理想の就活/転職のための
自己分析サイト

マンション管理人に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今マンション管理人の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいマンション管理人に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのマンション管理人適性診断結果

あなたの適性度は33%で、今の時点ではマンション管理人の仕事に向いているとは言えないようです。マンション管理人を目指したい場合は、まず診断結果の詳細を読み込んで必要な資質を理解するようにしましょう。自分に足りない部分がわかったら、あとは一つづつ克服していけるよう努力あるのみです。

マンション管理人に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.リフォームに関する知識がある
2.アピールするのが上手い
3.コミュニケーション能力が高い
4.綺麗好きで掃除が得意
5.親身になって人の話を聴ける
6.連絡や調整が上手い
7.マンションの構造やデザインに詳しい
8.資格の勉強を頑張れる
9.プライバシーを厳守できる
10.休日や夜間の業務にも対応できる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 リフォームに関する知識がある 』

そこそこ兼ね備えている

マンション管理人は、各部屋の室内や建物の設備、外壁などの老朽化に対応するため、適切な時期にリフォームの依頼をしなければなりません。そのため、マンションを長く管理するうえで、物件に合ったリフォームの方法や費用、期間など様々な知識を持っている人が向いています。また、後々のトラブルを防ぐために、リフォームの依頼先の選定方法についても確認しておく必要があります。

『 アピールするのが上手い 』

そこそこ兼ね備えている

マンション管理人は、オーナーに代わって入居者の募集を行うこともあり、順調に毎月の家賃収入を得るためにも空室対策のノウハウが不可欠となります。たとえば、物件の魅力をアピールするのが上手い人や、サイトやアプリを使って物件情報を紹介できる人は、多くのマンションのオーナーから重宝されます。

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

マンション管理人は、入居者の安全確保も重要な仕事の一つとなっており、外部からの侵入を防ぐうえで近隣の警備会社と連携して対応をすることもあります。特に、人通りが多いエリアにあり、マンションに様々な人が出入りする場合には、徹底して防犯対策をする必要があり、入居者のニーズに応じて早朝や夜間の巡回警備を依頼しなければなりません。そのため、日ごろから警備会社と上手くコミュニケーションを取り、徹底した防犯対策を行うことが大切です。

『 綺麗好きで掃除が得意 』

兼ね備えていない

マンション管理人は、住民が快適に過ごしやすい環境を提供するため、共用部分や専用部分の清掃の方法にも気を配らなければなりません。特に、多数の入居者が生活しているマンションでは、様々な箇所の汚れやほこりなどが目立つこともあり、管理人として日常清掃と定期清掃の方法をよく理解しておくことが大事です。また、清掃の方法や回数、時間によっては多額のコストが掛かることもあり、将来的に清掃に掛かる費用をきちんと計算しておく必要があります。

『 親身になって人の話を聴ける 』

十分に兼ね備えている

マンション管理人は、入居者からの騒音やゴミ出し、隣人との関係など様々な苦情への対応を求められることもあります。年齢や性別、家族構成などがバラバラなマンションにおいては、多種多様な苦情の申し入れがあり、その都度適切に処理をしなければなりません。そのため、いざという時に備えて、苦情対応のテクニックを習得したり、普段から入居者にアンケートを取ったりと自分なりに対応をすることが重要です。

スポンサーリンク

『 連絡や調整が上手い 』

兼ね備えていない

マンション管理人は、不動産会社から紹介を受けて速やかに入居者の受け入れを行えるよう、日ごろから地域の不動産会社の担当者と連絡を取り合うことが大切です。入居者のニーズによっては、入居手続きを終えてすぐに受け入れを行ったり、一部の手続きを代行したりすることもあり、いかなる時も柔軟に対応できる人が好ましいと言えます。

『 マンションの構造やデザインに詳しい 』

兼ね備えていない

マンション管理人は、自分が管理するマンションの構造や設備、デザインなどの特徴はもちろんのこと、高級マンションから低価格帯のマンションまで色々な物件の知識があれば様々な場面で役立ちます。また、複数のマンションの管理人になる際にオーナーに知識量や経験をアピールすることで、報酬がプラスになることもあります。

『 資格の勉強を頑張れる 』

兼ね備えていない

マンション管理人として業務を請け負う上で、マンション管理士だけでなく、管理業務主任者や宅建主任者などの資格を持っている人は、不動産業界で高く評価される傾向が見られます。また、資格取得後に実際に多数の物件を管理したことがある人や、多様なマンションのオーナーに対してマンション管理のアドバイスを行っている人は、高待遇で長く働き続けることも可能です。

『 プライバシーを厳守できる 』

兼ね備えていない

マンション管理人は、職業倫理に従って業務を行うために、仕事上で知った入居者の職業や年収、家族構成と言った大事な情報を外部に漏らさないことがとても重要です。そのため、口が堅くプライバシーに対する意識が高い人に適した職業と言えます。また、最近ではパソコンやタブレットなどを用いて入居者の情報を管理するケースも増えており、マンション管理においてもITリテラシーやセキュリティに詳しい人材が必要とされています。

『 休日や夜間の業務にも対応できる 』

そこそこ兼ね備えている

マンション管理人は、勤め先の管理会社の方針や営業時間によりますが、土日祝日や夜間など変則的な時間の勤務を命じられることもあります。たとえば、マンション管理人の需要が高まっているエリアでは、ベテランの管理人が連日で対応をしたり、年度末など入居者の数が増える時期に残業時間が長くなったりすることもあります。そのため、頼れる管理人を目指すうえで、私生活の時間をある程度犠牲にする覚悟で仕事に臨む必要があります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのマンション管理人適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る