理想の就活/転職のための
自己分析サイト

タクシー運転手に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今タクシー運転手の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいタクシー運転手に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのタクシー運転手適性診断結果

あなたの適性度は27%で、今の時点ではタクシー運転手の仕事に向いているとは言えないようです。タクシー運転手を目指したい場合は、まず診断結果の詳細を読み込んで必要な資質を理解するようにしましょう。自分に足りない部分がわかったら、あとは一つづつ克服していけるよう努力あるのみです。

タクシー運転手に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.気配りや気遣いができる
2.単独での行動が得意
3.どんなときも動じない
4.コミュニケーション能力がある
5.自己管理ができる
6.メンタルが安定している
7.方向感覚に長けており記憶力が良い
8.気が長い
9.謙虚で低姿勢で接することが得意
10.身だしなみがきちんとしている
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 気配りや気遣いができる 』

兼ね備えていない

タクシー運転手の仕事は乗車客へのサービス業でもあります。タクシーに乗ってきたお客さんが気持ち良く過ごせるような気配りが必要です。ただお客さんを乗せて運転するだけではありません。場合によってはお客さんの乗り降りを手伝わなければいけないときもあります。車内のエアコンの調節をはじめ、いろいろとお客さんへの気遣いが求められます。運転に集中しながらお客さんのことも考えることができる力も大事です。さり気ない心配りができる人は、タクシー運転手に向いています。

『 単独での行動が得意 』

あまり兼ね備えていない

タクシー運転手は、乗務中は単独行動になります。会社の仲間と一緒に行動することはまずありません。勿論お客さんが乗車しているときは1人ではないですが、自分だけで過ごす時間がとても長いです。仕事仲間と一緒に協力して行う仕事ではないですし、なかなかお客さんが見つからない日もあるものです。1人の時間が苦ではなく、むしろ単独行動が得意な人はタクシー運転手として楽しく働けるでしょう。

『 どんなときも動じない 』

あまり兼ね備えていない

乗車客は当然のことながら、いろいろなタイプの人がいます。タクシー運転手を続けていると、理不尽なことで怒るお客さんやクレームが発生することもあります。普通に話していても、嫌みや文句ばかり言われることもあるかもしれません。けれどもいくら腹が立っても、相手に対して怒ってしまっては運転手として失格です。どんなときも何を言われても動じず、冷静に対応することが大切です。何かあってもイライラせず顔にも出さず、動じないメンタルの強さが重要です。

『 コミュニケーション能力がある 』

兼ね備えていない

子供からシニアのお客さんまで、タクシー利用者の年齢の幅は広いです。老若男女さまざまな人がタクシーに乗ってきます。やはりタクシー運転手に求められるのは、コミュニケーション能力です。お客さんにしても話しやすいドライバーであれば、緊張せずに行先を説明できます。そして話がおもしろくて会話が盛り上がれば、目的地までの道中も楽しい時間になるでしょう。気に入れば次回も指名してもらえるかもしれません。コミュニケーション能力は、タクシー運転手として働くにあたって欠かせません。

『 自己管理ができる 』

兼ね備えていない

タクシー会社の業務形態や希望シフトにもよりますが、多くのタクシー運転手は早朝から深夜まで長時間の拘束になります。長い時間、自身でスケジュールを立てて動いて売り上げを稼がなければなりません。そのためには体力が不可欠です。早朝から深夜まで働くためには、健康管理をすることが何より大事になってきます。風邪を引くわけにもいきませんし、夜遅くまでお酒を飲んでしまうと翌日運転できなくなります。とにかく健康に気を使って自己管理できる人でなければ、タクシー運転手は務まらないでしょう。

スポンサーリンク

『 メンタルが安定している 』

そこそこ兼ね備えている

タクシー運転手は常に安全運転を心がけなければなりません。運転しているとマナーを守らないドライバーもいますし、渋滞に巻き込まれてしまうこともあります。そんなときにイライラしてしまうと、とても安全運転はできないです。そしてドライバーの腹立ちやイライラはお客さんにも伝わってしまいます。何より事故を起こしては大変です。運転技術があっても、心穏やかに運転できない人は事故を起こす確率が上がることが分かっています。タクシー運転手はメンタルが安定していることが適性と言えます。心の安定を保ち負の感情をコントロールできる能力が必要です。

『 方向感覚に長けており記憶力が良い 』

十分に兼ね備えている

タクシー運転手は担当エリアの地理に関してしっかり把握していなければ、道に迷う可能性があります。お客さんに道順を聞いてばかりいるのも、信頼されにくいです。新人のときは仕方がないとしても、目的地までスムーズに無駄のないルートで向かうことが重要です。そのためには方向感覚と記憶力が重要になってきます。方向音痴でないことや道に詳しいこと、そしてエリアの構造物やシンボルなどをしっかりと覚える力が求められます。いろいろな道をインプットしておけば、渋滞の際に抜け道を使うこともできるでしょう。

『 気が長い 』

そこそこ兼ね備えている

タクシー運転手はいろいろなシーンにおいて、気が長い性格でなければ大変です。ときには何時間経っても、お客さんが見つからない日もあるでしょう。そんなときも気長に地道にコツコツと、お客さんを探さなければなりません。渋滞のときも短気にならず、辛抱強く待つことになります。イラっとするお客さんがいても、気を長く持つことで流すことができるでしょう。気が長い性格であることは、タクシー運転手の適性となります。

『 謙虚で低姿勢で接することが得意 』

兼ね備えていない

目的地までが長い場合は特に、お客さんとの会話も長時間になってきます。そんなときについつい、自慢話などをしてしまうドライバーも見られます。しかし何かしら偉そうな物言いや内容になってくると、不快に感じるお客さんもいるわけです。そういうことがクレームにつながる可能性も否めません。タクシー運転手は謙虚な性格の人が向いています。そしてどんなお客さんに対しても、低姿勢で対応することが円満な業務と言えます。謙虚な姿勢でいられるタイプはお客さんにも好かれて働きやすいです。

『 身だしなみがきちんとしている 』

兼ね備えていない

基本的なことですが、服にシワが寄っていたり髪の毛がボサボサだったりするとお客さんは良い気がしません。人気のタクシー運転手は身だしなみもきれいにしています。タクシー運転手は男性が多いので、女性客の場合は尚のこと清潔感のあるドライバーを求めます。さっぱりと小綺麗できちんとした身だしなみの人は、タクシー運転手として人気が出るでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのタクシー運転手適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る