理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

スポーツトレーナーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今スポーツトレーナーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいスポーツトレーナーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

スポーツトレーナーに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのスポーツトレーナー適性診断結果

あなたの適性度は57%で、スポーツトレーナーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。スポーツトレーナーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

スポーツトレーナーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.選手優先の姿勢
2.コミュニケーション能力がある
3.教えることが得意
4.メンタルが強い
5.信頼関係を築くのが得意
6.探究心がある
7.小さな変化に気付ける観察力
8.常に冷静
9.スポーツへの情熱がある
10.計画性がある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
スポーツトレーナー適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 選手優先の姿勢 』

そこそこ兼ね備えている

スポーツトレーナーは選手あってこその仕事です。選手が良い成績を残すために、自分の技術や知識、経験などをフル活用してサポートしていくことが重要になります。そのため、自分のプライベートを惜しまず、選手を優先できる人がスポーツトレーナーに向いているといえます。

『 コミュニケーション能力がある 』

だいぶ兼ね備えている

スポーツトレーナーが選手を適切に指導していくためには、どんな性格でどのような生活習慣を送っているのかや、精神面での弱さやどのような態度で接した方が良いのかなど、まずは選手を知ることが大切になります。きちんと把握するためにも、コミュニケ―ションを取りながら打ち解けることが重要になります。

『 教えることが得意 』

十分に兼ね備えている

スポーツトレーナーは、選手の目標に合わせて適切な指導をしていくことが大切です。そのためには、どのトレーニングがどのように効果があるのかを理解できるように説明したり、ベストなタイミングで選手のモチベーションを上げるための言葉を掛けたりと、技術面でなく精神面も意識した高い指導能力が求められます。

『 メンタルが強い 』

十分に兼ね備えている

スポーツトレーナーは、自分がプレイするのではなく選手を指導していく側です。自分自身は、精一杯指導していてもなかなか結果が出せないということも多くあります。そのため、何がいけなかったのかと悩んでしまったり自分の指導に自信が持てなくなる可能性も考えられます。結果をすぐに求めずに長い目で見て安定して選手を支えていくためにも、メンタルの強さが必要になっていきます。

『 信頼関係を築くのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

スポーツ選手の勝敗は、精神面も大きく関係するため、精神面を支えることもスポーツトレーナーにとっては重要な役割となります。しっかりと指導を受けてもらうことはもちろん、精神面を支えるためにも信頼関係を築き話しやすい距離感になることもスポーツトレーナーにとっては大切な要素となります。相手とコミュニケーションを取りつつ、心の距離も近づけていくようにしましょう。

スポンサーリンク

『 探究心がある 』

兼ね備えていない

スポーツトレーナーは、選手や状況に合わせて新しいことを取り入れながら指導していくことも大切です。スポーツに関する専門的な知識は、ずっと同じというわけではなく、常に新しくなっています。そのため、自分自身がさまざまなことに目を向けながら、常に知識を広めて学んでいくことが必要になります。また、同じトレーニング内容でも合う人合わない人がいたり、体調によって負担が大きくなってしまうこともあります。臨機応変に対応していくためにも、幅広い知識が求められる仕事だといえます。

『 小さな変化に気付ける観察力 』

兼ね備えていない

スポーツトレーナーは選手が抱えている不調の原因や問題をしっかりと把握して、的確なアドバイスをしていく必要があります。体の不調であったり、精神面の不調であったりと選手はそれぞれ抱えている問題が異なります。その問題を早く見抜き的確な指導をしていくためにも、普段からしっかりとコミュニケーションをとりつつ選手を観察することもスポーツトレーナーには必要な能力になります。

『 常に冷静 』

十分に兼ね備えている

スポーツトレーナーは、どんな状況でも取り乱すことなく、常に冷静に一定のモチベーションを保つことも重要になります。スポーツトレーナーと選手はまさに一心同体です。長い時間一緒に過ごすことも多く、スポーツトレーナーが元気がなかったり取り乱してしまうと選手に伝わってしまい、選手の気持ちが不安定になってしまうこともあります。そのため、選手のやる気やモチベーションを上げるためにも、常に冷静さを忘れずにいることも求められる条件となります。

『 スポーツへの情熱がある 』

そこそこ兼ね備えている

スポーツトレーナーは、スポーツへの情熱も忘れてはいけません。実際にプレイするわけではなく、選手を陰で支えるスポーツトレーナーは、選手が活躍することが自分の功績にもなります。選手のために時間を費やすことも多いため、スポーツが好きという方でなければ、やりがいを見出せなかったりと、モチベーションを保ちながら続けることが難しい仕事でもあります。スポーツトレーナーは、選手の活躍を一緒に喜べるくらいスポーツへの情熱を持つ人ほど向いている仕事と言えます。

『 計画性がある 』

そこそこ兼ね備えている

スポーツトレーナーは、選手の能力向上をサポートしていくだけでなく、安定して能力が維持していけるようにサポートしていくことも重要になります。たとえ短期間で目標が達成できたとしてもそれだけに満足するのではなく、次の目標に向けて進めるようにサポートしたりと長期的な計画を立ててサポートを継続していくことが求められるのです。そのため、スポーツトレーナーは長期的なビジョンを描きながら継続していく忍耐力も必要になります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのスポーツトレーナー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
スポーツトレーナー適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • スポーツトレーナーに向いているか向いていないか
  • スポーツトレーナーの職業適性度
  • スポーツトレーナーに必要な10の資質
  • 解説でスポーツトレーナーに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

スポーツトレーナーとは?

スポーツトレーナーは、スポーツ選手が競技においてパフォーマンスを発揮できるように健康管理やストレッチ、トレーニング指導を行う専門職です。

スポーツにまつわる専門的な知識でスポーツ選手の技術力の向上や筋力アップを図ります。

ケガの予防や体調不良を起こした選手の応急処置をしたり、復帰への回復支援など、様々な面から選手をサポートすることがスポーツトレーナーの仕事です。

一般的にはプロスポーツ選手や実業団などの選手をサポートしますが、スポーツへの関心の高いトレーニングジムの一般会員やアマチュア競技の選手をサポートする場合もあります。

スポーツトレーナーになるには?

スポーツトレーナーになるには、必要な資格は特にありません。

しかし、トレーナーとして選手を指導する立場になるにはスポーツに関する知識やケガなどに対して適切な処置をするために医療知識が必要になります。

そのため、スポーツトレーナーとして働く8割以上の人が厚生労働省が認定する民間資格、医療資格(理学療法士、柔道整復師)を保有しています。

スポーツトレーナーを目指す方は高校卒業後に大学や専門学校に2年〜4年ほど通い、必要な知識や技術を学びます。

学校では人体構造やトレーニング理論、応急処置の技術などを講習と実技で学びながら資格取得を目指します。

スポーツトレーナーの給料・年収

スポーツトレーナーの給料は、複数の求人サービスデータをまとめると、年収約500万円前後です。

初年度の年収は200万円〜300万円程度であり、年齢別に見ると20代から年功序列で徐々に上がって、50代前半になると年収約684万円と、年代に応じて給与水準は高くなっていく傾向にあります。

20代の年収は低めですが、スポーツトレーナーは経験による実績と国家資格の有無によっても年収に差があります。

また、プロスポーツチームや地域のトレーニングジム、医療機関など、就職先が多くあるため、働く場所によっても年収が大きく変動する場合があります。

スポーツトレーナーの就職・転職先(求人)

スポーツ選手だけではなく、高齢化社会に伴い一般の人々も健康意識が高まっているため、スポーツ専門知識の豊富なスポーツトレーナーの需要は高まっています。

そんなスポーツトレーナーの主な就職先は、プロスポーツチームや企業の実業団などです。

チームの選手一人ひとりのコンディションを整えたり、ケガや体調面をサポートする、スポーツシーンに欠かせない存在です。

他には、一般の人が利用するフィットネスジムでボディメイクのサポートやトレーニングメニューを考案したりします。

医療知識に長けているスポーツトレーナーは、整体院や病院に勤務して活躍することもあります。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0