理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

サービスエンジニアに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今サービスエンジニアの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいサービスエンジニアに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

サービスエンジニアに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのサービスエンジニア適性診断結果

あなたの適性度は36%で、サービスエンジニアの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。サービスエンジニアを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

サービスエンジニアに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.機械関係の仕事が好き
2.コミュニケーション力がある
3.問題解決力が高い
4.何事も冷静に判断できる
5.体力に自信がある
6.人と接するのが好き
7.細かい作業が好き
8.新しい知識の吸収が好き
9.アクティブで行動力がある
10.向上心がある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
サービスエンジニア適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 機械関係の仕事が好き 』

兼ね備えていない

サービスエンジニアは機械を扱う仕事です。そのため機械関係に興味がないという方だと、仕事にやりがいを感じて働きにくくなります。担当する製品やサービスによって扱うものに違いがあるので、自分が興味を持って働ける製品やサービスを扱っている職場でサービスエンジニアを目指すことも大切です。

『 コミュニケーション力がある 』

兼ね備えていない

エンジニアと聞くと、専門知識が十分にあれば問題なく対応できると考えている方もいるでしょう。ですがサービスエンジニアは、顧客からの問い合わせや訪問営業などを行う機会もあります。そのため専門知識を持っていることに加えて、専門知識がない相手にわかりやすく説明する能力やコミュニケーションをとりながら仕事を進めていくことができるコミュニケーション能力も必要です。

『 問題解決力が高い 』

あまり兼ね備えていない

サービスエンジニアは、顧客からの問い合わせがあった際に、どのような点に問題があるのか把握し適切な解決策を見つけることが仕事です。そのため、状況を把握して問題解決が適切に行えるかどうかも、サービスエンジニアには必要な能力です。同じようなパターンの問題ばかり起きるとは限らないため、状況を常に適切に把握して原因の特定や問題の解決へとつなげられるようにしましょう。

『 何事も冷静に判断できる 』

そこそこ兼ね備えている

サービスエンジニアの仕事で注意が必要なポイントの1つが、顧客からのクレームがあったときでも冷静に対処できるかという点です。クレームは個人間でのやり取りで対応できる内容のこともあれば、影響する範囲が大きいクレームのケースも見られます。相談内容に関わらず冷静に対処し、適切かつ論理的に判断できる方はサービスエンジニアに向いていると言えます。

『 体力に自信がある 』

だいぶ兼ね備えている

エンジニア=室内の仕事なので体力は関係ないと考えている人もいるかもしれません。しかし、職場にもよるものの、サービスエンジニアの仕事は徹夜になったり長時間の作業が続いてしまうこともあります。さらに設備を屋外に設置する場合、室内ではなく屋外での作業を求められることもあるでしょう。そのためある程度の体力がある方でなければ、サービスエンジニアの仕事が大変だと感じる可能性もあります。体力に自信がある方なら、長時間の作業や屋外での作業にも対処しやすくなるかもしれません。

スポンサーリンク

『 人と接するのが好き 』

だいぶ兼ね備えている

機械をいじるのが好きかどうかだけではなく、サービスエンジニアは人と接することが好きかどうかも大切なポイントの1つです。自社で扱っている製品やサービスで何らかの問題が起きたとき、直接クライアントのところへ行って現場対応が求められます。このときクライアントから話を聞いて、状況に合わせた対応が必要です。クライアントとのやり取りが苦手、嫌いという場合、サービスエンジニアの仕事は向いていないかもしれません。

『 細かい作業が好き 』

兼ね備えていない

自分がおおざっぱな性格と感じている方は、サービスエンジニアに向いていないかもしれません。サービスエンジニアの仕事は、細かい作業が中心です。そのため細かい作業が好きで、ちょっとした作業でも根気強く進められる人はサービスエンジニアに向いていると判断できます。同じような細かい作業が続いても、飽きることなく集中力を切らさず進めることが大切な仕事だと押さえておきましょう。

『 新しい知識の吸収が好き 』

あまり兼ね備えていない

扱っている製品は同じではなく、最新の技術などを取り入れて進化を続けています。そのためサービスエンジニアは、時代の変化や製品の進化に合わせて、常に新しい知識を吸収し続けることが大切です。新しい機器についての勉強や知識を得ることが好きな方は、サービスエンジニアに適しています。自社で扱っている製品の種類が多いと、その分だけ覚えることが増えることも理解したうえでサービスエンジニアを目指すかどうか検討しましょう。

『 アクティブで行動力がある 』

兼ね備えていない

エンジニアの仕事は好きだけれど、オフィスでじっと仕事をしているのは苦手という方もいるでしょう。そのようなじっとしているのが苦手でアクティブな方は、仕事中にあちこち動き回ることが多いサービスエンジニアの仕事が向いているかもしれません。サービスエンジニアは、現場に行くために移動の時間も多いため、じっとしているのが苦手な方も働きやすい仕事です。同じ空間で長く働くのが苦手という方にも適しています。

『 向上心がある 』

十分に兼ね備えている

サービスエンジニアは、基本的な知識やスキルがないと働き始めることができない仕事と思っている方もいます。しかし、最初は研修などで必要な知識を学べるため、未経験や専門知識がほとんどない方でも働き始めることは可能です。必要な知識やスキルを吸収して活躍したいという向上心を持っていることが、サービスエンジニアになるための大切な要素です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのサービスエンジニア適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
サービスエンジニア適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • サービスエンジニアに向いているか向いていないか
  • サービスエンジニアの職業適性度
  • サービスエンジニアに必要な10の資質
  • 解説でサービスエンジニアに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

サービスエンジニアとは?

サービスエンジニアとは機械の開発・販売をおこなっている会社で、クライアントサービスとして保守点検やメンテナンスなどを担当するエンジニアです。

機械の設計や開発を担うわけではなく、完成されている製品をクライアントが快適に使い続けられるように対応をするプロフェッショナルになっています。

サービスエンジニアはクライアントから機械の不具合の連絡を受けたときに現場に急行して調整や修理をしたり、使い方のレクチャーをしたりするのが主な業務です。

保守契約をしている機械のメンテナンスのために定期的に訪問して対応をする仕事もあります。

サービスエンジニアになるには?

サービスエンジニアになるには機械系エンジニアとしての知識と技術が求められます。

特別な資格は必要がありませんが、勤め先の機械の使い方だけでなく構成や構造などについても熟知していることが働く上で不可欠です。

サービスエンジニアになりたい人は就職してから速やかに取り扱い製品の仕様や仕組みを理解し、さまざまなトラブルに対応できることが必要です。

大学の機械工学科や電子工学科などで基本的な機械・電気工学についての知識を習得しておくと有利になります。

一般的にはこのような学科で学士または修士を習得した人がサービスエンジニアになっています。

サービスエンジニアの給料・年収

サービスエンジニアの平均年収についての詳しい統計データは国からは公開されていません。

求人系のサイトの情報から判断すると平均年収は450万円~550万円くらいになっています。

機械工業の企業にとっては自社製品をクライアントに選んで使ってもらうために欠かせないサービスを提供しているのがサービスエンジニアです。

早急に修理をして欲しいといったクライアントのニーズに応えなければならない場合もあるため、手厚い待遇で雇用している会社もたくさんあります。

勤続年数が長くなるとベテランとして認められ、年収が上がっていく傾向が強いのが特徴です。

サービスエンジニアの就職・転職先(求人)

サービスエンジニアの就職先・転職先は機械を開発・製造・販売している企業全般です。

特にBtoBのビジネスをしている産業用機械を製造している企業ではサービスエンジニアを必ず抱えています。

保守契約をしてサービスエンジニアが定期的にメンテナンスに行く形にして安定した売上を出したり、トラブル時にすぐに修理対応をできるようにしたりする必要性が高いからです。

機械系がサービスエンジニアの活躍している分野として典型的ですが、機械という意味は広義のもので自動車なども含みます。

そのため、サービスエンジニアは技術がなければ修理や調整が難しい機械を製造している企業を勤め先の候補できます。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0