理想の就活/転職のための
自己分析サイト

テーラーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今テーラーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいテーラーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのテーラー適性診断結果

あなたの適性度は54%で、テーラーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。テーラーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

テーラーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.テーラーの仕事への興味が強い
2.失敗を恐れない性格
3.忍耐力と根気がある
4.集中力がある
5.創造性がある
6.コミュニケーション能力がある
7.人を喜ばせることが好き
8.営業ができる
9.好奇心旺盛で興味の幅が広い
10.技術習得のための努力ができる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 テーラーの仕事への興味が強い 』

あまり兼ね備えていない

テーラーになるためには、技術、知識習得までの努力が必要です。下積みも長く、実際に仕事場で針を持つことができるのは年単位で先になります。そして、テーラーは社会の経済状況に需要が大きく左右される職種でもあります。経済的な不安や困難にも挫けず、プロになるための努力を続けるには「好き」という気持ちがなければ難しいでしょう。そのため、テーラーという職が好きであるということは前提条件であるともいえます。

『 失敗を恐れない性格 』

そこそこ兼ね備えている

イタリアやイギリスなど、テーラーの本場と言える場所で何十年も働くベテランでも、「テーラーという仕事に終わりはない」と言うとのこと。テーラーとは、挑戦し続ける仕事だといえるでしょう。そして、挑戦には失敗がつきもの。下積み時代は手を動かすことで技術をどんどん吸収していきます。もし失敗を恐れて手を動かせなくなってしまったら、今以上の技術の習得は難しくなります。下積みからベテランまで、失敗を恐れず、挑戦し続けながら技術を習得する姿勢が大事です。

『 忍耐力と根気がある 』

そこそこ兼ね備えている

テーラーは長い下積みが前提の職業です。たとえば、服飾の専門学校を卒業後、仕立屋などに就職した場合でも、実際に仕事場で針を持つには3年以上かかるとも言われています。長い下積み時代、焦れったい気持ちになることもあるかもしれません。また、注文が集中する繁忙期では、残業が当たり前になる可能性もあります。下積みという長い学びの時間や、繁忙期の忙しい時期を乗り越える忍耐力や根気が必要です。

『 集中力がある 』

そこそこ兼ね備えている

仕立てには多くの工程があり、その作業量は膨大です。そして、すべての作業を正確にやり遂げなくてはなりません。仕立ての「膨大な作業」を「正確」にやり遂げるためには集中力が必要不可欠です。集中できる自分なりのスイッチを見つけたり、集中力を上げるためのトレーニングなどをして、日ごろから集中力が高まるよう意識しておくといいでしょう。

『 創造性がある 』

だいぶ兼ね備えている

テーラーはゼロから新しい価値を創りだす仕事です。仕立ては基本的に数か月かかる大仕事。最後までやり遂げるには、完成をイメージできる創造力が必要になります。その仕立ての過程で、顧客に合わせた創造性のある提案やアドバイスができれば顧客にプロとして信頼されていくでしょう。そして、仕上げたスーツを通し、顧客に価値のある経験を送ることも創造にあたるといえます。仕立てに留まらず、喜びなどの経験も含めて創造できる人はテーラーに向いています。

スポンサーリンク

『 コミュニケーション能力がある 』

あまり兼ね備えていない

テーラーは「ビスポーク・テーラー」とも呼ばれます。呼び名の由来は「顧客がテーラーと話しながら服を仕立てる」というもの。テーラーには、顧客から要望を引き出せるコミュニケーション能力が必要です。また、顧客はスーツを注文する経験に重きを置いていることもあります。顧客とテーラーという関係の中で、楽しく粋な会話ができれば顧客からも喜ばれるでしょう。注文時の要望を聞き出すためや、常連になってもらうためなど、テーラーにはコミュニケーション能力が必要です。

『 人を喜ばせることが好き 』

そこそこ兼ね備えている

テーラーとしてやりがいを感じることの一つに「仕立てた服を喜んでもらうこと」ということがあります。完成まで数か月という長い作業のモチベーションが「喜んでもらうこと」であるテーラーも少なくはないでしょう。人に喜んでもらうことが好き、サービス精神があるという人はテーラーに向いています。

『 営業ができる 』

十分に兼ね備えている

テーラーは企業に勤めるか、独立するか、大きく分けて2つの働き方があります。独立した場合は、自分で顧客に営業しなければなりません。SNSを使ったり、DMを送るなどニーズ喚起をしつつ、顧客と良好な関係を築いていく営業力が必要です。企業に勤めている場合でも、自分をアピールして顧客に気に入られれば「顧客に人気のテーラー」として企業内で信頼されていくでしょう。

『 好奇心旺盛で興味の幅が広い 』

十分に兼ね備えている

顧客に信頼される、クオリティの高い仕立てのためには多くの知識が必要です。紳士服の知識、生地の特性、色彩学、流行や歴史など。覚えることも多く、常に情報をアップデートする必要もあります。また、紳士服に限らずあらゆる情報に興味が持てるのであれば、顧客とのコミュニケーションにも役立つでしょう。

『 技術習得のための努力ができる 』

そこそこ兼ね備えている

テーラーは仕立てに関する作業を1人でこなすことが多いです。服地選びから採寸、デザイン決め、パターン作り、そして裁断から縫製まで、多くの技術が必要。テーラーを目指す人は、地道な努力を重ねて技術を習得していきます。大学や短大、専門学校で学んだり、本場といわれるイギリスやイタリアに留学して修行する人もいます。どの環境でもプロフェッショナルを目指し、努力し続けることができる人はテーラーに向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのテーラー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る