理想の就活/転職のための
自己分析サイト

システムエンジニアに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今システムエンジニアの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいシステムエンジニアに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのシステムエンジニア適性診断結果

あなたの適性度は46%で、システムエンジニアの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。システムエンジニアを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

システムエンジニアに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.好奇心が旺盛
2.精神的にタフで体力もある
3.コミュニケーション能力が高い
4.論理的な思考ができる
5.勉強し続けることが苦でない
6.冷静で柔軟な対応ができる
7.日々変わるトレンドに適応できる
8.地道な作業にもコツコツ取り組める
9.人の役に立つことが好き
10.ITに興味があり知識も豊富
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 好奇心が旺盛 』

そこそこ兼ね備えている

好奇心が旺盛でどのようなことでも知りたいという思考を持っている人は、システムエンジニアの仕事に非常に向いています。常にITに関する情報に対してアンテナを張ることができるためです。好奇心が旺盛な人は、自分がわからないことや知りたいと思っていることは、自分で進んで学習することや調べていくことができるので、知識や技術を吸収するのも上手な方が多いです。

『 精神的にタフで体力もある 』

そこそこ兼ね備えている

システムエンジニアの仕事はとにかく仕事量が半端なく多い職種になります。IT業界は全体的にあらゆる予測不可能なトラブルが頻発するものです。サーバーダウンや誤作動などは避けられないので、休み返上で対応しなければならないこともありますし、やむを得ない残業になることも多いものです。また、非常にタイトな仕事であるので、スケジュール通りに作業が終わらずに納期が間に合わない時も徹夜になろうが対応しなければなりません。そのため、体力や忍耐力がないと務まらないと言えるでしょう。

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

システムエンジニアの仕事は、チーム制で行われていきます。そのため、チームのメンバーたちと常に率先してコミュニケーションを取っていかないと仕事を進めていくことができません。チームワークに大切なのはコミュニケーションですので、コミュニケーション能力が高い人は向いています。さらに、システムエンジニアの仕事の中には、クライアントへ要望をヒアリングすることやシステムの仕様を伝える仕事に携わることもあり、社内外問わずコミュニケーションが円滑にできる人は適性があるでしょう。

『 論理的な思考ができる 』

そこそこ兼ね備えている

システムエンジニアの仕事は、クライアントの業務や現状抱えている課題に対して解決していかなければなりません。そのためのシステムを設計していくには、「この設計値はどのようにして導いたのか」「なぜこのような設計にするのか」などというように、それぞれの作業の根拠を明確にしていくことが必要になります。そのため、何事にも筋道を立てて結論を導き出すことができるような論理的な思考が欠かせないものとなってくるのです。

『 勉強し続けることが苦でない 』

十分に兼ね備えている

IT業界は本当に目まぐるしく技術や情報が進化していき、最新の技術が常に求められていますので、定期的な知識のアップデートが必要になってきます。特にシステムエンジニアの仕事はサーバー、ネットワーク、セキュリティなどというような専門知識が重要になることから、常に最新の知識を学び続けることが大切です。そのため、積極的に学び続ける力があり、学習意欲の高い人こそが向いていると言えるでしょう。

スポンサーリンク

『 冷静で柔軟な対応ができる 』

そこそこ兼ね備えている

システムを開発する際、サーバーがダウンしてしまったり、システムが誤作動を起こしたりするようなトラブルは、システムエンジニアの仕事にとっては日常茶飯事のように起こります。このような時も、いつでも冷静沈着にトラブルに対処でき、少しでも早急に復旧ができるよう取り組める姿勢は非常に重要となります。そのため、トラブルが生じた時なども冷静に柔軟な対応ができる人ではないとやっていけません。いつまでも固執した考えしかできない人は、いつまでも復旧に時間を費やすことになります。

『 日々変わるトレンドに適応できる 』

あまり兼ね備えていない

既述の通り、IT業界は日々移り変わっていきますので、ほんの少し前にアップデートされた情報も数年も経過すればもう古い情報になっていきます。システムエンジニアの仕事は、クライアントへ提案する立場ですから、ITに関する専門知識や情報は常に最先端のものを持っていなければ、仕事の信用も失いかねません。そこでどんな変化にも適応できる人は、システムエンジニアに向いていると言えるでしょう。

『 地道な作業にもコツコツ取り組める 』

そこそこ兼ね備えている

システムエンジニアの仕事は、コツコツと作業をこなしていかなければならない仕事です。作業が数ヶ月単位と長くなることもしばしばです。テスト作業に関してもあらゆるシチュエーションを想定したうえで、問題がないかどうかをチェックすることが重要になるため、非常に地道な作業となっています。また、作業の過程で突然仕様が変更となった場合、バグが見つかった場合なども作業をやり直す必要があるため根気がいります。地道な作業も苦にならない人が向いていると言えるでしょう。

『 人の役に立つことが好き 』

だいぶ兼ね備えている

システムエンジニアの仕事は、クライアントが業務を行うために必要なシステムをクライアントと話し合いながら現状の課題を見つけていき、解決するために最適な方法を考えて実行する仕事です。そのため、いつでもクライアントの立場に立ち、親身になって人の役に立ちたいと考えることができる人は向いていると言えるでしょう。利益のためだけにクライアントにとって良いシステムを提供するのではなく、クライアントの役に立ちたいという思いがシステムエンジニアにとって大切な要素となります。

『 ITに興味があり知識も豊富 』

あまり兼ね備えていない

システムエンジニアの仕事は、IT分野においてソフトウェア開発のプログラム仕様書やソフトウェアの設計書などを作成することやプロジェクトを管理するエンジニアです。そのため、ITに関する知識は必須条件です。IT業界は目まぐるしく変化する業界で、常に最新の情報をチェックしていかなければなりません。ITに関心のない人にとってそれらの情報を更新していくのは苦でしかありません。ところが、ITに興味がある人は、常にアンテナを張りめぐらせて新しい知識や情報を吸収できるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのシステムエンジニア適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る