理想の就活/転職のための
自己分析サイト

歌手に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今歌手の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい歌手に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの歌手適性診断結果

あなたの適性度は44%で、歌手の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。歌手を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

歌手に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.歌うことがとにかく好き
2.不屈の精神を持っている
3.歌以外の強みを持っている
4.人から個性があると言われる
5.継続力がある
6.人前に出るのが好き
7.高い表現力がある
8.自己投資を惜しまない
9.記憶力がある
10.体力に自信がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 歌うことがとにかく好き 』

だいぶ兼ね備えている

歌手を続ける上で一番大切なのが、歌うことが大好きという気持ちです。歌手としての活動だけで生活できるのは、ごくわずかです。歌が好きならば、巨大な壁が立ちふさがってもそう簡単にあきらめませんし、辛いトレーニングにも一生懸命取り組んでいけます。「歌が好きな気持ちはだれにも負けない」、そのような人は歌手に向いているでしょう。

『 不屈の精神を持っている 』

そこそこ兼ね備えている

歌手に向いているのは、何があってもあきらめないという強い気持ちをもっている人です。歌手として活動していると、上手くいかないことや、不条理なことにも、巡り合うこともあるでしょう。困難に耐え、根気よく続けるためには、何があってもあきらめない、どんなことがあっても立ち向かっていくという不屈の精神を持っていることが大切です。

『 歌以外の強みを持っている 』

十分に兼ね備えている

ただ歌が歌えるというだけでは成り立たないのが、歌の世界です。ライバルもたくさんいますし、歌手として人気を集めるためには、自分の中で強みだと思えるものを沢山持っておくことが大切です。例えば、歌唱力があるだけでなく、楽器を弾く能力や、作詞・作曲のセンス、ダンスなどができると、表現の幅や仕事の幅は広がっていくでしょう。歌が得意という以外にも多様な強みを持っている人は、歌手としての自分の価値を高めることができるので、向いていると言えます。

『 人から個性があると言われる 』

あまり兼ね備えていない

歌手を目指す人は多いので、圧倒的な個性や自分らしさがないと、埋もれてしまいます。声質、歌い方、ファッションなど、キラリと輝く個性があれば、歌手としてのファンもつきやすいですし、メディアにも注目されやすくなるでしょう。個性があるということは、歌手として活動する上で、大きな武器になります。唯一無二の個性がある人は、歌手に向いていると言えます。

『 継続力がある 』

そこそこ兼ね備えている

歌手として活動するためには、継続力がとても大切になってきます。プロの歌手になる道のりは遠く、なかなか芽が出ない状況でも、努力し続けなければいけません。音楽に対する情熱が冷め、ボイストレーニングをサボってしまうと、パフォーマンスのレベルが下がってしまいます。継続することでテクニックが磨かれ、音楽家として成長できるので、継続力がある人は歌手に向いています。

スポンサーリンク

『 人前に出るのが好き 』

そこそこ兼ね備えている

歌手として活動するためには、人前に出るのが好きということが大切になっていきます。歌手になれば、ライブコンサートなど、多くの観客の前でパフォーマンスを披露する機会も増えていきます。あがり症だと、素の自分や、本来の実力を出せないということに繋がってしまうでしょう。 人前に出るのが好きならば、自分の能力やパフォーマンスを発揮しやすくなりますし、楽しみながら仕事を続けやすいでしょう。

『 高い表現力がある 』

あまり兼ね備えていない

歌手に向いているのは、表現力がある人です。歌手は、歌詞に込められた深い思いを理解し、それを歌で表現していく力が求められます。歌で感情表現ができると、相手に伝わる歌になります。表現力があり、人を感動させる歌が歌える人は、歌手に向いているでしょう。

『 自己投資を惜しまない 』

兼ね備えていない

歌手になるのが向いているのは、自分の成長のために出費を惜しまない人です。歌手という職業は、自分が成長することで、より多くの人に感動を与えたり、幸せな気持ちにさせたりできるお仕事です。成長するためには、ボイトレに通ったり、何かしらの楽器を習ったり、プロの歌手と交流して技術を学んだりする必要があるでしょう。自分自身にお金や時間を投資し、自分を成長させることが好きな人は、常に歌手としてレベルアップをしていくことができます。

『 記憶力がある 』

兼ね備えていない

歌手として活動するためには、記憶力が良いということもポイントになっていきます。歌手を悩ます課題の一つが、歌詞を一語一句間違わずに覚えることです。歌詞を途中で間違えてしまっては、せっかくの素晴らしい歌も、台無しにしてしまいかねません。歌うのと同時に楽器を弾く場合は、楽譜を見ずに弾けるよう、隅から隅まで覚える必要があるでしょう。記憶するのが得意な人は、歌手としての適性が高く、向いていると言えます。

『 体力に自信がある 』

十分に兼ね備えている

歌手に向いているのが、体力に自信がある人です。歌を歌うのは意外と体力を使いますし、人によっては、歌を歌いながらステージ上でダンスをしたり、楽器を弾いたりなどのパフォーマンスを披露することもあるでしょう。体力がないと、歌っている途中でばててしまい、パフォーマンスの出来に影響を与えてしまいます。ボイトレでも筋トレは必要ですし、体力をつけたり、筋トレをしたりすることも、歌手としての技術や表現力を高めるために必要です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの歌手適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る