理想の就活/転職のための
自己分析サイト

税理士適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今税理士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい税理士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの税理士適性診断結果

あなたの適性度は56%で、税理士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。税理士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

税理士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.勉強が苦にならない
2.根性がある
3.向上心がある
4.法令順守意識が強い
5.粘り強く地道な作業ができる
6.顧客と信頼関係を築ける
7.コミュニケーション能力がある
8.提案力がある
9.正確に仕事を遂行できる
10.几帳面な性格
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 勉強が苦にならない 』

あまり兼ね備えていない

まず、税理士になるには税理士試験に合格しなければなりません。税理士試験は、11科目のうち5科目合格しなければならず、総勉強時間は3000時間とも言われています。働きながら受験する人は、長い人であれば10年かかって資格を取得する人もいます。税理士は、長期的にコツコツ勉強することが苦にならない人に向いている職業です。

『 根性がある 』

あまり兼ね備えていない

実務経験がなく税理士試験に合格した場合、税理士登録するには2年以上の実務経験が必要となるため、税理士事務所や会計事務所に就職して経験を積むのが一般的です。また、働きながら資格の勉強をする人の多くは、税理士事務所等で実務経験を積んでいます。税理士事務所や会計事務所には、大手から中小まで数多くありますが、いずれにしても残業が多い業界です。また、税理士事務所の多くが、スタッフ15名以下の小規模事務所であり、小規模事務所の場合は所長の自宅の一角であったり、ワンルームマンションを事務所にしているため男女共有トイレが一つしかないなど、職場環境が恵まれていない場合も多いです。税理士は、そういった環境や、残業が多くても頑張れる根性のある人に向いています。

『 向上心がある 』

そこそこ兼ね備えている

税理士は、税理士試験に合格し実務に携わるようになってからも常に勉強が必要になります。試験合格後も、向上心を持って学び続けることができる人であれば税理士に適性があると言えます。税制の改正が頻繁に行われるため、常に新しい法律を学び続けなければならないことを覚悟しておきましょう。

『 法令順守意識が強い 』

だいぶ兼ね備えている

税理士の仕事は、所得税や相続税など納税をする人のサポートをし、確実に納税を行うことです。しかしながら、少しでも支払う税金を少なくしたいと考えるクライアントが多くいます。クライアントの要望にはできる限りこたえたいという気持ちもあるかもしれませんが、法律に違反するほどの節税を行うことは許されません。税理士は、クライアントをつなぎとめておきたいなど目先の利益に左右されることなく、法令順守意識を強く持つことが大切です。

『 粘り強く地道な作業ができる 』

十分に兼ね備えている

税理士の仕事は、多くの証憑書類を確認したり、複雑な税額の計算をするなど、地道な作業が多いです。その作業量も多く、特に繁忙期になると、一日中机に座ってひたすら計算したり書類作成に追われることになります。税理士に向いている人の一例として、書類確認や計算などの作業を粘り強くこなしていけるという特徴が挙げられます。

スポンサーリンク

『 顧客と信頼関係を築ける 』

そこそこ兼ね備えている

税理士は、経理業務のサポートや税務書類の作成などといった事務仕事のほかに、経営者の相談にのったり、経営に関わる様々な分析をしてアドバイスをするなどといったコンサルタント的な仕事もあります。経営者は、自分の会社の経営に関わる重要な事柄を開示するわけですから、信頼できる税理士でなければ相談したいとは思えないでしょう。そのためには、毎月の経費処理を正確にきちんと対応していくなど、日常業務から誠実な姿勢を見せていくことが大切になります。日ごろの業務を通じて顧客と信頼関係を築くことも、税理士の大事な仕事の一つです。

『 コミュニケーション能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

税理士事務所では、小規模な企業の経理代行業務も行っています。自社内に経理に詳しい人がいないわけですから、質問など多くの問い合わせがきます。その一つ一つにきちんと応えることも大切な役割の一つです。税理士の主な顧客は、地場でやっている零細企業になります。そうした零細企業を誠心誠意サポートしていきますという姿勢で、日ごろからコミュニケーションを怠らないようにすることが大切です。顧客と緊密にコミュニケーションをとることで企業からも信頼され、長期的な顧問契約が期待できます。

『 提案力がある 』

だいぶ兼ね備えている

税理士の仕事は、税額の計算など決められたルーティーンだけをやっていれば良いというものではありません。経営状態をより良くしていくためにはどうすればいいのか、それぞれの顧客にあった提案力が必要になります。そのためには、税理士としての知識だけでなく、様々な業界動向について知見を広めておくことも大切です。税理士に向いている人は、知識の習得を怠らず、適切な提案ができる人と言えるでしょう。

『 正確に仕事を遂行できる 』

そこそこ兼ね備えている

税金の計算は、一円でも間違うことができません。税理士には、正確に仕事を遂行できる人が向いています。人間ですからケアレスミスをしてしまうこともあるでしょう。日ごろから、ダブルチェックの体制を整えておく、など、ミスを出さない対策をたてておくことも必要になります。

『 几帳面な性格 』

あまり兼ね備えていない

税理士は、多くの書類や領収書を扱います。顧客から預かったものを紛失してしまうことのないよう、きちんと管理しておかなければなりません。また、書類は後から確認することもありますから、探しやすいように分類して保管しておきます。税理士は、そういった書類の整理整頓や管理が得意という几帳面な人に適性があります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの税理士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る