理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

神主に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今神主の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい神主に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

神主に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの神主適性診断結果

あなたの適性度は53%で、神主の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。神主を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

神主に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.コミュニケーションを取るのが得意
2.伝統やしきたりに理解がある
3.奉仕的な精神を持っている
4.同じことの繰り返しでも飽きない
5.綺麗好き
6.字が綺麗
7.礼儀正しい行動ができる
8.体調管理ができる
9.オンとオフの切り替えが上手い
10.上下関係の厳しさに慣れている
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
神主適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 コミュニケーションを取るのが得意 』

十分に兼ね備えている

神主は参拝者や祈祷の依頼者といった人々と関わる機会の多い職業です。他にも神社の敷地内におけるサポートを行ってくれる人とも関わる機会が多いでしょう。氏子との関係を良好な状態にしておくのも神主の役割になります。このように様々な人々との関わりが強い職業であるため、神主にはコミュニケーション能力が必須だと考えられます。人とコミュニケーションを取るのが得意な人は神主に向いています。

『 伝統やしきたりに理解がある 』

あまり兼ね備えていない

神道の歴史は古いと言えます。そのため古来より伝わっている伝統やしきたりといったものが数多く存在するでしょう。その伝統やしきたりを守り抜いて、次世代へと繋いでいくことも神主に求められる役割だと言えます。そのため伝統やしきたりに関する理解がある人が神主に向いていると考えられます。伝統を重んじるような環境で育ってきた人ほど、神主に対する適性は高いでしょう。

『 奉仕的な精神を持っている 』

十分に兼ね備えている

神主も仕事であるため、給料を受け取ることはできます。それでも金銭面に関する執着心を持つことなく奉仕的な精神から神主の仕事を全うできる人が、この職業に対する適性が高いと考えられます。例えば他人からの指示を待つことなく自発的に清掃活動や修繕活動を進められる人は神主に向いているでしょう。奉仕的な精神を持ちながら活動を進めていくことで、氏子や参拝者からの支持が高まるかもしれません。

『 同じことの繰り返しでも飽きない 』

だいぶ兼ね備えている

神主の活動は清掃や御祈祷、事務系の業務などが基本です。これらの仕事を毎日繰り返すことになるので、目新しい出来事は少ないと考えられます。仕事に慣れてきたときには飽きてしまう人もいるかもしれません。そんな同じことの繰り返しのような毎日でも飽きることなく活動を続けられる人ほど、神主に対する適性は高いでしょう。単調な業務を黙々とこなせる人は神主に向いています。

『 綺麗好き 』

兼ね備えていない

神主は清掃活動を行う機会が多いという特徴を持っています。毎日清掃活動を行うことになりますが、そのときに重要なポイントとなるのが綺麗好きであることでしょう。毎日清掃活動を行っていると、「今日はこれくらいでいいのではないか」と妥協してしまう人も珍しくありません。しかし、神社は多くの人々が訪れる場所であるため、常に清潔に保たれていることが大切です。綺麗好きな人が神主であれば、常に心地良い空間を提供できます。

スポンサーリンク

『 字が綺麗 』

そこそこ兼ね備えている

神社によっては神主は御朱印を書くこともあります。その御朱印の文字が汚いと参拝者からの評判が落ちてしまい、神社への訪問が減ってしまう可能性が高まります。そんな状況に陥ってしまうのは良くないので、字を綺麗に書ける人が神主を務めている方がいいでしょう。特に書道を経験している人は神主に向いていると言えます。

『 礼儀正しい行動ができる 』

だいぶ兼ね備えている

参拝者にとって神主は特別な存在に見えています。そのため自分にとっては目上の人であっても、その人が参拝者であれば深々と頭を下げてもらえます。このような特殊な光景が続くので、自分が偉くなったと勘違いして横柄な態度を取ってしまう人もいるかもしれません。しかし、神主は参拝者にとっては、お手本のような存在です。横柄な態度を取るのではなく礼儀正しい行動を取るように心掛けるのが大切だと言えます。幼少期から礼儀作法を教え込まれてきた人は、神主に向いている可能性が高いでしょう。

『 体調管理ができる 』

そこそこ兼ね備えている

神主は規則正しい生活をしていると思っている人も多いかもしれませんが、そうとも限りません。起床時間が早すぎて体調を崩しやすいことも珍しくないでしょう。休日も少ない職業なので、上手に休憩を取れない人も体調を崩しやすくなります。普段から体調管理を徹底できる人ほど、神主の仕事に向いていると考えられます。

『 オンとオフの切り替えが上手い 』

そこそこ兼ね備えている

神主は一般企業のように有給が設けられていないケースも珍しくありません。週休二日制ではない神社もあるでしょう。このようになかなか休暇を取れないのが神主という職業です。神社によっては仕事とプライベートの分別が付きにくくなることもあります。そのため上手にオンオフの切り替えができる人ほど、神主に対する適性は高いと言えます。限られた時間を上手く活用してプライベートも充実できれば、神主の仕事に苦を感じることも少なくなるでしょう。

『 上下関係の厳しさに慣れている 』

兼ね備えていない

神社によっては複数人の神主が所属しているケースもあります。そのような神社に配属された場合には、先輩の神主からの命令を受けることも増えます。この業界でも上下関係の厳しさは残っているので、先輩の指示には逆らえないことも多いです。それでも嫌な顔をせずに神主としての仕事を続けていける人が、この職業に適性があると言えます。上下関係の厳しい環境で育ってきた人は神主に向いているでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの神主適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
神主適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 神主に向いているか向いていないか
  • 神主の職業適性度
  • 神主に必要な10の資質
  • 解説で神主に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

神主とは?

神主とは日本で太古の昔から神様に仕えて祭祀を執り行ってきた宗教職です。

神主は神道の中で職階と呼ばれる階級制度によって職位が付けられていて、宮司を筆頭として権宮司、禰宜、権禰宜のいずれかに該当します。

神主の仕事は神道の祭祀や儀式を執り行ったり、お祓いや祈祷をしたりするのが主ですが、神社の管理や参拝者への対応もおこなっています。

また、神道に関連する催事などの広報活動をしたり、必要な書類の作成をしたりするのも仕事です。

役職によって神主の業務範囲には違いがあり、階級が上がると管理職として働くことになります。

神主になるには?

神主になるには神職資格を取得しなければなりません。

神社本庁から発行されている資格で、要件を満たせば誰でも取得することが可能です。

神職資格の取得には神道系大学または神職養成所で学ぶことが必要です。

大学では4年間のカリキュラムを履修する必要がありますが、神職養成所では2年間で資格を取れます。

ただし、神職養成所では高卒で21歳以下という制限があるので注意が必要です。

一般的にはこの2つのどちらかで神職資格を手に入れて就職しています。

実際には神主の家系に生まれた人が資格を取って働いているケースが多くなっています。

神主の給料・年収

神主の平均年収はさまざまな調査機関や職業情報サイトの発表データをまとめると、およそ350万円~550万円になっています。

神主の収入は神社の経営状況によって大きく変わるため、お祓いや祈祷、おみくじやお守りの販売などで利益を増やしている神社ほど年収が上がるのが一般的です。

お賽銭や奉納金も収入源なので、多くの参拝者がいる神社では年収が高くなる傾向があります。

ただし、神社で働く人は神主に限らず、月60万円以上の給料を受け取ることはできません。

神社本庁によって上限額が定められているため、規程を遵守して給料を決めています。

神主の就職・転職先(求人)

神主の就職先・転職先は全国各地にある神社です。

神社に就職することを奉職と言いますが、基本的には一般的な就職活動と同じで奉職のときにも面接や小論文などによる選考を受けます。

ただし、神主は一般求人で公開されていることはあまりありません。

卒業した大学や養成所から紹介を受けたり、縁故で奉職をしたり、知人から推薦してもらったりして神主になるのが典型的です。

日本では神社の需要が絶えないので、神主になればいつまでも働けるのは確かでしょう。

神社によって募集状況は異なりますが、場所を選ばなければ仕事に困ることはない職種です。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0