理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

スタイリストに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今スタイリストの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいスタイリストに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

スタイリストに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのスタイリスト適性診断結果

あなたの適性度は58%で、スタイリストの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。スタイリストを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

スタイリストに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.ファッションに興味がある
2.オシャレが好き
3.最新の流行を追うのが好き
4.人と接することが好き
5.コミュニケーションに自信がある
6.人の意見を素直に聞くことができる
7.合理的に物事を判断できる
8.柔軟性がある
9.自分の意見をはっきり言える
10.体力に自信がある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
スタイリスト適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 ファッションに興味がある 』

あまり兼ね備えていない

スタイリストは、モデルに似合うファッションをコーディネートすることが仕事です。洋服から靴、アクセサリーまで、扱うアイテムは様々で、モデルのタイプや好み、クライアントからのオーダーによって、あらゆるアイテムを取り扱えなければなりません。ですので、ファッションについて興味があるというのは、スタイリストを目指す人にとって、最も重要な素質の一つであると言えます。

『 オシャレが好き 』

だいぶ兼ね備えている

世の中には様々なファッションがあり、一般的なファッションから独特なファッションまで、多くのタイプがありますが、スタイリストは世の中にあるあらゆるタイプのファッションに詳しくなくてはなりません。さらに、様々な人に対して、それぞれ似合うものを提案する力が必要です。自分に対しても、他人に対してもおしゃれをすることが好きで、色々な物を試し、似合う物を見つけることができる能力は、スタイリストという仕事をするうえで重要な能力です。

『 最新の流行を追うのが好き 』

十分に兼ね備えている

流行はファッションを仕事にするうえで重要なポイントの一つです。最先端の流行をうまくキャッチし、生かすことによって、その時代に合ったファッションやコーディネートを提案することができます。そのためにも、世間の流行に敏感で、流行を取り入れることに抵抗がないという人は、スタイリストに向いていると言えるでしょう。

『 人と接することが好き 』

そこそこ兼ね備えている

スタイリストは誰かのコーディネートを考えることが仕事ですので、基本的に人と接することが仕事になります。スタイリストの仕事は、自分一人では成立しません。モデルをさらに輝かせるためにも、モデルやクライアントとコミュニケーションをとりつつ、仕事をする必要があります。ですので、人と接することが好きな人は、スタイリストに向いていると言えるでしょう。

『 コミュニケーションに自信がある 』

十分に兼ね備えている

スタイリストは人対人の仕事です。一つの仕事に、モデルだけではなく現場のスタッフやヘアメイクなど、多くの人が関わるため、周囲とのコミュニケーションを円滑に進めることは、仕事の進行にも影響する重要なポイント。また、現場だけではなく、普段から他業種の人達とコミュニケーションをとることも多いため、コミュニケーション能力はスタイリストにとって必要な能力の一つです。

スポンサーリンク

『 人の意見を素直に聞くことができる 』

そこそこ兼ね備えている

トータルコーディネートを行うのがスタイリストの仕事ですが、コーディネートを行う当人や、周りの人の意見を聞くことも重要な仕事の一つです。多くの知識を持っていたとしても、どうしても一人では偏ったコーディネートになってしまうこともあります。そのようなときに、周りの人やコーディネートをされるモデル本人からの意見は重要なものになります。人の意見も聞き入れることができるというのは、スタイリストにとって重要な素質の一つです。

『 合理的に物事を判断できる 』

そこそこ兼ね備えている

スタイリストは、クライアントからのオーダーや流行を考慮したうえで、最適解を出す必要があります。また、コーディネートに使える時間も限られているため、全員の意見を聞くというのも難しいでしょう。できるだけ、多くの意見を取り入れつつも、無理な意見は却下するという判断が必要になることもあります。そのようなときに、合理的に判断することも重要です。普段からそのような判断ができる人はスタイリストに向いていると言えるでしょう。

『 柔軟性がある 』

あまり兼ね備えていない

柔軟性もスタイリストには重要です。一つの方向から物事を見るのではなく、あらゆる可能性を考え、提案できるのは、スタイリストにとって必要な能力です。好みや流行に乗って、コーディネートを決めていくことも大切ですが、それに捕らわれることなく、常にあらゆる可能性を持って、モデルに似合うコーディネートができることが重要です。

『 自分の意見をはっきり言える 』

そこそこ兼ね備えている

いいと思ったら自分の意見をしっかり通すことができることも、スタイリストにとって重要な能力です。仕事をしていくうえで、クライアントやモデル本人など、周囲から多くの注文を受けることもあるでしょう。それらを全部聞いて、通すことができるのも、スタイリストとして重要な能力ですが、より良いアイデアがあるのであれば、それを相手方に提案することができる力もスタイリストには重要です。人の意見に流されることなく、自分で考え、意見を持ち、さらにそれを提案することができる人は、スタイリストに向いていると言えるでしょう。

『 体力に自信がある 』

そこそこ兼ね備えている

スタイリストは仕事中、立ちっぱなしになってしまうことも少なくないため、体力に自信があることは重要です。他にも、仕事で使う洋服や靴、小物の準備や運搬、セットや撤収などの力仕事も少なくありませんし、撮影の時間帯によっては早朝から始まることや、深夜までかかることもあります。これらをこなしつつ、自分の体調も管理しなくてはならないため、体力に自信があるというのは、スタイリストとして重要な適性の一つです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのスタイリスト適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
スタイリスト適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • スタイリストに向いているか向いていないか
  • スタイリストの職業適性度
  • スタイリストに必要な10の資質
  • 解説でスタイリストに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

スタイリストとは?

スタイリストとは、映像や紙面などのメディアに登場するモデルやタレントのファッションをコーディネートする仕事です。

華やかなテレビ番組や映画の世界、コマーシャル。

はたまた、ファッションショー、コンサートと言った、ステージで躍動するモデルやタレント等の、洋服をはじめ、身に着ける小物やアクセサリーと言った、身の回りの物をコーディネートします。

そして決まったコーディネートに沿って、必要なアイテムをそれぞれのお店やメーカーからレンタル手配して揃えます。

また現場では、洋服や小物などをきれいに整え、着衣の乱れ等にも気を配りながら、撮影に立ち会います。

スタイリストになるには?

スタイリストのなるために必要な学歴や資格は特にありません。

では、スタイリストになるにはどうすれば良いでしょうか。

一つは、服飾系の専門学校に通うことです。

スタイリストを目指す専門のコースが設けられています。

また、大学や短大でも知識を勉強することができます。

学校によっては、アシスタントの募集情報を公開して、紹介してくれる場合もあります。

就職に際し、より有利に活用できる資格もあります。

公益社団法人色彩検定協会が実施している文部科学省後援の公的資格「色彩検定」や、色の性質や、特性などの知識が身につく「カラーコーディネーター検定試験」、「ファッションビジネス能力検定」等は、取得しておくと役立つでしょう。

スタイリストの給料・年収

複数の調査から、スタイリストの年収は大体200万円~500万円位です。

この業界は実力主義。

経験やスキルの差、勤務先、就業形態などの違いによって、大きな差が出来てきます。

事務所所属であっても、契約社員やパートなどの働き方になり、仕事の有る無しによって日給や時給での計算になるため、平均年収を出すのは難しいです。

一方トップスタイリストになると、年収が800万円~1200万円という例もあります。

経験や努力で、身に付けたスキルによっては、高額の年収を得られることもありますので、やりがいという点ではこの仕事は大きいのではないでしょうか。

スタイリストの就職・転職先(求人)

スタイリストは、フリーランスで活躍している人が多い傾向ですが、就職・転職先としては、アパレルショップやファッション関連の映像制作会社、Web制作会社、モデルやスタイリストの派遣会社等のメディア関係、そして、アパレルメーカー、ブライダル関係等のファッション関係などが挙げられます。

最近では、ネットでファッションのアドバイスをする「オンラインスタイリスト」という仕事もあります。

スタイリストの業界は、あくまでも実力の世界ですが、業界に人脈を作り、経験を積み、キャリアアップをしていけば、高収入も期待できる仕事です。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0