理想の就活/転職のための
自己分析サイト

専門職適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今専門職の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい専門職に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの専門職適性診断結果

あなたの適性度は56%で、専門職の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。専門職を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

専門職に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.コミュニケーション能力が高い
2.身に着けた専門スキルの仕事を楽しめる
3.自分に向いている仕事を選べる
4.探究心がある
5.指導力がある
6.発想力がある
7.冷静に判断して行動できる
8.人の意見に耳を傾けることが出来る
9.責任感がある
10.体力がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 コミュニケーション能力が高い 』

あまり兼ね備えていない

専門職においてコミュニケーション能力はとても重要です。弁護士なら相談に来た人の話を親身になって聞く力が求められます。医師や看護師なら、同じ職場の人とのコミュニケーションがうまく取れないとサービスにも支障が出てしまいますし、患者とのコミュニケーションも日常茶飯事です。専門職の人たちは周りから「先生」と呼ばれたりすることもありますが、そのように人から頼られることの多い仕事ですので、人間関係を円滑にするためのコミュニケーション能力の高い人が向いています。

『 身に着けた専門スキルの仕事を楽しめる 』

あまり兼ね備えていない

専門職の仕事は高い専門知識を要するものが多く、国家試験に合格しないと仕事をすることすら出来ない職業もあります。そのため、向いている人としてはその分野、または仕事自体が好きな人が向いています。好きこそものの上手なれで、難しい国家試験の勉強をするときも、好きなことなら物覚えも早くなります。試験勉強の辛さも、好きなことのためなら耐えられたりしますので、仕事が好きということは大きなアドバンテージです。

『 自分に向いている仕事を選べる 』

そこそこ兼ね備えている

いろいろな専門職がありますが、職業適性が高さも向き不向きに関係してきます。例えば介護職では、高齢者に対して思いやりのある人、誠実な人、責任感のある人は適性が高いです。その仕事が好きだからといって、必ずしも適性があるとは限りませんので、専門職を目指す人は職業適性も頭に入れておきましょう。

『 探究心がある 』

だいぶ兼ね備えている

一般職が広く浅くだとすると、専門職は狭く深く、専門的なことだけを突き詰めていく仕事です。専門職へ就くため国家試験に合格した後も、それで終わりではなく、基本的に日々勉強を続けて行かなければいけません。法律、医療、不動産、会計、建築と他分野の専門職がありますが、業務を行う上で法改正や技術進化についていく必要もよくでてきます。その際、新しい知識を積極的に吸収していこうとする探究心がある方のほうが有利です。

『 指導力がある 』

十分に兼ね備えている

専門職によっては、専門家として意見を求められたり、人から相談されるケースもあります。その際に、上手に物事を教えたり、アドバイスできる指導力が重要です。教員も専門家の一つですが、子供に対して勉強だけではなく、社会のルールやマナーを教えたりします。指導者としての立場になることが多い仕事ですので、指導力のある人は仕事も行いやすくなります。

スポンサーリンク

『 発想力がある 』

そこそこ兼ね備えている

クリエイティブ系の専門職では発想力が求められることもあります。イラストレーター、3DCGアーティストといった専門職は、全く新しいデザインやキャラクターを作る仕事もあり、頭が柔軟で発想力豊かな人は有利です。また、仕事上の困難に遭遇した際にも、発想力があればその状況を打破することが出来る場合もあります。専門的で難しい仕事だからこそ、発想力があると困難を切り抜けやすくなります。

『 冷静に判断して行動できる 』

そこそこ兼ね備えている

専門家としてアドバイスをするにあたって、冷静な判断力と行動力が求められます。警察官や消防士等の専門職では、冷静に現場の状況を見極め、判断を下し、行動に移します。一つの判断によって結果が大きく変わることもある責任重大な仕事です。そのため、冷静な判断力と行動力を持ち合わせた人が向いてきます。

『 人の意見に耳を傾けることが出来る 』

だいぶ兼ね備えている

専門職では職人気質の人は向いていますが、頑固過ぎず人の意見に耳を傾ける余裕も大切です。今はインターネットがあり、簡単に色々な専門家の情報を調べられますので、お客さんの意見を門前払いするようでは顧客の獲得は難しくなります。独立開業される場合、顧客が増えなければ経営も安定しませんので、信頼を得られるよう聞く耳を持てる人が専門職では向いてきます。

『 責任感がある 』

そこそこ兼ね備えている

専門職は何度も相談者やクライアントと話をした上で行う仕事も多いです。自身が行った提案や判断が、相談者やクライアントの損得に大きく影響することもありますので責任感が求められます。専門職は高い報酬がもらえる仕事もある反面、それだけ責任を求められる仕事ですので、責任感を持って業務を行いましょう。

『 体力がある 』

あまり兼ね備えていない

専門職は頭だけではなく体を使う仕事もあり、健康で体力のある人が向いています。鳶職、漁師や庭師などの仕事は体を動かす仕事ですので、毎日の業務を遂行できるだけの体力は重要です。体を使う専門職では怪我や病気をすると、仕事が出来なくなってしまいますので、怪我や病気にも強い体を持っている人は向いています。これから専門職を目指すなら日々の健康管理や、怪我や病気をしない肉体作りをしていきましょう。ちなみに、知的労働を行う専門職でも、頭を使うことで疲労しますので精神的にもタフな人が向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの専門職適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る