理想の就活/転職のための
自己分析サイト

空間デザイナー適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今空間デザイナーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい空間デザイナーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの空間デザイナー適性診断結果

あなたの適性度は56%で、空間デザイナーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。空間デザイナーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

空間デザイナーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.美的センスがある
2.創造性の高いモノ作りが得意
3.細かなことへのこだわりを持てる
4.合理的な思考ができる
5.人の話を聞いて要望を引き出すのが得意
6.コミュニケーション能力が高い
7.最新のトレンドはしっかり押さえる
8.街に関心が高い
9.スケジュール管理能力が優れている
10.フットワークが軽く、タフで体力がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 美的センスがある 』

あまり兼ね備えていない

空間をデザインするにあたっては、空間や色彩の美的センスを磨いておくことが大切です。クライアントの依頼の意図を正確に理解し、どのような空間を創り上げればよいかを提案できるよう、美的なセンスを研ぎ澄ませておく必要があります。室内空間のデザインでは、照明の使い方も重要なポイントになります。空間デザイナーとして活動するには、あかりに関する感覚も優れていることが好ましいでしょう。

『 創造性の高いモノ作りが得意 』

あまり兼ね備えていない

空間デザインの仕事は、デザイナー本人の創造力の質によって大きく完成度が変わります。他者から一目置かれるような豊かな創造力を余すことなく生かして、心地よい空間をデザインできるのが理想です。自分ならではの創造力を発揮したデザインができると、デザイナーとしての評価が高まりやすくなります。

『 細かなことへのこだわりを持てる 』

そこそこ兼ね備えている

創造力や美的なセンスを生かせる空間デザイナーは、華やかなイメージが強い職業かもしれませんが、細かで緻密な作業も伴います。クライアントやユーザーが使いやすいように、ミリ単位にまでこだわって検討を重ねる作業は、長時間に渡ることもあり得ます。デザインの詳細を詰めてゆく作業を苦痛と感じることなく、地道に取り組めるようなタイプの人は、空間デザイナーに向いていると言えるでしょう。

『 合理的な思考ができる 』

だいぶ兼ね備えている

空間デザインを適切にこなす上では、合理的な思考を持っていることも大切です。デザインに求められているものは何かを客観的に見つめ、クライアントやユーザーが満足できるデザインに落とし込むことができる力を身に付けましょう。また、常に予算を意識して仕事をするという点も忘れてはならない重要なポイントです。予算内で最大限の高いパフォーマンスを実現できるよう心掛けることが必要です。

『 人の話を聞いて要望を引き出すのが得意 』

十分に兼ね備えている

空間デザイナーは、自分の好みで空間を作るのではなく、クライアントの要望に合わせた空間を作るのが仕事です。クライアントの意向を確認し、考えを適切に汲み取るためのヒアリング力があると、求められるデザインのイメージを把握しやすくなります。ヒアリング力、傾聴力を磨いて、真摯に相手の話を聞く姿勢を貫くことが大事です。

スポンサーリンク

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

クライアントへのヒアリングのみならず、施工業者とやり取りすることもあり、空間デザイナーは人との関わりが意外と多い仕事です。自分の立場を踏まえた上で相手に向き合い、必要に応じて自分の意見もきちんと伝えられるのが好ましいあり方です。様々な人と関わることになりますので、場に応じてコミュニケーションを円滑に取れる人を目指しましょう。

『 最新のトレンドはしっかり押さえる 』

そこそこ兼ね備えている

デザイン関係の仕事は、トレンドと無縁ではいられない世界です。空間デザインに関しても、日々進化する素材についての知識を吸収したり、デザインの流行の変遷を追ったりして、トレンドに敏感でいることが、デザインを手掛ける上で大いにプラスになります。ショッピングなどで訪れた店舗のデザインからトレンドを知ることもできますので、トレンドを追求する姿勢を保ち続けるようにしましょう。

『 街に関心が高い 』

だいぶ兼ね備えている

空間デザインのヒントになるものは、街中にあふれています。建築物の空間の使い方や採光の工夫を確認したり、人が多く集まる場所にはどんな特徴があるかをチェックしたり、といった空間のあり方についての問いを持ち続けて暮らすことで、空間デザインへのヒントを得ることができます。日常の延長線上で吸収した知識を空間デザインに巧みに生かせるようにすることが大切です。

『 スケジュール管理能力が優れている 』

そこそこ兼ね備えている

空間デザインは、スケジュールの段階を追って、作業に遅れが生じないように潤滑に進めていく必要があります。納期をきちんと守ることに加えて、万一何らかのトラブルが発生した場合にも対処できる能力があることが好ましいでしょう。仕事の経験を積むにつれ、複数の案件を同時に抱えることが増えてくると、それぞれの納期をしっかり把握してスケジュール管理ができるようになることが求められます。

『 フットワークが軽く、タフで体力がある 』

あまり兼ね備えていない

空間デザイナーは、デスクワークでデザイン図を描いたりする作業のほかに、実際に現場に立って施工を手掛けたり、重い物を運んだりする作業もこなします。アーティストというイメージもあるデザイナーの仕事ですが、体力が役立つ面も大いにありますので、意識して体力づくりをするよう心掛けましょう。クライアントとの打ち合わせをしたり、空間の装飾に使う小物や装飾品を探したり、といった作業も空間デザイナーの仕事の一部です。机にかじりつくことなく、臨機応変に、軽いフットワークで動ける人が向いている職業と言えるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの空間デザイナー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る