理想の就活/転職のための
自己分析サイト

自衛官に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今自衛官の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい自衛官に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの自衛官適性診断結果

あなたの適性度は52%で、自衛官の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。自衛官を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

自衛官に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.責任感が強い
2.団体行動が得意
3.人の役に立ちたいと考えている
4.質問力がある
5.冷静に物事を考えられる
6.ストレスに強い
7.礼儀作法が身についている
8.順応性がある
9.コミュニケーションスキルがある
10.体力に自信がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 責任感が強い 』

そこそこ兼ね備えている

自衛官の仕事は、国や国民の平和を守る事です。有事の際には、自らの判断で行動する事もあります。瞬時に自分の役割を理解し、的確な行動をとらなければ周囲の人を危険に晒してしまう可能性も考えられます。万が一、トラブルが起きた時に物事を投げ出してしまうような性格の人は、自衛官としてふさわしくありません。自衛官を目指す時には、責任感について考えてみる事も大切です。

『 団体行動が得意 』

だいぶ兼ね備えている

自衛官は、団体行動が基本です。もし、1人でも勝手な行動をとったら、それだけで輪を乱す事になり重大なトラブルに発展するかもしれません。また、自衛官になったばかりの頃は生活隊舎や営内と呼ばれる寮で生活する事になります。自己中心的な行動を取ると、他の隊員の迷惑にもなります。将来は自衛官になりたいと考えるなら、日頃から協調性を持ち、他者への配慮を心がける事が大切です。

『 人の役に立ちたいと考えている 』

十分に兼ね備えている

日頃から人の役に立ちたいと考えている人は、自衛官の仕事が向いていると言えます。自衛官の仕事というのは、国民を危険から守る事です。そのなかには、テロやゲリラといった凶悪犯との戦闘も考えられます。場合によっては、危険と隣合わせの状況になる事もあるでしょう。これらの行動ができるのは、人々の平和や安全を守るためです。困っている人を見かけたら放っておけなかったり、自分の事よりもまずは相手を思いやれる人は、まさに自衛官にピッタリです。

『 質問力がある 』

そこそこ兼ね備えている

自衛官になったら、上官の意図を明確に聞く必要があります。たとえば、上司の指示が曖昧ではっきりしなかった場合や意味が分からなかった時には自分から質問する事が大切です。自分で勝手に意味を解釈して行動をした場合、上官の指示とは全く違う行動をとってしまう事も考えられます。わからない事があった時には、どんどん自分から質問をして上官の指示を隅々まで理解するようにしましょう。

『 冷静に物事を考えられる 』

だいぶ兼ね備えている

災害時には、国民の安全を確保するのも自衛官の仕事です。時には、余震が続くなかで人々を誘導したり、救援物資を運ぶ事もあるでしょう。そんな時に、些細な事で動揺してしまうと正しい判断ができません。自衛官は、いついかなる状況でも冷静に判断し対処する事が大切です。また、自衛官は銃や爆薬といった武器を訓練で使用する事もあります。パニックに陥ると、仲間を危険に晒す事にもなるのです。自衛官は、常に冷静さを忘れてはならないのです。

スポンサーリンク

『 ストレスに強い 』

あまり兼ね備えていない

自衛官になると、時には上官や先輩から怒られる事もあります。人によっては理不尽と感じる事もあるでしょう。ストレスに弱いと、怒られる度に落ち込んでしまったり悩んでしまい仕事が続かない可能性もあります。自衛官は、常に危険と隣り合わせです。ほんのちょっとしたミスが、人命の安全さえ左右するのです。上官や先輩が厳しく接するのは、立派な自衛官として成長してほしいからです。自衛官になるためには、ストレスにも強くある事が必要です。

『 礼儀作法が身についている 』

そこそこ兼ね備えている

自衛官は、日頃から多くの人と関わります。そのため、挨拶などの時には失礼がないようにしなくてはなりません。上下関係にも厳しいため、言葉遣いにも気をつける必要があります。元から、礼儀作法が身についているという人は覚える事も少ないのでさほどストレスにはなりません。自衛官を目指しているなら、普段から礼儀作法について意識するといいでしょう。

『 順応性がある 』

兼ね備えていない

自衛官が訓練する場所は様々です。時には、ジャングルなどで過酷なメニューをこなさなくてはなりません。食事や睡眠のスタイルも普段とはかなり違いますし、慣れない環境だと普段通りの行動をとる事も難しいです。順応性がある人だったら、どこで訓練をしてもすぐに馴染む事ができるため自衛官向きと言えます。自衛官になりたいと考えた時には、自分の順応性についても考える必要があります。

『 コミュニケーションスキルがある 』

あまり兼ね備えていない

自衛官になると、他の隊と合同練習をする事もあります。初対面同士では、なかなか会話が弾まなくてよそよそしくなってしまいます。コミュニケーションスキルがあると、あらゆる人と交流が持ちやすくなるため訓練もスムーズに進みます。また、自衛官は施設を見学に訪れた市民を案内する事も仕事です。年齢も性別も違う相手に対して、話し方を工夫する事も必要です。

『 体力に自信がある 』

そこそこ兼ね備えている

自衛官を目指すなら、体力はかなり必要です。訓練で重たい荷物や武器を運ぶ事が多いため、体力がなければすぐに疲れてしまいます。また、災害時などには瓦礫を撤去したり水や食料を素早く運ばなくてはなりません。自衛官になるためには、日頃の体力作りも重要になります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの自衛官適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る