理想の就活/転職のための
自己分析サイト

シューフィッターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今シューフィッターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいシューフィッターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのシューフィッター適性診断結果

あなたの適性度は54%で、シューフィッターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。シューフィッターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

シューフィッターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.靴に詳しい
2.ファッションに詳しい
3.医療に関する興味が強い
4.スポーツ関連の知識が豊富
5.優れた色彩感覚がある
6.最新の流行に敏感
7.体力がある
8.忍耐力があり我慢強い
9.高いホスピタリティ精神がある
10.地道な努力ができる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 靴に詳しい 』

十分に兼ね備えている

それぞれのお客さんに合う靴を選ぶシューフィッターには、靴に関する知識が求められます。靴の役割や構造から、多様な靴の種類に至るまで、幅広い知識を持つ必要があるのです。顧客にぴったりの靴を上手に勧めるために、靴を作るメーカーやブランド名、その特徴についても理解を深めておきましょう。デザイナーや靴職人の靴にかける想いを理解し、お客さんにうまく伝えることも大切です。

『 ファッションに詳しい 』

そこそこ兼ね備えている

シューフィッターは、ファッション関連の職業のひとつです。そのため、靴に限らず、多様なファッションについての知識を持っておくことが、シューフィッターとして活躍する上で不可欠となります。靴に合わせたファッションコーディネートを提案することは、靴をより上手に履きこなしてもらうことにつながるでしょう。ビジネス用の靴、旅行用の靴など、目的に合う靴を求めるお客さんも多いため、TPOに合う靴やファッションを提案できるようにして下さい。

『 医療に関する興味が強い 』

十分に兼ね備えている

お客さんが長く快適に履ける靴を見つくろうためには、人体の構造や医療に関する知識が大切です。シューフィッターの勧める靴が、お客さんの健康の向上につながることもある一方で、判断を誤ってしまった場合には靴擦れを起こしてしまうなど健康を害する可能性もあり得ます。足の形を正しく把握した上で、適した靴を上手に選ぶようにして下さい。健康志向の高まりと共に、靴と健康に関する知識を持つお客さんも増えているので、知識が豊富なお客さんにもきちんと対応できる能力が必要となります。

『 スポーツ関連の知識が豊富 』

だいぶ兼ね備えている

動きやすさ、活動のしやすさは、靴に求められる重要な要素です。運動をしても脱げにくく、衝撃から足を守れる靴を適切に選ぶため、シューフィッターはスポーツに関する知識を深めておきましょう。日常的にウォーキングやジョギングを嗜む人が増えている時代、スポーツ関連の情報や知識は、さらに必要性を増してきています。

『 優れた色彩感覚がある 』

あまり兼ね備えていない

靴選びにおいては、機能性やデザイン性と併せて、カラー選びにも気を配ることが不可欠です。カラーコーディネートの知識があると、シューフィッターとして靴を勧める際に、さらに的確なアドバイスができるようになります。常日頃から意識的に色彩感覚を磨き、シューフィッティングの現場で生かせるようにして下さい。色彩関連の検定を受けて、知識を深めるのもひとつの手です。

スポンサーリンク

『 最新の流行に敏感 』

兼ね備えていない

靴専門店やデパートの靴売り場で働くシューフィッターは、トレンドに敏感であることが求められます。時代のニーズをとらえることが、お客さんに喜んでもらえる靴選びにも結び付くので、アンテナを張って情報収集に努めましょう。流行に関する話題に触れることで、初対面のお客さんの空気感を和らげる効果も期待できます。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

シューフィッターの仕事は、靴を選んだり、足を計測したりするために、腰をかがめる動作を伴い、意外と体力を消耗するものです。必ずしも一日中立ちっぱなしでいるわけではありませんが、足腰が丈夫である方が好ましいでしょう。専門職であるシューフィッターは、職場内に同業種の人が少ない傾向にあります。少ない人数で対応する関係上、休日出勤があったり、勤務時間帯が長くなったりする可能性もあるため、どのような環境でも乗り切れるだけの体力を付けておくようにして下さい。

『 忍耐力があり我慢強い 』

十分に兼ね備えている

接客業であるシューフィッターは、場合によってはお客さんの我が儘に付き合ったり、理不尽なクレームに対応したりしなければならないこともあり得ます。ストレスを感じるような状況に置かれても、一喜一憂することなく、忍耐強く対応できる能力を備えておきましょう。

『 高いホスピタリティ精神がある 』

兼ね備えていない

靴に関するアドバイスを求めるお客さんに対して、シューフィッターはおもてなしの心を持って真摯に接することが大事です。ホスピタリティの精神を忘れず、きちんとお客さんに向き合う姿勢が、シューフィッターとしての成功にもつながることでしょう。人を喜ばせることが好きで、優れたホスピタリティマインドを備えた人は、シューフィッターに向いています。対話を通してお客さんのニーズを巧みに引き出し、その人に合う一足を選べるようになって下さい。

『 地道な努力ができる 』

そこそこ兼ね備えている

専門職であるシューフィッターとして働くためには、まず販売員としての実務経験を積む必要があります。途中で投げ出してしまうことなく、地道な努力ができる人こそが、シューフィッターに適していると言えるでしょう。自身の靴の手入れをしながら、靴に対する愛着を育むといった姿勢もシューフィッターの仕事によい影響を与えてくれます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのシューフィッター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る