理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

行司に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今行司の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい行司に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

行司に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの行司適性診断結果

あなたの適性度は38%で、行司の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。行司を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

行司に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.相撲が好きで相撲への関心が強い
2.書道が得意で字が綺麗
3.よく響き渡る綺麗な声が出せる
4.正義感が強い
5.日本の伝統文化への理解が深い
6.冷静で的確な判断力を持っている
7.高い集中力がある
8.向上心を持っている
9.身のこなしに自信がある
10.高いコミュニケーション力がある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
行司適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 相撲が好きで相撲への関心が強い 』

兼ね備えていない

相撲の取り組みを仕切る行司は、相撲が好きで相撲への関心が強いことが大切です。どんなことがあっても相撲に対する情熱を失わずにいられる人であれば、行司としての厳しい下積み時代も乗り越えられるでしょう。幼い頃から大相撲のテレビ中継を見る習慣があったり、実際に自分が相撲を習っていたりして、相撲のルールに詳しい場合は、行司の仕事をこなす上で大いにプラスになります。逆に、あまり相撲を知らずに行司の世界に足を踏み入れた場合は、覚えることが多いと感じてしまうかもしれません。

『 書道が得意で字が綺麗 』

そこそこ兼ね備えている

行司は、相撲の取り組みにおける審判役だけでなく、相撲に関する多様な仕事を担っています。相撲の番付表や、場内に掲示されている取組表を書く作業は、行司にとって重要な役割のひとつです。すべて毛筆で書かれるので、書道が得意な人にとっては特技を生かすことができる職業でもあります。また、番付表や取組表は相撲字と呼ばれる特殊な字体で書く必要があり、相撲字特有の書き方をマスターすることも不可欠です。

『 よく響き渡る綺麗な声が出せる 』

そこそこ兼ね備えている

行司は、場内アナウンスも担当します。場内に響き渡る明瞭な声でアナウンスをすることが大切です。力士の土俵入りの際には、力士名と出身地、所属部屋を正確に覚えて紹介することが求められます。取組前には、力士の紹介と共に、土俵を回る懸賞旗に合わせて懸賞の紹介をするのも行司にとって大切な仕事です。また、取組後に素早く決まり手の説明をすることは、相撲をスムーズに進行させる上で欠かせない重要な役割となります。アナウンサーのような明るくよく通る声を持っていると、行司としての強みになるでしょう。

『 正義感が強い 』

兼ね備えていない

取り組みの審判役を務める行司には、正義感や責任感の強さが不可欠です。勝負事に対して正しく判断を下すという責任感をしっかり感じて、取り組みを仕切らなければなりません。人気や番付に差がある力士同士の取り組みでは、場内が人気力士を応援する空気に包まれることもありますが、どのような状況であっても、行司は公正さを失わず、着々と仕事をこなすことが大事です。

『 日本の伝統文化への理解が深い 』

そこそこ兼ね備えている

国技とも言われる相撲に携わる行司は、相撲に限らず、日本の伝統を重んじる姿勢が求められる職業です。行司を志すなら、相撲の誕生した背景や歴史への理解を深め、日本の伝統文化のあり方についてしっかりとした考え方を持っておくようにしてください。相撲の過去、現在、そして未来へと思いを馳せることができれば、相撲界を支える存在として長く活躍できるでしょう。

スポンサーリンク

『 冷静で的確な判断力を持っている 』

兼ね備えていない

実際に行司として土俵に立つと、勝負が土俵際にもつれ込んだり、技の掛け合いになったりして、勝敗の判断が難しいと感じることもあるでしょう。しかし、どのような状況であっても、勝負が終わればどちらか一方に軍配を上げることが求められます。瞬時に正確な判断を下すには、知識だけでなく実践や経験が不可欠です。軍配を差し違えることがないよう、瞬発力や判断力を鍛えて土俵に上がるようにして下さい。場の空気感に流されないようにすることも大事なポイントです。

『 高い集中力がある 』

十分に兼ね備えている

行司の仕事は、人並みならぬ集中力を要するものです。土俵上で審判をする作業、番付表を書く作業、場内アナウンス、といずれもミスの許されないものばかりで、緊張感を持って仕事に取り組む必要があります。仕事に集中してやり遂げることに喜びを感じられる人は、行司としての適性を持つ人です。

『 向上心を持っている 』

十分に兼ね備えている

行司の仕事を続ける上では、過去の取り組み動画を見て判断の仕方を学んだり、先輩の行司にアドバイスを求めたりして、仕事の質を高めようとする姿勢が不可欠です。相撲の取り組みに携われることに対する責任感や感謝の気持ちを忘れず、向上心を持って日々を過ごすようにしてください。

『 身のこなしに自信がある 』

そこそこ兼ね備えている

相撲を見た時に、行司の美しい衣装が印象に残ると感じる人も多いのではないでしょうか。艶やかな衣装を着こなす行司は、ファッションセンスや美的感覚も求められます。ひとたび土俵に上がれば、力士と同様、一挙手一投足を観客から見られているという意識を持つことが大切です。取り組みが始まれば、堂々とした振る舞いを心掛けると同時に、力士のスピードに合わせて軽やかな身のこなしで土俵上を動きまわる必要もあります。行司は、美しく躍動感のある所作で取り組みをさばき、相撲の伝統を受け継ぎ、その人気を支える役割の一端を担っています。

『 高いコミュニケーション力がある 』

兼ね備えていない

行司は、力士や呼び出しと共に、相撲部屋に所属しています。相撲部屋の人々と共同生活をし、様々なやり取りをしながら、仕事を覚えていくことが必要です。出身地や世代の異なる人が多数所属する部屋で、うまく意思疎通を取って過ごせる人であれば、行司の仕事を長く続けられるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの行司適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
行司適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 行司に向いているか向いていないか
  • 行司の職業適性度
  • 行司に必要な10の資質
  • 解説で行司に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

行司とは?

相撲の取組を裁くことだけが行司の仕事だと認識している人も少なくありません。

本場所の取組を裁く基本業務以外にも、行司は裏方としてやるべき仕事はたくさんあります。

主な業務として挙げられるのが、決まり手の発表や懸賞金スポンサーの紹介などの場内アナウンス、相撲字による番付表の作成です。

相撲の番付は2ヵ月に1度の本場所ごとに変わるため、その都度作成し直すことになります。

そのほかにも、本場所の合間の偶数月に行われる地方巡業で使用する会場の交渉、当日の補佐役なども行司の仕事です。

一般に知られていない裏方業も含めて多忙を極めますが、その分やりがいが持てる職業と言われています。

行司になるには?

行司の仕事に就くための専門の資格はありませんが、相撲協会が定めている義務教育を修了した満19歳までの男子という条件を満たす必要があります。

とはいえ、条件を満たしている人が希望をすれば、誰でも行司になれるというわけではありません。

相撲部屋から推薦をしてもらった上で、日本相撲協会の審査に合格することで行司になれます。

行司を目指す人は、入門させてもらえる相撲部屋を探す所から始めなくてはいけません。

日本相撲協会が行う行司の新規採用審査は、年に1回と定められています。

中学を卒業してから年齢の上限の満19歳を迎えるまで、審査を受けられる機会は数回しかないので、できる限り早めに動くことが大切です。

行司の給料・年収

複数のサイトからの検索結果によると、行司の平均年収は300万円前後です。

相撲協会から支給される給料は番付で明確に決められています。

全ての行司が力士の番付でいう序の口の取組からスタートとなり、番付の昇進に伴って収入が増えていく仕組みです。

そのため、序の口格の行司は平均年収が200万円程度です。

番付で最高位となる、横綱を始めとした役力士の取組を裁く立行司を務めるようになると、年収が1500万円近くになるケースもあります。

行司職は古くから続く年功序列の世界なので、原則後輩が先輩を追い抜く形で出世をしたり年収を上回ることはありません。

行司の就職・転職先(求人)

職業柄、行司の就職先は相撲業界が中心です。

正式な身分は日本相撲協会の会員でも、就職先は協会から認可を受けている相撲部屋になります。

中学を卒業してから満19歳を迎えるまでという条件は設けられていますが、入門する年齢に関係なく一番下の序の口格からのスタートです。

相撲部屋の中には、親方の定年退職に伴う後継者不在など、やむを得ない理由で廃業するケースも少なくありません。

所属している相撲部屋が無くなる場合、力士と共に別の部屋へ移籍する形になります。

部屋の移籍による再スタートではそれまでの経験が引き継がれるので、番付もそのままです。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0