理想の就活/転職のための
自己分析サイト

スポーツライターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今スポーツライターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいスポーツライターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのスポーツライター適性診断結果

あなたの適性度は48%で、スポーツライターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。スポーツライターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

スポーツライターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.スポーツが好き
2.文章を書くのが得意
3.コミュニケーション能力がある
4.話を聞き出す能力がある
5.勉強熱心
6.物事を調べるのが得意
7.分析が得意
8.行動力がある
9.プライベートより仕事を優先できる
10.時間を守れる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 スポーツが好き 』

そこそこ兼ね備えている

スポーツライターとして働くためには、スポーツが好きということがとても大切です。スポーツライターの仕事には、スポーツの魅力を伝えることも含まれています。もし、スポーツが好きでなければ、魅力を伝えるのは難しいでしょう。そのため、スポーツであれば、ジャンルを問わず好きという人が、スポーツライターに向いています。また、全てのスポーツではなく、ひとつのスポーツだけがとても好きという人は、専門のスポーツライターとして活躍できる可能性があります。

『 文章を書くのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

スポーツライターは、文章を書くのが仕事です。取材を終えた後は、数日は常に文章を書き続けるだけということも珍しくありません。そして、1日に何本も記事を書くことも多いです。そのため、文章を書くことが得意、安定したペースで文章を書き続けられるという人が、スポーツライターに向いています。スポーツは好きだけれども、文章を書くのは苦手という人は、スポーツライターには向いていません。

『 コミュニケーション能力がある 』

あまり兼ね備えていない

スポーツライターは、大勢の人と接する機会がある仕事です。スポーツ選手はもちろんのこと、スポーツチームの代表者やファンなど、取材対象となる人は幅広いです。また、雑誌やWebメディアなどに、自らを売り込まなければならないことも多いです。そのため、色々な人とコミュニケーションが取れる能力が必要となります。誰が相手でも自然体で接することができるという人は、スポーツライターに向いています。

『 話を聞き出す能力がある 』

十分に兼ね備えている

スポーツライターは、取材対象となる人から色々な話を聞いて、それを記事としてまとめます。そして、なるべく多くの話を引き出せるように、聞く力が必要となります。適度な相槌を打ったり、程良いリアクションをしたりして、相手をのせることが大切です。そのため、普段から聞き上手で、人をのせるのが得意という人は、スポーツライター向きです。自分の話ばかりしてしまう人は、スポーツライターには向いていません。

『 勉強熱心 』

そこそこ兼ね備えている

スポーツライターは、スポーツに関するあらゆる情報を届けなければなりません。そして、スポーツの中には、ルールが複雑になっているものが数多くあります。また、1年ごとに、細かくルールが変わることも珍しくありません。さらに、スポーツの歴史や文化、暗黙の了解など、知らなければならないことが数多くあります。そのような、ルールや暗黙の了解などを知識として身に付けようとする、勉強熱心な人が、スポーツライターに向いています。しっかり勉強しているということをアピールできれば、スポーツ関係者との繋がりを作りやすくなり、スポーツライターとして成功できる可能性が高くなります。

スポンサーリンク

『 物事を調べるのが得意 』

あまり兼ね備えていない

スポーツライターの仕事は、記事の元となる情報が必要となります。その情報は、スポーツ関係者への取材や、インターネットを使用した調査、過去の新聞を調べるなど、色々な方法で得ることができます。そのような、あらゆる方法を使用して、物事を調べるのが得意という人が、スポーツライターに向いています。

『 分析が得意 』

兼ね備えていない

スポーツライターは、ただ事実を書く仕事だけではなく、自分の考えを記事にすることも多いです。よくあるのは、スポーツ選手の動向を予測したり、優勝するスポーツチームを予想したりする仕事です。そのような仕事をこなすためには、情報を元に分析をする必要があります。そのため、分析能力がある人は、スポーツライターに向いています。

『 行動力がある 』

そこそこ兼ね備えている

スポーツライターの仕事では、新鮮な情報をいち早く発信しなければならないことが多いです。そのため、必要であればすぐに取材のアポを取ろうとする、早い段階で記事を完成させてメディアに載せようとするような、行動力が大切です。問題を先送りにしてしまうような、行動力のない人は、スポーツライターには向いていません。

『 プライベートより仕事を優先できる 』

そこそこ兼ね備えている

スポーツライターの仕事は、スケジュールを取材対象に合わせなければなりません。シーズン中は試合が行われている会場まで足を運び、オフの間は選手個人の取材をすることが多く、仕事中心の生活になります。また、海外が舞台のスポーツに関する記事を書く場合は、頻繁に海外まで足を運んだり、時差の関係で深夜に開催される試合を観戦したりしなければなりません。そうして、プライベートを仕事に合わせなければならないことが多いです。そのため、プライベートの生活より仕事を優先することに抵抗がないという人が、スポーツライターに向いています。

『 時間を守れる 』

だいぶ兼ね備えている

スポーツライターは、スポーツ関係者に取材することが多いですが、その取材に遅刻をすることは許されません。遅刻をすると、取材禁止となり、スポーツライターとして活躍するのが難しくなってしまうかもしれません。そのため、時間を守れることが大切です。また、スポーツ雑誌やWebメディアに記事を納品する場合、締め切りが設定されていることが多いです。その締め切りを厳守できる、時間に厳しい人がスポーツライターに向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのスポーツライター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る