理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

スポーツジャーナリストに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今スポーツジャーナリストの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいスポーツジャーナリストに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

スポーツジャーナリストに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのスポーツジャーナリスト適性診断結果

あなたの適性度は58%で、スポーツジャーナリストの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。スポーツジャーナリストを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

スポーツジャーナリストに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.スポーツが好き
2.スポーツの魅力を世間に発信したい
3.情報収集や分析が好き
4.人とのコミュニケーションが好き
5.相手の気持ちに寄り添える
6.文章を書くことが好き
7.様々な疑問や課題を見つけられる
8.感性が豊か
9.仕事にやりがいを求めている
10.コツコツと地道に頑張れる
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
スポーツジャーナリスト適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 スポーツが好き 』

そこそこ兼ね備えている

スポーツジャーナリストという職業は、スポーツに関するあらゆる出来事を雑誌や新聞、インターネットなどのメディアを通じて情報発信する仕事です。そのため、スポーツが好きな人にとってはうってつけの職業といえるでしょう。実際にスタジアムや競技会場に足を運んで選手たちの躍動する姿や活躍する場面を目撃し、肌で感じ取ったものを世間に表現できる仕事です。スポーツ経験者が引退後にスポーツジャーナリストに転身することも多くあります。

『 スポーツの魅力を世間に発信したい 』

十分に兼ね備えている

スポーツ界の出来事や貴重な情報などを世間に発信して、「世の中に知らせたい・みんなに話題を提供したい」という思いを持ち合わせている人もこの仕事に向いているでしょう。自身がスポーツ経験者で、その経験を活かしてまた違った角度から表現して伝えていきたいと考えている人にも合っています。テレビなどのメディアでよく見るスポーツジャーナリストは、大規模な国際大会やオリンピックなどでコメンテーターとして出演している場合があります。

『 情報収集や分析が好き 』

だいぶ兼ね備えている

各スポーツ競技のシーズンが終わると、契約更新や他チームへの移籍などさまざまな動きがあります。そんな各スポーツ選手の動向や、チームの動きなどの情報収集が好きな人はこの職業に適しています。また、スポーツ統計学を学んだことがある人も正確な情報を集める知識があるため、この職業が適任です。スポーツのジャンルを問わないスポーツ全般の詳しい知識と、選手やチームに関するデータの情報収集や分析力が必要になります。

『 人とのコミュニケーションが好き 』

あまり兼ね備えていない

さまざまなスポーツの情報を収集するにあたっては、インターネットやSNSなどのアイテムも使って集めます。ときによっては、スタジアムに足を運んで情報を収集することもあります。その場合、直接スポーツ選手から情報を聞き出すこともあるでしょう。そんなときに欠かせないのがコミュニケーションスキルです。試合前のスポーツ選手の意気込みや、試合後の気持ちなどの新鮮な情報を聞き出すうえで重要なスキルとなるでしょう。

『 相手の気持ちに寄り添える 』

そこそこ兼ね備えている

スポーツ選手の中には、心がデリケートな方もいる可能性が高いです。そのため、相手の気持ちに寄り添えることができる人もこの仕事に向いているでしょう。スポーツ選手やチーム関係者の方とも友好な関係を築くためには、観察力と気配りが大切になってきます。インタビューの場を設けているところなら特に問題はありませんが、予定にない突然の場所やタイミングなどでの質問は選手のプレーに影響が出るかもしれません。よって、スポーツ選手の気持ちに寄り添うことが肝心です。

スポンサーリンク

『 文章を書くことが好き 』

十分に兼ね備えている

スポーツジャーナリストという仕事は、読者に対して分かりやすくて正確な記事を執筆するスキルも求められます。1964年に開校した教育施設では、文章力を高めることを目的のひとつとして、編集者やライターを養成するスポーツジャーナリストの学科を設置しているところもあります。スポーツジャーナリストの業界には、ライターや小説家などが関わっている場合も多いです。そのことから、スポーツには詳しくなくても執筆することが好きな人に、この職業は向いていると言えるでしょう。

『 様々な疑問や課題を見つけられる 』

十分に兼ね備えている

スポーツジャーナリストとして続けていくためには、さまざまな疑問や課題を見つけられる人が適しているでしょう。この仕事は、スポーツ業界の疑問や課題を取り上げて自身の意見を交えつつ、情報を発信していかなければなりません。それゆえ、スポーツに対して高い関心が必要になってきます。加えて、スポーツ選手やチーム関係者から疑問と課題のヒントを聞き出すためには、厚い信頼関係も必須になります。情報が不十分では、疑問も課題も見つけることは難しくなってしまいますので、人脈を築く努力も備えておかなければなりません。

『 感性が豊か 』

そこそこ兼ね備えている

魅力的な記事を執筆するためには、感性も必要になってきます。スポーツ選手が競技に対して一生懸命に取り組む姿を見て、感受性を高めて感じることで、良い文章を生み出すことができるでしょう。それを続けていくことで、さらに感性を磨くことも可能です。

『 仕事にやりがいを求めている 』

兼ね備えていない

仕事にやりがいを求めている人も、このスポーツジャーナリストに向いています。自分で執筆した記事が新聞やインターネットなどに掲載された場合、日本中はもちろん世界中の人々に見てもらえる可能性があります。そこにやりがいを感じることができる人がこの職業に適任です。日本では野球やサッカーが人気のあるスポーツに数えられますが、あなた次第では他のマイナースポーツを取り上げて注目を集めることもできます。それだけこの仕事には魅力があります。

『 コツコツと地道に頑張れる 』

兼ね備えていない

情報収集や分析などは地道な作業が多いため、一人でもコツコツ積み重ねてがんばることができる人がこの仕事に適しています。スポーツのデータは数十年前から現在までと情報量が膨大です。せっかく集めた情報を間違って発信すると信頼を失います。そのため、慌てることなく冷静になって情報を集めることが大切になってきます。分析に関しても、正確かつ丁寧に作業をこなすことが求められます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのスポーツジャーナリスト適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
スポーツジャーナリスト適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • スポーツジャーナリストに向いているか向いていないか
  • スポーツジャーナリストの職業適性度
  • スポーツジャーナリストに必要な10の資質
  • 解説でスポーツジャーナリストに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

スポーツジャーナリストとは?

スポーツジャーナリストとは、新聞や雑誌、web記事などのメディアにおいて、スポーツに関連する記事を執筆する仕事です。

日本では特にプロ野球やサッカーといった人気のあるスポーツを専門とする人が多いのが特徴です。

また、メディアに記事を執筆するだけでなく、執筆原稿を元にした本を出版したり、講演で取材の成果を報告したりするなど、様々な場面に活躍の場があります。

知名度が高くなったスポーツジャーナリストの中には、スポーツ大会やテレビ番組でコメンテーターを務める人もいます。

このように、基本的には記者としての仕事がメインとなりますが、活躍の場は状況によってメディアに限らず多彩です。

スポーツジャーナリストになるには?

就職する際に必要な資格はありませんが、スポーツ経営学、スポーツジャーナリズムなど、関連分野を専攻できる大学で勉強を積んでおくと、就職に有利になる場合があります。

基本的には、大学や短大などを卒業した後、雑誌出版社や新聞社といったメディア関連会社に就職し、専属記者として仕事を行います。

しかし、実際にスポーツジャーナリストの肩書きで活躍している人のほとんどは、会社専属記者として働いた後、独立してフリーランスで活動しています。

そんなスポーツジャーナリストとして活躍するには、基本的には記者として正確で分かりやすい文章を書ける能力が必要となります。

それのみならず、選手に取材をして情報を引き出したり、データの収集や分析も行うため、行動力や情報の適切な処理能力など多様なスキルが問われる仕事だと言えるでしょう。

スポーツジャーナリストの給料・年収

平均年収は、複数の調査をまとめると300万〜600万円程度です。

最低額と最高額に幅があるのは、活躍できている人とできていない人の差が大きいことが要因です。

スポーツジャーナリストの多くがフリーランスで仕事を行なっているため、年収は活動状況によってピンからキリまであるのが実情です。

フリーランスではない会社専属の「新聞記者」としての平均年収は、複数の調査をまとめると700万〜800万円程度で、他の職業と比べると高い傾向にあります。

スポーツジャーナリストとしての収入は、自身の立場によって大きく左右すると言えるでしょう。

スポーツジャーナリストの就職・転職先(求人)

先述の通り、スポーツジャーナリストとして活躍している人の多くは、会社から独立してフリーランスとして仕事を行なっています。

記事の執筆だけではなく、講演会での報告やコメンテーター等、あらゆる場面で活躍する人もいますが、何よりジャーナリストとしての基本は情報の発信にあります。

現在は、「twitter」や「SNS」、「youtube」を通じて、誰でも簡単に情報発信ができる状況にあります。

そのため、スポーツジャーナリストも新聞や雑誌、web記事といった既存メディアだけに頼らず、いかにして幅広く自身の成果を披露できるかが鍵となるでしょう。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0