理想の就活/転職のための
自己分析サイト

音響エンジニアに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今音響エンジニアの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい音響エンジニアに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの音響エンジニア適性診断結果

あなたの適性度は40%で、音響エンジニアの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。音響エンジニアを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

音響エンジニアに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.音楽に関する知識が豊富
2.音を聞きわける耳の良さがある
3.楽器に対する理解が深い
4.音響機材を扱う技術力を身につけている
5.コミュニケーション能力が高い
6.臨機応変に対応できる柔軟性を持つ
7.体力に自信がある
8.自分の仕事に情熱を注ぎ続けられる
9.向上心があり学ぶことが好き
10.トレンドに敏感でおしゃれ
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 音楽に関する知識が豊富 』

兼ね備えていない

音響エンジニアは、音楽関係のイベントや収録を支える大切な役割を果たす職業であり、音楽に関する豊富な知識が求められます。色んなジャンルの音楽に関わる可能性があるため、特定のジャンルに限らず、幅広いジャンルの音楽に対する理解を深めておくことが好ましいでしょう。音の鳴る仕組みといった基本的なことはもちろん、音楽理論や音楽の歴史について知っておくと、大いに活用できます。

『 音を聞きわける耳の良さがある 』

兼ね備えていない

音質を調整する音響エンジニアにとって、音質を聞き分けられる力は不可欠です。どのような音質が心地よく感じられるのかを理解し、音響の仕事に生かせるようにして下さい。微妙な調整によって、音楽の印象は大きく異なってきます。音響エンジニアが働く現場は、スタジオやライブハウス、音楽ホールなど様々です。音質に敏感に反応し、会場による響きの違いを聞き分けられる優れた力を身につけようにして下さい。

『 楽器に対する理解が深い 』

そこそこ兼ね備えている

コンサートやライブで使用される楽器の種類は多種多様なものです。比較的よく使用されるメジャーな楽器から民族楽器に至るまで、個々の楽器の特徴に関する知識を身につけるようにして下さい。楽器の音色や奏法の違いを理解しておくことは、奏者とのコミュニケーションを取る上でも重要となります。似た音色を持つ楽器であっても、音色を瞬時に聞き分けられる力を鍛え、仕事に役立てられるのが理想です。

『 音響機材を扱う技術力を身につけている 』

兼ね備えていない

音響エンジニアは、ミキサーやコンプレッサーといった色んな音響機材を使う仕事です。機材の操作方法をしっかり覚えて、現場でスピーディーに機材を扱えるだけの経験を積んでおくのが望ましいでしょう。機材操作の高い技術力は、音響エンジニアとしての評価につながります。音響関連の用語には、英語が使用されることも多いため、英語に対する苦手意識を持つことなく、正しく用法や意味を理解することも不可欠です。

『 コミュニケーション能力が高い 』

兼ね備えていない

音響エンジニアが働く現場には、他にも裏方として支えるスタッフが多数います。また、音響エンジニアがアーティストと直接コミュニケーションを取らなければならないシーンもあることでしょう。音響エンジニアは、多様な個性を持つ人と円滑にコミュニケーションを取って、必要なことを正確に伝えたり、調整したりできる能力が求められる職業なのです。相手に真摯に向き合って、言葉を適切に選んでやり取りできる高いコミュニケーション能力が求められます。

スポンサーリンク

『 臨機応変に対応できる柔軟性を持つ 』

兼ね備えていない

ライブや収録においては、想定外の出来事が生じることもあります。音響エンジニアとして働くなかでは、大勢のお客さんが入っている会場で、重大な判断を迫られることもあるかもしれません。不測の事態が起こった時でも、冷静沈着な態度を保ち、最適な対応ができる柔軟性を持っていると、現場で役立つ人材になれるでしょう。多少のことには動じず、臨機応変に対応できる力を身につけてください。

『 体力に自信がある 』

十分に兼ね備えている

音響エンジニアの仕事は、体力が求められる仕事です。音響機材を運搬する作業を任されたり、会場の設置を手伝ったり、と力作業を担うことも多いので、体力を鍛えておくのが好ましいでしょう。音楽を届けるための会場づくりに携われる喜びを感じられる人は、仕事にやりがいを感じて長続きしやすいと言えます。繊細な機材を取り扱うための注意点を心得ておくことも大切です。

『 自分の仕事に情熱を注ぎ続けられる 』

そこそこ兼ね備えている

音楽づくりに幅広く関わる音響エンジニアは、バイタリティがあり、自分の仕事に情熱を注ぎ続けられる人に適した職業です。時には、厳しい意見を言われて、落ち込むこともあるでしょう。体力的にも精神的にも限界を感じるほど大変な時期であっても、音楽を好きだという気持ちを見失わず、自分の仕事に対して真摯に取り組める人であれば、音響エンジニアとして成長できるはずです。

『 向上心があり学ぶことが好き 』

だいぶ兼ね備えている

音響の技術は、日々進歩し続けています。エンジニアとして仕事をするには、新しい技術を学んで吸収する姿勢を持ち続けることが大切です。任された音響の仕事を集中して取り組む姿勢を崩さない一方で、新たな技術にもキャッチアップする姿勢が常に求められます。向上心があって、勉強するのが苦ではない人は、音響エンジニアとしての適性を持っている人です。

『 トレンドに敏感でおしゃれ 』

そこそこ兼ね備えている

音響関係のことはもちろん、音楽やアートに関するトレンドをしっかり把握しておくことは、音響エンジニアの仕事の質を高めてくれます。仕事仲間とのコミュニケーションを取る上でも、流行の音楽やアートの話題は欠かせません。音響エンジニアは、トレンドに敏感でおしゃれな人に適した仕事だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの音響エンジニア適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る