成果物の品質に悪影響を及ぼします。自分の能力からこなせる作業量を判断し、必要であれば周囲に相談しましょう。テスト全体のスケジュールを把握できる広い視野もあれば、より計画的に作業をすすめることができるため、テストエンジニアを目指す人は覚えておくとよいでしょう。

『 ミスを隠さず正確に報告できる 』

そこそこ兼ね備えている

ミスや不具合を発見した場合は、どんなに些細なケースでも自分で抱え込まずに報告できる能力がテストエンジニアには求められます。自己判断で情報を切り捨ててしまうと、更に問題を大きくしてしまう可能性があります。忙しいスケジュールの中でも正確に情報を共有することがテストエンジニアの大切な仕事の一つです。

スポンサーリンク

『 テスト工程に関する知識やスキルがある 』

そこそこ兼ね備えている

テストに関するスキルや知識を持っていると、さまざまな角度でテストケースの内容を検証できます。テスト工程に関する知識があればスケジュールの全体像を把握でき、プログラミングスキルをもっていればソースコードから異常個所を推測できます。またテスト自動化ツールを使用する現場もあるため、使いこなすことができればテスト作業をより効率化できます。新しい技術に積極的に触れる習慣をもっている人は広い視野でテスト内容を見ることができるため、テストエンジニアとしての適性があると言えるでしょう。

『 的確に問題点を抽出できる 』

そこそこ兼ね備えている

地道な作業でも集中力を切らさず、問題点を抽出することがテストエンジニアの仕事です。繰り返し行われる単調な作業の中から、的確に問題点を発見する能力が求められます。製品に対しユーザーが想定外の動かし方をするケースや、テストケースの見落としなど、広い視野で作業に臨める人はテストエンジニアに向いているでしょう。

『 わかりやすいデータや資料を作成できる 』

兼ね備えていない

テストエンジニアにはわかりやすい資料を作る能力も必要です。その資料を誰が読んでも理解できるよう、膨大なデータの中から要点を抑えた内容にまとめなければなりません。仲間と情報共有するだけではなく、現場以外の技術者やクライアントにも正確に内容を伝える必要があるため、テストエンジニアに欠かせない能力です。

『 丁寧な作業を継続できる 』

あまり兼ね備えていない

長時間の単調作業でも丁寧に作業を進められる人は、テストエンジニアの仕事に向いているでしょう。テストの実施方法やデータの保存方法など細かい点に気を配ることで、製品の品質を高く保つことができます。長期で多忙なスケジュールの中でも作業が雑にならず、丁寧に問題点を汲み取れる人でなければテストエンジニアは務まりません。

『 コミュニケーション能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

プロジェクトを成功へ導くために、テストエンジニアにはコミュニケーション能力も必要とされています。不具合が発生した場合でも正確に情報を共有することで、スケジュールを効率的に進められます。製品に対するクライアントの要望を正確に汲み取り、テスト結果を説明する際にも誤解を生まないよう丁寧にプレゼンする必要があるため、テストエンジニアには欠かせない能力と言えるでしょう。テストエンジニアを目指す人はコミュニケーションスキルも磨いておきましょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのテストエンジニア適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る