理想の就活/転職のための
自己分析サイト

手話通訳士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今手話通訳士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい手話通訳士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

手話通訳士に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの手話通訳士適性診断結果

あなたの適性度は39%で、手話通訳士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。手話通訳士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

手話通訳士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.語彙力・表現力が豊か
2.福祉に対する理解がある
3.相手の立場で物事を考えられる
4.人とのコミュニケーションが好き
5.根気強い
6.集中力がある
7.体力がある
8.障害に対する理解がある
9.人の役に立ちたい
10.学び続ける意欲がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 語彙力・表現力が豊か 』

そこそこ兼ね備えている

手話通訳士は、聴覚に障害を持つ人に言葉を伝える仕事ですので、語彙力や表現力といった「国語力」が必要です。相手の伝えたいことを理解し、もう一方の相手に誤解なく伝えるには、語彙力・表現力がとても大切です。手話に限らず、様々な言語に対する興味があることは表現力の豊かさにつながります。国語に限らず、外国語の知識や興味も表現を深める要素となります。

『 福祉に対する理解がある 』

だいぶ兼ね備えている

手話通訳士として聴覚に障害のある人と関わりますので、当然、障害や福祉に関する理解が必要です。手話通訳士の仕事として、市区町村の役所などでの手続きの仲介もありますが、福祉の制度や理念への理解があることが重要になります。福祉の制度は複雑で、年々仕組みが変わっていきますので、常に情報を更新していく必要があります。また、一般に福祉の理念が知られていない現状もありますので、福祉の理念を念頭に置いてやり取りができることが望まれます。

『 相手の立場で物事を考えられる 』

あまり兼ね備えていない

手話通訳士は、「話す人」「聞く人」の橋渡しをする仕事ですので、相手の立場を深く想像できる洞察力が必要です。自分目線の理解ではなく、相手が伝えたい真意は何なのかを常に考えることで、コミュニケーションは深まります。人それぞれに経験してきたことは違いますので、自分の持っている常識を他者に当てはめたりせず、相手の立場なら物事はどう見えるだろうか、という疑問を常に持ち続けることは、障害のある人に限らず様々な人とのコミュニケーションをスムーズにします。

『 人とのコミュニケーションが好き 』

だいぶ兼ね備えている

手話通訳士は「会話」の手助けをする仕事です。人とのコミュニケーションが好きであること、そもそも人が好きであることは、会話の相手との関係性の築き易さにつながります。人と関わる仕事の基本とも言えます。どのような人であっても、機嫌よく会話を続けられる人との方がコミュニケーションがスムーズにいきますので、単純なことのように思われますが、人が好き、という気持ちはとても大切な要素です。

『 根気強い 』

兼ね備えていない

手話通訳士になるための手話通訳技能認定試験の合格率は、毎年10%前後であり、難易度の高い試験です。合格のための勉強に根気の良さが必要です。またその後もコミュニケーション技術などは年々変わっていきますので、たゆまず勉強し続けられる人が向いていると言えます。また、公的資格としての手話通訳士だけではなく、公共施設などで手話を活かせる仕事もあります。どちらにしても、人間や文化に興味を持ちコミュニケーション能力を高め続ける根気が必要です。

スポンサーリンク

『 集中力がある 』

そこそこ兼ね備えている

手話通訳士は会話の仲介をしますので、双方の話を間違いなく伝えるよう、神経を使う集中力が求められます。一般の通訳と同様に、相手の言葉を聞き洩らさない集中力が必要ですので、神経の細やかさと気力の強さの両方が求められます。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

手話通訳士は体力とはあまり関係なく思われがちですが、実際は、講演などの舞台上で長時間通訳をすることもあり、集中力と共に体力も必要です。また、長時間手・指・腕を動かし続けるため、腱鞘炎などになりやすいですので、自身の身体のメンテナンスに対する理解も大切です。神経を使う仕事でもあるので、体力に余裕があることは重要です。

『 障害に対する理解がある 』

そこそこ兼ね備えている

手話通訳士は聴覚に障害のある人と関わりますので、障害に対する理解は必須です。障害のある人は、健常者では経験しない体験をしていたりするので、相手が伝えたいことの真意をくみ取る洞察力が大切です。また、障害は重複することも多く、聴覚だけではなく様々な病気や障害に関する知識も持っていることが望まれます。

『 人の役に立ちたい 』

あまり兼ね備えていない

人の役に立ちたいという気持ちが強い人のほうが、手話通訳士に向いています。聴覚に障害がある、ということは様々な場面で不便がありますので、その不便を解消させたい、役に立ちたい、という気持ちは大切です。福祉に関わる職業全般に言えることです。障害や福祉に対する理解というのは、結局は人の役に立ちたい気持ちとつながっていますので、人の役に立ちたい気持ちを持って障害や福祉に関する理解を深めていくことが重要になります。

『 学び続ける意欲がある 』

兼ね備えていない

手話通訳士は人と深く関わる仕事ですので、人間そのものについて興味を持って学び続けられる人が向いています。普通の会話でも共通した趣味を持った人との方がコミュニケーションがスムーズに行くのと同様で、様々な文化に興味を持って吸収していくことで手話通訳もスムーズになります。また、専門性の高い学会などの通訳では、専門知識も必要になってきますので、様々なことに興味を持ち勉強し続けられる性格が望まれます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの手話通訳士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • 手話通訳士に向いているか向いていないか
  • 手話通訳士の職業適性度
  • 手話通訳士に必要な10の資質
  • 解説で手話通訳士に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る