理想の就活/転職のための
自己分析サイト

システム監査技術者に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今システム監査技術者の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいシステム監査技術者に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

システム監査技術者に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのシステム監査技術者適性診断結果

あなたの適性度は47%で、システム監査技術者の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。システム監査技術者を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

システム監査技術者に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.課題を解決することが好き
2.IT技術の知識・スキルがある
3.論理的な思考が得意
4.客観的な視点を持てる
5.注意深い性格
6.責任感が強い
7.自分の意見を主張できる
8.協調性があり集団活動が得意
9.コミュニケーション能力が高い
10.自己管理能力が高い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 課題を解決することが好き 』

兼ね備えていない

システム監査技術者は、第三者の視点からクライアントのシステム環境を検証・評価し、その監査結果を基にシステム改善の提案を行い、より有効的なシステムとなるようサポートしていく仕事です。そのため、技術職ではありますがデータ調査・分析やアドバイスといった業務が中心で、エンジニアの能力を活かしたコンサルティング業とも言える職業です。IT技術だけでなく、課題解決全般に興味があると更に仕事を楽しめるでしょう。

『 IT技術の知識・スキルがある 』

十分に兼ね備えている

先述したように、システム監査技術者はシステム環境の検証・評価を行い、その上で改善提案を出すのが仕事です。つまり、システムを正しく分析・評価できるIT技術の知識・スキルが無ければ、システム監査技術者の仕事は難しいと言って良いでしょう。医師や公認会計士などと異なり、システム監査技術者は無資格者でも携われる職業ですが、最低限の専門知識・スキルは必要になります。

『 論理的な思考が得意 』

だいぶ兼ね備えている

エンジニア業やコンサル業と同じように、システム監査技術者にも論理的な思考能力が求められます。システム環境を正しく検証・評価する分析力や、有効的なシステムへと改善するための発想力、それらをクライアントに順序立てて説明する提案力などは、全て倫理的な思考が必要不可欠です。システム監査技術者には論理的な思考だけでなく、筋道を立てて説明する能力も大事なのです。

『 客観的な視点を持てる 』

そこそこ兼ね備えている

システム監査技術者は、クライアントの経営方針と照らし合わせた上で、「システムが正しく機能しているか」「どのようなリスクを抱えているか」などの評価を下します。あくまでも、自分やクライアントの立場から離れた「第三者の視点」で検証・評価を行うことになるため、客観的な視点を持てる能力が必要になります。なので、自分の意見や価値観を大事にする主観的な人は、システム監査技術者には向いていないでしょう。

『 注意深い性格 』

だいぶ兼ね備えている

社会の情報化が進む一方で、それを悪用する人も増えてきています。情報システムなどは、構造の複雑化から不正アクセスの手口も多様化を続けており、サイバー攻撃を始めとする様々なリスクを抱えています。システム監査技術者の改善提案は、このようなリスクへの対策なども含まれます。様々なリスクを想定し、それらに正しい対処が行える知識・思考の持ち主であれば、正にシステム監査技術者の仕事は相応しいと言えます。

スポンサーリンク

『 責任感が強い 』

あまり兼ね備えていない

システム監査技術者という職業は、様々な組織を支える責任重大なポジションです。様々なリスクからシステムを守る「監査」の仕事を任される以上、自分の判断ミスが思わぬ損失を招くこともあり、軽率な行動は決して許されません。仮に失敗しても言い訳などをしたりせず、普段の言動に責任を持ってミスを受け入れる人であれば、システム監査技術者に相応しいと言えるでしょう。

『 自分の意見を主張できる 』

そこそこ兼ね備えている

システム環境の検証・評価から、クライアントへの改善提案までがシステム監査技術者の仕事です。意見が二転三転する優柔不断な人であったり、他人の顔色をうかがうような人には、システム監査技術者の仕事は難しいでしょう。常に堂々としていて、自分の意見をはっきりと表明できる人こそ、システム監査技術者の適正があります。

『 協調性があり集団活動が得意 』

だいぶ兼ね備えている

システム監査技術者は監査法人や大手企業の監査部門、行政の監査機関などに所属している人が殆どで、フリーランスの多いエンジニア職とは異なり、個人で活動している人は非常に少ないです。大規模な組織の一員として所属することになるので、協調性があり集団活動が得意な人はシステム監査技術者に向いています。逆に、個人行動を取りがちな人は組織の和を乱してしまう恐れがあるので、システム監査技術者には不向きといえます。

『 コミュニケーション能力が高い 』

兼ね備えていない

組織に所属して働く以上、コミュニケーション能力は切り離せないポイントです。複雑なシステムを監査するという業務上、システム監査技術者はチーム内でのやり取りだけでなく、別部門との情報共有なども行うことがあります。そのため、肝心のコミュニケーション能力が備わっていないと、例え技術力が高くてもシステム監査技術者の仕事は務まりません。最低でも、コミュニケーションの要である「報告」「連絡」「相談」が出来るとベストです。

『 自己管理能力が高い 』

兼ね備えていない

企業やチームといった「組織」は一人一人の役割から成り立つ形態であり、メンバーが一人でも欠けると業務に支障をきたしてしまいます。システム監査技術者として組織に所属する以上、自分の欠落が仲間への迷惑にならないよう、しっかりと自己管理できる能力が求められます。健康管理は勿論、タスクやスケジュールなどの業務管理も他人任せにはせず、自分の面倒は自分で見る能力を養うことが大事です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのシステム監査技術者適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • システム監査技術者に向いているか向いていないか
  • システム監査技術者の職業適性度
  • システム監査技術者に必要な10の資質
  • 解説でシステム監査技術者に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る