理想の就活/転職のための
自己分析サイト

留学カウンセラーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今留学カウンセラーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい留学カウンセラーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの留学カウンセラー適性診断結果

あなたの適性度は46%で、留学カウンセラーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。留学カウンセラーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

留学カウンセラーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.海外の学校について興味がある
2.ビジネスレベルで英語を扱える
3.海外の文化や習慣に理解がある
4.人を喜ばせたい気持ちが強い
5.帰国子女など海外生活の経験が長い
6.外資系企業に勤めたことがある
7.相手の要望に応えるのが得意
8.成果報酬型で収入を得たい
9.悩み相談が得意
10.新しいチャレンジが好き
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 海外の学校について興味がある 』

兼ね備えていない

留学カウンセラーは、自分が担当する国や地域にかかわらず、留学希望者がより良い選択ができるよう、海外にある大学や語学学校の特徴をよく把握していなければなりません。大学や語学学校によっては、留学の際に年齢や語学力、ビザの取得など様々な条件が指定されていることもあり、スムーズに留学に向けて準備ができるようサポートすることが求められます。また、国際情勢次第で留学が可能な条件が変わったり、留学ビザの取得に時間が掛かったりするケースもあるため、こまめに現地の関係機関と連絡を取り合うことが欠かせません。

『 ビジネスレベルで英語を扱える 』

十分に兼ね備えている

留学カウンセラーは、留学希望者からの相談を受けて、現地の学校に質問をしたり、担当者とコンタクトを取ったりする場面が多々あります。そうした場合に、現地の色々な立場の関係者とスムーズに意思疎通が図れるよう、英語を中心とした言語のスキルをビジネスレベルまで高めておくことが肝心です。また、国や地域によって英語が通じにくいこともあるため、必要に応じて現地の言語をその都度学ぶことも大切です。

『 海外の文化や習慣に理解がある 』

あまり兼ね備えていない

留学カウンセラーが個々の留学希望者が安心して生活を送れるようアドバイスするには、言葉だけでなく海外の独自の文化や習慣についての知識も身に着けなければなりません。留学先によっては、人々の食生活やあいさつ、時間に対する感覚などが大きく異なることもあり、留学中に恥をかかないようにするために、正しい情報を集めておくことが大事です。

『 人を喜ばせたい気持ちが強い 』

あまり兼ね備えていない

留学カウンセラーは、留学への意欲がある若者のサポートをする過程で、少しずつ現地の生活に馴染んだり、語学スキルが上達したりと喜びに触れるケースが多くあります。そのため、日頃から他者のお世話をするのが好きな人や、喜んでくれる姿を見るのが好きな人にとってやりがいのある職種といえます。

『 帰国子女など海外生活の経験が長い 』

十分に兼ね備えている

留学カウンセラーになるための要件は就職先によって様々ですが、帰国子女など幼少期から長く海外で生活をしたことがある人は、語学力が高いのはもちろん、現地の文化に慣れ親しんでいることから採用されやすい傾向が見られます。また、海外の大学を卒業した人や、世界的に通用する英語のライセンスを取得した人についても、就職後に重要なポストに配置されたり、基本給や手当の面で優遇されたりすることがあります。

スポンサーリンク

『 外資系企業に勤めたことがある 』

あまり兼ね備えていない

留学カウンセラーは、留学生活の費用や期間、カリキュラムなどの相談を受け付けるだけでなく、仕事を通じて現地の大学の卒業後に就職を希望する若者にアドバイスをすることもあります。たとえば、大学卒業後にITや製薬、メーカー、コンサルなどを専門とする外資系企業に勤めたことがある人は、留学カウンセラーが在籍する多くの企業の間で需要が高まっています。外資系企業において役職に就いたことがある人や、人事を担当した人も重宝されています。

『 相手の要望に応えるのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

留学カウンセラーは、留学を希望する人にとってあくまでも脇役であり、それぞれの年齢や語学力、留学の目的などをしっかりと聞き取ったうえで、適切なサポートをすることが何よりも大切です。特に、留学先の学校やカリキュラム、コースを選ぶ際は、カウンセラー側が無理強いをせずに、本人の希望が叶うように説明をすることがポイントです。

『 成果報酬型で収入を得たい 』

そこそこ兼ね備えている

留学カウンセラーの給与体系は勤め先によって様々ですが、業界大手の中には基本給だけでなく、成果に見合ったインセンティブ報酬の制度を導入しているところもあります。そのため、年齢や性別、経験などに関わらず、自分の能力を生かして働きたい人は、若手からベテランまで多くの留学カウンセラーが在籍する企業を就職先の候補に入れると良いでしょう。

『 悩み相談が得意 』

あまり兼ね備えていない

留学カウンセラーは、海外留学を検討している日本人だけでなく、海外から来た外国人留学生のサポートを担当することもあります。場合によっては、留学生のために日本語の通訳をしたり、日本で生活をするための物件選びのアドバイスや大家との交渉をしたりと幅広い能力が必要となります。そこで、日頃から外国人留学生が抱えている悩みや問題について自分なりに把握をしておくことが大切です。

『 新しいチャレンジが好き 』

だいぶ兼ね備えている

留学カウンセラーは、オフィス内での事務作業だけでなく、大学や語学学校の関係者とのミーティングや会食、イベントなどに参加をしたり、視察を兼ねて海外の学校や観光地に出向いたりすることもあります。そのため、オフィス内での単調なルーティンワークよりも新しい仕事にチャレンジしたい人や、仕事を通じて色々な人と関わりたい人に適しています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの留学カウンセラー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る