理想の就活/転職のための
自己分析サイト

棋士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今棋士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい棋士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

棋士に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの棋士適性診断結果

あなたの適性度は55%で、棋士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。棋士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

棋士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.研究熱心で長時間考えるのが苦でない
2.負けん気が強い
3.精神力が強い
4.新しいアイデアをよく閃く
5.高い集中力がある
6.臨機応変に対応できる
7.記憶力が良い
8.論理的な思考が得意
9.将棋が好き
10.気持ちの切り替えが早い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 研究熱心で長時間考えるのが苦でない 』

あまり兼ね備えていない

棋士に向いている人の特徴というと、研究熱心であることが挙げられます。順調に勝利を重ねていく棋士の多くは、一日中将棋について考えていると言われています。そもそも将棋というのは、相手から奪った駒を使うことができる世界でも珍しい競技です。持ち駒によって指し手が無限に増えることから、現在でも新しい戦法が生まれているのです。したがって、より研究熱心な棋士が勝負に勝つチャンスを広げられると言えます。

『 負けん気が強い 』

そこそこ兼ね備えている

負けん気が強いのも棋士に必要なスキルと言えるでしょう。そもそも将棋とは、一手一手に考えを巡らしながら勝機をうかがう競技です。また、プロ棋士になった後の収入は基本的に対局料、賞金などによって決まるものです。勝敗が収入に直結するので、誰よりも強くなりたいという負けん気がなければ棋士であり続けるのは難しいです。したがって、誰よりも心のうちに闘志をみなぎらせている方が棋士として成功すると言えます。

『 精神力が強い 』

そこそこ兼ね備えている

将棋は相手との戦いでもありますが、自分自身との戦いでもあります。したがって、棋士になるには強い精神力が求められます。重要な局面になると、将棋は一手を指すのに数時間もかかることは珍しくありません。数時間もかけて自分が勝てる戦法を考えつくすのです。考えるのが嫌になって途中で諦めてしまうようだと、強い棋士になれません。そのため、精神的なタフさが大切です。

『 新しいアイデアをよく閃く 』

十分に兼ね備えている

ひらめく能力も棋士として成功するためには必要です。将棋の対局の際、棋士は先読みしながら最善の手はどれなのか考えていきます。将棋を打つ時間は制限があるので、最善の手が打てるかどうかは一瞬のひらめきにかかっています。最善の手を見誤ってしまうと、勝負を左右してしまうこともあります。そのため、棋士にはひらめく能力がとても重要です。

『 高い集中力がある 』

あまり兼ね備えていない

棋士に向いている人の特徴というと、高い集中力を維持できることも挙げられます。将棋は長時間にわたって行われるものなので、最後まで高い集中力を維持する必要があります。注意力が散漫になると、考えられないようなミスをしてしまうかもしれません。序盤のミスならば取り返しがつきますが、重要な局面でミスをすると試合の流れが相手に傾いてしまいます。勝てる棋士になるには、高い集中力を保てることが求められます。

スポンサーリンク

『 臨機応変に対応できる 』

あまり兼ね備えていない

臨機応変に対応できるスキルも棋士になるためには必要です。将棋を指しているとミスをしてしまうことは誰にでもあります。そのような場合、プロの棋士なら焦らずに冷静に対応していかなければいけません。もしもミスで頭が混乱して冷静に対処できないと、最善の手を見出すことができません。したがって、不測の事態に陥ってもチャンスに変えることができる対応力が必須です。

『 記憶力が良い 』

あまり兼ね備えていない

棋士として活躍するためには、記憶力も必要なスキルです。そもそも将棋というのは、いくつもある駒の動きを正確に把握しなければいけません。記憶力が備わっていれば、駒の配置、動きなどを脳内にきちんとストックできます。そして、相手がどれだけ勝ち筋のルートを持っているのか予想でき、最善の手を打つことができます。記憶力の良さは棋士にとって大きな武器になるので、棋士として成功するには必要な能力です。

『 論理的な思考が得意 』

十分に兼ね備えている

論理的な思考力も棋士として活躍するために必要なスキルです。将棋とはふと集中力が切れてしまうと、どのように攻めれば良いのか分からなくなってしまいます。また、相手がどのような攻めをしているのかも把握しにくくなってしまうのです。ただ論理的な思考力があれば、直前の駒、指し手から次にどの駒を指すのが最善なのか瞬時に判断することが可能です。駒同士の意味の紐付けができて勝機を見出しやすくなるので、論理的な思考力は棋士には必須の能力といえます。

『 将棋が好き 』

十分に兼ね備えている

棋士に向いている人というと、将棋が心の底から好きであることも挙げられます。将棋が大好きならば、どんなに負けたとしても諦めずに強くなれるように努力できるからです。また、もっと強い棋士になるために他の棋士同士の対局をチェックして勉強に多くの時間を費やせます。様々な知識を吸収していくので、より強くなる可能性があります。

『 気持ちの切り替えが早い 』

十分に兼ね備えている

切り替えが早くできるのも棋士に必要なスキルと言えるでしょう。棋士は、一年で平均して30から40くらいの対局を行います。1つの対局を終えたらすぐに対局を行うのが当たり前です。したがって、負けの悔しさを引きずっていたら、次の対局で自分の能力を最大限に発揮することができません。したがって、うまく気持ちを切り替えていくスキルが求められます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの棋士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • 棋士に向いているか向いていないか
  • 棋士の職業適性度
  • 棋士に必要な10の資質
  • 解説で棋士に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る