理想の就活/転職のための
自己分析サイト

水泳選手に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今水泳選手の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい水泳選手に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの水泳選手適性診断結果

あなたの適性度は61%で、水泳選手の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。水泳選手を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

水泳選手に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.水泳が好き
2.負けず嫌い
3.体力がある
4.プレッシャーに強い
5.小さい頃から水泳を続けている
6.コミュニケーション能力が高い
7.努力をコツコツ続けられる
8.自己管理能力がある
9.メンタルが強い
10.凹凸がない体型をしている
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 水泳が好き 』

十分に兼ね備えている

水泳選手に向いているのは、水泳が好きな人です。水泳は文字通り水の中を泳ぐことで、トップ選手になればなるほど、水中で過ごす時間が長くなります。水泳が好きであれば、きつい練習や、辛いことがあった時などにも耐えやすくなります。水泳選手になるためには、プールや海など水の中で体を動かすことが好き、または長時間飽きずに泳ぎ続けられることが大切です。

『 負けず嫌い 』

そこそこ兼ね備えている

水泳は勝ち負けを競うスポーツなので、負けず嫌いであることが大切です。負けず嫌いな人は勝負ごとに対して強いこだわりを持っており、どんな時でも全力投球・真剣勝負です。また、負けず嫌いな人は、「悔しい想いをしたくない」「見返したい」という気持ちがモチベーションとなり、目標に向かってたゆまない努力を続けることができます。負けることを苦痛に感じ、人一倍練習に取り組んだり、諦めない強い気持ちを持ち続けたりできる人は、水泳選手に向いています。

『 体力がある 』

だいぶ兼ね備えている

スポーツ選手に共通して言えることかもしれませんが、選手として活躍するためには体力が必要です。良い結果を出すためには、「同じペースで泳ぎ続ける」ことがポイントとなります。速いスピードのまま泳ぎ切ることで、スタートで出遅れたのを挽回し、逆転できるケースもあります。水泳には持久力が求められるので、体力やスタミナが多い人に向いているでしょう。

『 プレッシャーに強い 』

だいぶ兼ね備えている

プレッシャーと闘うために、とてつもない精神力が求められるのがプロのスポーツ選手です。プレッシャーや緊張に負けてしまうと、思ったようなパフォーマンスを披露できなくなってしまいます。プレッシャーに強い選手はどんな試合でも平常心を保ち、100%の力を発揮できるので、水泳選手に向いているでしょう。

『 小さい頃から水泳を続けている 』

兼ね備えていない

水泳選手に向いているのは、小さい頃から水泳をやっていた人です。競泳でトップクラスになる選手は、低学年から水泳を始めていることが多いです。早いうちから経験させることで、運動における様々な動作を身につけることができますし、運動神経の良さにも繋がっていきます。また、小さい頃から水泳を続けると、立ち向かってゆく勇気や、困難に耐えるための我慢強さなど、心の成長に繋がるのも大きなポイントです。大人になってからでも水泳は始められますが、小さい頃からスイミングスクールに通ったり、部活で水泳をやっていたりした人の方が有利でしょう。

スポンサーリンク

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

水泳は個人競技なので、自分一人で困難に立ち向かっていくことになります。しかし、切磋琢磨しながら練習を行い、励まし合いながら目標を目指して頑張れる仲間がいると、とても心強いです。コミュニケーション能力が高く、色んな人と絆を深めることができる人は、水泳選手に向いています。

『 努力をコツコツ続けられる 』

そこそこ兼ね備えている

水泳選手に向いているのは、努力をコツコツと続けられる人です。スポーツの世界で活躍するためには、毎日の努力の積み重ねが大切です。日々少しずつ努力を続けることで、大きな結果に繋がり、プロの水泳選手に近づくことができます。プロの水泳選手になったとしても、トレーニングをサボると体がなまってしまい、ベストパフォーマンスを発揮できなくなってしまいます。目的に合ったバランスの良い体づくり、大会に向けてのトレーニングなど、努力を惜しまない人は水泳選手に向いているでしょう。

『 自己管理能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

水泳選手に向いているのは、自己管理能力が高い人です。パフォーマンスを最大化し、プロの水泳選手として活躍していくためには、正しい目標設定、行動にかかわる時間の管理、食事制限、モチベーションの維持、メンタル面や体調面のケアなどを自分でコントロールしていかなければなりません。水泳選手としてやりたいことや、なりたい自分を目指していくためには、自己管理能力が求められます。

『 メンタルが強い 』

十分に兼ね備えている

水泳選手を続けていくには、体面の強さだけでなく、精神的に打たれ強いということも大切になります。一生懸命に取り組んでも、必ずしも順風満帆に進んでいくとは限りません。時には、過酷なトレーニングに挫折しそうになったり、思ったような結果が出なくて落ち込んだりすることもあるでしょう。メンタルが強ければ、逆境や困難にあったとしても、くじけずに立ち向かっていくことができます。メンタルが強い人は、水泳選手に向いているでしょう。

『 凹凸がない体型をしている 』

そこそこ兼ね備えている

水泳選手は、体型が大切になります。筋肉がムキムキで体が凸凹していると、水の抵抗を受けやすくなってしまうのです。速く泳ぐ魚のように、凹凸の少ない体型をしている人は、水泳選手に向いていると言えるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの水泳選手適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る