理想の就活/転職のための
自己分析サイト

社会福祉主事に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今社会福祉主事の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい社会福祉主事に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの社会福祉主事適性診断結果

あなたの適性度は47%で、社会福祉主事の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。社会福祉主事を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

社会福祉主事に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人の役に立つのが好き
2.社会貢献に対する意識が高い
3.地域への愛着を持っている
4.コミュニケーション能力が高い
5.人の話を聞くのが得意
6.相手の立場に立って考えられる
7.長期的な視野で物事を捉えられる
8.書類作成が得意
9.口が固く秘密を守れる
10.社会問題に詳しい
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 人の役に立つのが好き 』

兼ね備えていない

高齢者や障害を持つ人をサポートする立場である社会福祉主事は、人の世話をするのが好きな人に適した職業です。社会福祉主事は、相談に来る人の話を丁寧に聞き、適切なアドバイスをすることが求められます。仕事によって人の役に立ちたいというタイプであれば、社会福祉主事になることを検討するとよいでしょう。

『 社会貢献に対する意識が高い 』

そこそこ兼ね備えている

社会福祉主事は、福祉に携わって社会貢献をしたいと考えている人に向いています。社会的に弱い立場の人にとっても暮らしやすい社会づくりに貢献できる社会福祉主事の仕事は、大変なことも多い一方で、やりがいを感じやすい仕事でもあります。社会との結びつきを大切にしながら仕事に勤しむことが大事です。

『 地域への愛着を持っている 』

そこそこ兼ね備えている

社会福祉主事は、自身が働く地域に対する理解の深さを求められる仕事でもあります。地域への愛着があり、その地域に馴染もうとする姿勢を持っている人が、社会福祉主事に適していると言えるでしょう。地域によって、必要とされる社会福祉サービスの内容や質にも差があるものです。社会福祉主事は、その地域において重点的に取り組むべき課題について洞察する力も求められます。

『 コミュニケーション能力が高い 』

あまり兼ね備えていない

社会福祉の仕事においては、他者と密にコミュニケーションを取ることが重要です。対象者の状況に変化が生じた場合には、速やかに連携を取って対応をすることが求められます。社会福祉関係の従事者のみならず、医療関係者との連携も不可欠です。社会福祉のサービスだけでは対応できないと判断される場合は、医療機関に連絡をして、対象者が適切な医療サービスを受けられる環境を整えることが必要です。対象者の家族と連絡を取ることも社会福祉主事にとっての重要な仕事のひとつです。幅広い人と適切にコミュニケーションを取ることが大事です。

『 人の話を聞くのが得意 』

十分に兼ね備えている

社会福祉主事に相談する人の立場や相談内容は、様々に異なります。社会福祉主事は、どのような人からの相談であっても、その相談に真摯に向き合い、本質を見抜く傾聴力が求められる仕事です。高齢の人のなかには、同じ話を何度も繰り返す人もいます。そのような人に対しても、人の話の腰を途中で折ることがないように注意して、じっくり耳を傾けることが必要です。

スポンサーリンク

『 相手の立場に立って考えられる 』

そこそこ兼ね備えている

社会福祉主事は、社会的に弱い立場の人から相談を持ちかけられることも多い職業です。相手を見下したり偏見を持ったりして接することがないよう心掛けることが大事です。相手が置かれている立場を想像して、できるだけ相手に寄り添って話を聞くことが求められます。親身になって話を聞く姿勢が求められる一方で、感情に流されないように留意することも重要です。感情移入してしまうと、適切な判断を誤る原因ともなり得ます。相手と適切な距離を取って対応することが、社会福祉主事には不可欠です。

『 長期的な視野で物事を捉えられる 』

あまり兼ね備えていない

社会福祉の仕事は、すぐに結果が出るものではありません。社会福祉主事として相談者の問題解決のために尽力しても、なかなか目に見える成果が得られないこともあるでしょう。社会福祉主事は、そのような状況にあっても、焦ることなく、じっくり問題に取り組む姿勢が求められる職業です。長期的な視野で物事をとらえられる人は、社会福祉主事としての適性があります。

『 書類作成が得意 』

そこそこ兼ね備えている

対象者の相談を聞くことに加えて、書類を作成することも社会福祉主事の大事な仕事です。援助を受けるために必要な申請書類を正確にかつ迅速に作成して提出する行為が、相談者を助けることにもつながります。書類作成の能力を持っていると、社会福祉主事としての仕事をより円滑にこなせることでしょう。

『 口が固く秘密を守れる 』

そこそこ兼ね備えている

個人情報を守って仕事をすることはどのような職業にとっても大切ですが、個人的な悩みを打ち明けられる機会の多い社会福祉主事は特にプライバシーを遵守する姿勢が求められる職業のひとつです。対象者からの相談は、経済的な状況も含めたセンシティブな内容を含むものです。例え話のような形であっても、仕事上に触れた情報を口外することは禁物です。口が堅く、職業上の秘密を漏らすことのない人であれば、社会福祉主事としての信頼を勝ち得ることができるでしょう。

『 社会問題に詳しい 』

そこそこ兼ね備えている

社会福祉主事は、社会問題や時事問題に対する知識を求められる仕事です。社会的弱者の置かれている状況を理解しておくことが、対象者と接する上では不可欠です。貧困や障害といった様々な社会問題に関する知識を得て、掘り下げて考える力を身につけることが求められます。常にアンテナを張って、貪欲に知識を吸収し、勉強を続ける姿勢が必要な職業です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの社会福祉主事適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る