理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ホールスタッフに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ホールスタッフの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいホールスタッフに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのホールスタッフ適性診断結果

あなたの適性度は34%で、ホールスタッフの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。ホールスタッフを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ホールスタッフに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.協調性がある
2.人と接するのが好き
3.コミュニケーション能力がある
4.空気を読める
5.テキパキ要領良く動ける
6.臨機応変に動ける
7.自主的に行動できる
8.体力がある
9.気分やメンタルが安定している
10.サービス精神旺盛で面倒見が良い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 協調性がある 』

そこそこ兼ね備えている

ホールスタッフの仕事の多くは、厨房やレジ係、同じホール係みんなと上手にチームワークを組んで仕事を回す形になります。お客さんを席に案内して聞いたオーダーをキッチンに依頼して、円滑に進めていきます。そこに必要になってくるのは、協調性です。特にモーニングやランチの時間は、どの店もとても多忙です。誰かがチームを乱すような勝手なことをしてしまうと、お客さんに迷惑がかかります。ホールスタッフとして働くには、協調性が非常に重要です。

『 人と接するのが好き 』

だいぶ兼ね備えている

ホールスタッフは接客サービス業であり、いろいろなお客さんと接することになります。子供からシニアまで幅広い年齢層のお客さんがいますし、時には車椅子や耳の不自由な方もいるでしょう。どんなお客さんに対しても、その人の立場になって対応することが大切です。そしておもてなしをしていくのが、ホールスタッフの役割です。とにかく基本として、人と接するのが好きであることが欠かせません。

『 コミュニケーション能力がある 』

兼ね備えていない

ホールスタッフは、お客さんと話す機会が多いです。オーダーを聞くときをはじめ、会計時などに直接お客さんとやり取りをします。いろいろな方がいますが、どんな人とでも笑顔でマナー良く対応することが大事です。人見知りせずコミュニケーション能力のあるタイプは、円滑にお客さんとのやりとりをこなすことが出来るため、ホールスタッフ向きと言えます。

『 空気を読める 』

あまり兼ね備えていない

飲食店では、水がなくなっているお客さんがいればホールスタッフがテーブルに伺って水を注ぎます。赤ちゃんを連れているママには、子供用の椅子を用意したほうが良いか尋ねます。何か困っているお客さんはいないか、常に周りを見る必要があるでしょう。ホールスタッフには、空気を読む力が求められます。気配りや思いやりのある人は、ホールスタッフに適しています。

『 テキパキ要領良く動ける 』

そこそこ兼ね備えている

飲食店は予想以上に忙しい職場です。混雑時は尚更、ホールスタッフがテキパキと動かなければ円滑に回りません。また、オーダーを聞きに行ったときにほかのテーブルの片付けもして帰ってくるなど効率の良い動きも大切です。要領良く作業をしなければ、お客さんを待たせてしまうことになるでしょう。ホールスタッフは、いかにスムーズに動けるかどうかが問われます。段取りや要領の良さも必要になるでしょう。

スポンサーリンク

『 臨機応変に動ける 』

そこそこ兼ね備えている

何が起こるか分からないのが飲食店のホールです。ときとして、イレギュラーな何かが起こることもあります。お客さんが水をこぼしたり、財布を忘れて来たりとちょっとしたハプニングは日常茶飯事です。そのときそのときのシーンによって、臨機応変に対応する能力が求められます。ときとしてクレームが発生するときもありますが、そんなときもどうすれば良いかを瞬時に判断して行動しなければなりません。

『 自主的に行動できる 』

あまり兼ね備えていない

バタバタしている飲食店では、すべてを店長が指図してくれるわけではありません。自ら仕事を探して、自主的に働くスタイルになります。指示を待ってのんびりしているわけにはいかないのです。能動的ではなく自主的に動けるタイプであれば、ホールスタッフ向きだと言えるでしょう。常にアンテナを張り巡らせて、自分ができることを探すことで仕事も充実するはずです。

『 体力がある 』

兼ね備えていない

ホールの広さはお店によってさまざまですが、いずれにせよ勤務中はずっと立ち仕事です。トレイにたくさん食器を載せる形のお店もあります。気が付けば何周もホールを歩き回ることになるでしょう。立ち仕事に慣れていない人は、初めのうちは足や腰が痛くなることもありますが体が慣れてきます。体力がある人は、ホールスタッフとして元気に働き続けることができます。

『 気分やメンタルが安定している 』

そこそこ兼ね備えている

ホールスタッフはどんなときにも笑顔で明るく挨拶をして、お客さんに対応しなければなりません。機嫌が悪かったり少々疲れていたりしても、それを顔に出すことはタブーです。不機嫌な顔で働くのはお客さんからのクレームにもつながります。いかなるときもにっこり気持ち良く働くためには、気分が安定していることが重要です。メンタルが強く精神的に安定している人は、ホールスタッフ向きです。

『 サービス精神旺盛で面倒見が良い 』

兼ね備えていない

お客さんをおもてなしするのがホールスタッフの仕事の基本です。サービス精神があり人のために何かをするのが好きでなければ、楽しく働けません。日頃から人のために世話をするのに慣れているような人は、職場でもお客さんに喜んでもらいたいと自ら動けるはずです。世話好きな性格は、ホールスタッフに向いている適性です。誰かのために何かしてあげたいという気持ちが、接客サービス業のやりがいにつながるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのホールスタッフ適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る