理想の就活/転職のための
自己分析サイト

言語聴覚士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今言語聴覚士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい言語聴覚士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの言語聴覚士適性診断結果

あなたの適性度は48%で、言語聴覚士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。言語聴覚士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

言語聴覚士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.相手の気持ちを汲み取るのが上手い
2.コミュニケーション能力が高い
3.相手を理解したい思いが強い
4.企画提案力がある
5.忍耐強く待つことができる
6.わかりやすい説明が得意
7.観察や分析が得意
8.幅広い医療の知識を持っている
9.スキルアップのために努力できる
10.弱い立場の人に寄り添う優しさがある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 相手の気持ちを汲み取るのが上手い 』

あまり兼ね備えていない

言語聴覚士は、何らかの事情で発声や嚥下などに障がいを持った方を対象にリハビリを行いますので、患者とは健常者を相手にしたようなスムーズな会話をすることはできません。そのため目の前にいる一人と向き合って、相手に合わせたコミュニケーションが取れる力が必要とされます。また、急がず慌てず、ゆっくりと相手の気持ちを汲み取ってリハビリを進めることができる力も大切です。

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

言語聴覚士は、医師や理学療法士、看護師などとも連携して治療を行いますので、他の医療従事者とのコミュニケーションも重要になります。患者やリハビリの情報を共有したり、話し合ってリハビリの方法を考えたりと色々な人の意見を聞くことや、自分の方針を伝えるなど円滑にコミュニケーションを取れる人は言語聴覚士に向いています。

『 相手を理解したい思いが強い 』

そこそこ兼ね備えている

患者は自分の言いたいことや伝えたいことが上手く言えない状態の方ですので、中にはイライラして投げやりになる、諦めてしまう方もいます。ですが、その相手の気持ちを理解することができる力があると、患者も安心することができて、リハビリに躓いても失敗しても再び挑戦する意欲も湧いてきます。できる、できないで人間の気持ちは揺れ動くため、言語聴覚士にはその時々の患者の気持ちを察する能力が求められます。

『 企画提案力がある 』

だいぶ兼ね備えている

言語聴覚士が関わる患者には、発声や言語に障がいのある方だけではなく、嚥下などの飲み込みに障がいを抱えている方もいます。また、同じ障がいでもそれぞれ度合いも異なり、事故や病気の後遺症や年齢による言葉の遅れなど背景も違います。そのため、患者一人一人に合わせた的確なリハビリ法を提案する力が求められます。知識や判断力、また、その日の患者の状態など総合的に見てリハビリや訓練などを行える力が必要となります。

『 忍耐強く待つことができる 』

あまり兼ね備えていない

障がいを抱えている方は自分の気持ちとは裏腹に、スムーズに発声や動作を行うことができません。リハビリや訓練の成果も簡単に、短時間に出るものではないので、時間がかかっても患者に寄り添ってリハビリに付き添うことができる粘り強さが必要です。また、患者を励ましたり時にはじっと待つなどの包容力も言語聴覚士には求められます。

スポンサーリンク

『 わかりやすい説明が得意 』

だいぶ兼ね備えている

医療に関する言葉は難しいものも多いですが、患者には子供も多く、患者の状態やリハビリに関することを一般的に理解しやすい言葉で説明をすることが大切となります。発声や言語は原因が脳に関係するケースもあり、マニュアル通りではなく一人一人に適した言葉を選んで、分かりやすい説明をすることができる力は言語聴覚士にとっては重要です。

『 観察や分析が得意 』

そこそこ兼ね備えている

患者の中には、聞き逃してしまうような小さな発声をする方もいて、口がどのように動いているか、何を伝えようとしてるのかなどの、細かいところに気付ける観察力、分析力は改善への大切な一歩となります。また、患者それぞれが抱える背景やリハビリの進捗状況などから、今後のリハビリ法を考えるなどの想像力も、患者のためになる大切な力です。

『 幅広い医療の知識を持っている 』

あまり兼ね備えていない

言語聴覚士が携わる患者は言葉に関する障がいを持つ方だけではなく、嚥下や摂食障害、聴覚障害など多岐に渡ります。そのため、脳や聴覚、心理学など様々な分野の知識が必要とされます。言葉を発することや食べること、聞くことに関してのリハビリや訓練を行うので、歯科医師と連携をすることもあり、人工内耳や補聴器などに関する知識や調整するスキルも求められます。

『 スキルアップのために努力できる 』

だいぶ兼ね備えている

医療現場は日進月歩で、日々新たな情報が生まれる場所でもあります。それは言語聴覚士にとっても同じで、専門職として学ぶことを怠ることなく続けられる力がないと、新しい医療技術や情報についていけなくなります。ですので、言語聴覚士としてのスキルアップを目指すことができる、医療の勉強を厭わない姿勢が大切となります。

『 弱い立場の人に寄り添う優しさがある 』

そこそこ兼ね備えている

言語聴覚士は障がいを持つ方や高齢の方を相手にすることが多く、健常者が日常的にできることができない状態の方のためにリハビリや訓練を行います。そのため、障がいを持つに至った経緯や高齢になるにつれて伴う苦悩などを理解しなければなりません。発声をすることが難しいということはどういう気持ちなのか、言葉が出てこないもどかしさはどんなものかの理解ができなければ患者に寄り添うことも難しいでしょう。 また、子供は自分の気持ちを伝えることが苦手なケースも多いので、子供が相手の場合はより一層気持ちを汲み取ることは困難を伴います。ですので、障がい者だから、高齢者、子供だからと決めつけることのない、偏見の目を持たない方は言語聴覚士に向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの言語聴覚士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る