理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

電気通信工に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今電気通信工の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい電気通信工に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

電気通信工に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの電気通信工適性診断結果

あなたの適性度は57%で、電気通信工の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。電気通信工を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

電気通信工に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.電気や通信関連に興味がある
2.丁寧に作業できる
3.高所が怖くない
4.体力に自信がある
5.向上心がある
6.コミュニケーション能力が高い
7.協調性がある
8.臨機応変に対応できる
9.時間管理ができる
10.細かいことに気づける
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
電気通信工適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 電気や通信関連に興味がある 』

兼ね備えていない

電気通信工は、電機や通信関連に興味がある人に向いている仕事です。電気系のおもちゃや工作が好きで遊んでいた、バイクや車のメンテナンスを自分でするのが好きなど、なんとなく興味を惹かれていた人は、電気通信工として新しい知識や技術をどんどん吸収できるポテンシャルを備えています。また、好きであることは仕事を続けていく上で大切な要素であるため、電気通信工として成長することが期待できます。

『 丁寧に作業できる 』

十分に兼ね備えている

電気通信の工事においては、1つでも配線に間違いがあると電気や通信が滞ってしまいます。そのため、1つ1つ間違いがないように丁寧に作業できる人に向いている仕事です。また、アンテナなどは屋外に設置することが多いため、手抜き工事をしてしまうと雨風により劣化する恐れもあります。大雑把な仕事をする人は、電気通信工として信用を得ることが難しいでしょう。

『 高所が怖くない 』

兼ね備えていない

電気通信工は、場合によってはビルの屋上などの高所にアンテナを設置しなければなりません。そのため、高所でも怖がらずに作業ができる人に向いている仕事です。高所以外の仕事もあるため、高所恐怖症の人は電気通信工になれないというわけではありませんが、可能な作業が制限されてしまいます。高所でも物おじせず作業ができる人は、優秀な電気通信工になる資質を持ち合わせています。

『 体力に自信がある 』

そこそこ兼ね備えている

電気通信工の仕事は、基本的には立ち仕事になります。重い機材や配線などを運んだり、アンテナを設置したり、配線したりなど、体を動かした作業です。そのため、体力に自信がある人に向いている仕事です。炎天下の屋外で作業することもあり、夏場は特に体力を消耗します。重労働に耐えられる基礎体力があるとともに、過酷な環境でも作業できる健康な体であることも求められます。

『 向上心がある 』

十分に兼ね備えている

電気通信工は、電気や通信に関する様々な知識や技術を習得しなければなりません。また、電気や通信の技術は日々進化しているため、常に新しいことを覚え続ける必要もあります。新人の頃は専門用語など必要な知識を身につけ、ベテランになってからも新しい技術や知識にアップデートしなければなりません。そのため、電気通信工は向上心がある人に向いている仕事です。

スポンサーリンク

『 コミュニケーション能力が高い 』

十分に兼ね備えている

電気通信工は、流ちょうにコミュニケーションをとる必要はありませんが、チームで作業する時はしっかりとリーダーの説明を聞いたり、必要なことを伝えたりと適切なコミュニケーションを取ることが求められます。また、一人で顧客の家やオフィスに向い作業をする場合でも、工事方法をわかりやすく説明したり、顧客からの質問に答えたりなど、基本的なコミュニケーション能力が必要になります。

『 協調性がある 』

十分に兼ね備えている

大きなビルなどの電気通信工事を行う場合は、チームで作業を行うことが多くなります。そのため、電気通信工は協調性も求められます。チームで協力して作業を進めていくため、マイペースで作業したり、自分のやり方で行ったりする人は作業効率を下げる可能性があります。自分に与えられた作業は黙々と行いながらも、みんなと足並みをそろえチームワークを乱さない人が電気通信工に向いています。

『 臨機応変に対応できる 』

あまり兼ね備えていない

電気通信工事を行っていると、予期せぬ不具合が起こることもあります。マニュアル通りに行っていると解決しなかったり、時間がかかってしまったりするため、電気通信工は臨機応変に対応できることも求められます。いくつかの対策を考え、どの方法が最適であるか判断して行う機動力も必要となります。特に一人で作業している場合は誰にも相談することができないため、自分で適切な対応を考えなければなりません。

『 時間管理ができる 』

十分に兼ね備えている

電気通信工は、時間管理ができることも大切です。ダラダラと作業をしていると、スケジュール通りに工事を完了させることはできません。工事工程を見て、この作業には何十分、この作業には何時間など、それぞれの作業の時間配分を決めて効率的に進めていくことが求められます。いつも想定した作業時間よりも長くかかると思われると、電気通信工としての信頼を勝ち取ることができません。時間やスケジュール管理がしっかり行える人に適した仕事です。

『 細かいことに気づける 』

あまり兼ね備えていない

電気通信工事では、小さなミスが後々大きな問題となってしまうことがあります。そのため、細かいことに気づくことができる人は、電気通信工として信頼を勝ち取ることが可能です。大きな問題になる前にミスに気づくと、最初から作業をやり直すなどの羽目には陥りません。丁寧に作業するとともに、ちょっとした不具合に気づく洞察力も電気通信工に必要な資質になります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの電気通信工適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
電気通信工適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 電気通信工に向いているか向いていないか
  • 電気通信工の職業適性度
  • 電気通信工に必要な10の資質
  • 解説で電気通信工に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

電気通信工とは?

電気通信工とは、携帯電話やテレビ、インターネットなどの情報通信設備を設置する仕事です。

設置の際に新規の工事が必要である場合には、その工事も含めて電気通信工が実施します。

電気通信工と電気工事は名前こそ似ているものの業務内容には違いがあり、電気通信工は情報通信機器に特化した職業となっています。

情報化が進む中で通信機器の種類は非常に多くなっており、電気錠や防犯カメラ、火災報知器なども施工の対象です。

それぞれの機器に応じた特性を見極め、最大限に活用できるように正確な設置を行う必要があります。

設置だけでなくメンテナンスも担います。

電気通信工になるには?

電気通信工には特別な学歴や資格が無くてもなることが出来ます。

しかし、高度な専門技術が求められるので大学や専門学校で技術や知識を学んでおくと有利です。

電気通信工の就職試験に高い確率で合格したいのであれば、専門学校や大学で電気通信工に関わる授業を専攻することが重要となります。

電気通信についての知識があまりなかったとしても、電子工学や情報工学への知識があれば、電気通信工の就職試験でアピールすることが出来ます。

具体的な専門知識については、実際に就職して働きながら学んでいく部分も大きいです。

そのため、会社ごとの教育制度も大切な要素と言えるでしょう。

電気通信工の給料・年収

複数の調査によると、電気通信工の平均年収は約420万円~450万円となっており、高度な技術を要するにも関わらずやや低めになっている実情があります。

正社員であれば500万円に到達することもありますが、派遣の電気通信工の場合には年収が300万円台となるケースも珍しくありません。

ただし、電気通信工はその重要性が見直されつつある職種ではあるため、これから上昇していく可能性は十分にあります。

電気通信工と一口に言っても、取り扱う機器によって待遇が変わります。

一般的には火災報知器やオフィス電話などは報酬が少なめに設定されていることが多く、インターネット関連の工事は報酬が高めになっています。

電気通信工の就職・転職先(求人)

電気通信工には一般的な会社でいうところの管理職のようなポストが少ないですが、ベテランと新人が二人または三人でチームを組んで働くことが多いです。

経験が増えていくと新人への教育係に任命されることもあります。

会社によっては現場監督のようなポジションが用意されていることもあり、そのポジションになることで待遇と権限が大きくなります。

技術さえあれば仕事を勝ち取れる可能性の高い仕事であるため、独立して働く方も少なくありません。

独立する際には情報機器の仕入れ先の企業と単独で契約を結ばなければならず、入念な準備を必要とします。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0