理想の就活/転職のための
自己分析サイト

セミナー講師に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今セミナー講師の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいセミナー講師に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

セミナー講師に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのセミナー講師適性診断結果

あなたの適性度は38%で、セミナー講師の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。セミナー講師を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

セミナー講師に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人前に出ることが好き
2.人に負けない得意分野がある
3.自分の考えを言語化できる
4.表情豊かに話すことができる
5.その場の空気が読める
6.準備がしっかりできる
7.何事も前向きに捉えられる
8.継続して学ぶことができる
9.自分の経験を分析できる
10.ネガティブな言葉を使わない
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 人前に出ることが好き 』

あまり兼ね備えていない

セミナーは少人数で開催される小規模でアットホームなものから、会社単位のような大規模なものまで様々なものがありますが、どんなに小さなセミナーでも人前で話すことに変わりはありません。そのため、目立ちたがり屋の人や注目されるのが好きという人に向いています。人前に出ることに苦手意識がある人でも、話すことが好きであればセミナー講師としての場を踏んで経験を積んでいくと人前に出ることが苦にならなくなるケースもあります。

『 人に負けない得意分野がある 』

十分に兼ね備えている

自分が持っている知識やスキル、感性を伝えられるのがセミナー講師です。仕事や趣味、特技などで専門的な知識やスキルを持っている人は、セミナー講師として活躍できることが期待されます。その分野に興味や関心のある人は、専門的な深い知識や高度なスキルを持っている人の話を聞きたいと思うものです。料理や書道といった身近なことでも、長い間好きで続けていることは、何かしら聞き手に伝わるものがあるでしょう。

『 自分の考えを言語化できる 』

あまり兼ね備えていない

自分が考えていることを、適切な言葉で言語化できる人もセミナー講師に向いているといえます。頭の中にイメージしたことを言語化できれば、伝えたいことが伝わりやすくなります。そのためには、語彙力の豊富さも大事なポイントです。伝わりやすい言葉や文章を生み出すためにも、様々な表現方法や意味のある言葉を学ぶこともおすすめです。

『 表情豊かに話すことができる 』

あまり兼ね備えていない

セミナー講師がこわばった表情で話していると、受講生も緊張したまま講義を受けることになってしまう可能性があります。セミナー講師の経験が浅いうちは、講師も緊張してしまいがちですが、講義の内容に合わせて表情豊かに話せれば、受講生も講義に引き込まれ内容に集中できるでしょう。

『 その場の空気が読める 』

兼ね備えていない

セミナーで講義をしていると、受講生のリアクションが気になるものです。場の雰囲気を読む力のある人であれば、受講生が講義を理解できていない素振りをしたら補足説明を付け加えたり、緊張がとけないままの状態であれば場を和ませるジョークを話したりなどの工夫をすることが可能です。受講生の態度やゼスチャーから様々な感情を察知し直ぐに対処できれば、受講生を飽きさせることもないでしょう。

スポンサーリンク

『 準備がしっかりできる 』

兼ね備えていない

セミナーで、効率的に伝えたいことを伝えるためには開講までの準備が重要なポイントになります。まずは、セミナーの目的や趣旨を理解し、テーマを明確にして講義の持ち時間に合わせて内容を決めておかなければいけません。また、その講義に合わせたわかりやすいテキストや教材なども必要です。わかりやすくするためにオリジナルのテキストを自作する講師もいますが、既存のものでも使いやすいものがあれば利用しても良いでしょう。セミナーを成功させるためにも、開講までのスケジュールを組みしっかり準備しておくことが望ましいです。

『 何事も前向きに捉えられる 』

兼ね備えていない

セミナーは、受講生からの反応はいつも良い反応ばかりというワケではなく、時には批判的な反応を受けることもあるでしょう。そうした時に「何が受け入れてもらえなかったのか」「改善点はあるのか」などをしっかり分析し、次に繋げていくこともセミナー講師には必要な要素です。ネガティブな意見も真摯に受け止め前向きにとらえることも大事なことです。日々の生活の中から講義とリンクすることを見つけ、講義内容の展開を拡げていくようなポジティブさも求められます。

『 継続して学ぶことができる 』

十分に兼ね備えている

セミナー講師の講義の内容は、自分が学んだことや経験などをアウトプットすることがメインになります。しかし、多くの分野では日々情報が変化しているため、最新の情報や知識、スキルをアップデートしていくことが必要になるでしょう。セミナーを受講している人は、講義の内容から専門的な情報を得ているため、講師も最新の情報を提供できるようにインプットしておきたいものです。常に学ぶことを怠らず継続して知識を得ようとする姿勢が、セミナー講師には求められると言っても過言ではありません。

『 自分の経験を分析できる 』

兼ね備えていない

セミナー講師になるには特に資格は必要ありません。自分の経験やスキルを必要な人に届けることで成り立っています。その分野に秀でた人の経験談は、セミナーで求められる内容のひとつですが、成功談はもとより、失敗談も事例を交えて話せると良いでしょう。一般的な経験談も良いですが、その貴重な経験を分析し「何を学びどんなことに気づいたのか」など、次に活かした事例なども伝えると、よりセミナーの内容が深まるでしょう。

『 ネガティブな言葉を使わない 』

だいぶ兼ね備えている

セミナーを受講する人は、何かしら学びや気づきを得るためにセミナーを受講することが多いものです。セミナーの内容によっては、夢や目標を持って受講する人もいるでしょう。そんな時に、否定的でネガティブな発言を繰り返すと、受講する人のモチベーションも下がってしまう恐れがあります。話の内容にもよりますが、否定的な言葉は「使い方」や「話し方」にも注意が必要です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのセミナー講師適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • セミナー講師に向いているか向いていないか
  • セミナー講師の職業適性度
  • セミナー講師に必要な10の資質
  • 解説でセミナー講師に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る