理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

公安警察官に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今公安警察官の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい公安警察官に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

公安警察官に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの公安警察官適性診断結果

あなたの適性度は38%で、公安警察官の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。公安警察官を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

公安警察官に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.責任感や使命感が強い
2.地道な努力ができる
3.重圧に耐えられるタフさを持っている
4.体力がある
5.時事問題や社会問題に詳しい
6.危機管理能力が高い
7.臨機応変な対応ができる
8.他人の秘密を守れる
9.人間関係の構築が上手い
10.長期的な視野で物事を捉えられる
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
公安警察官適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 責任感や使命感が強い 』

そこそこ兼ね備えている

公共の安全を守る責務を担う公安警察官は、責任感や使命感が求められる職業です。与えられた職務に強い使命感を感じて、まじめに取り組める人が望まれます。安全な暮らしを脅かす破壊行為に対して、毅然とした態度で立ち向かう必要があり、人一倍正義感の強い人が向いていると言えるでしょう。国全体の根本を揺るがす可能性のある事案を取り扱うことも多く、責任感の重さと共に、やりがいを感じることもできる仕事です。

『 地道な努力ができる 』

あまり兼ね備えていない

警察官の花形とも言える公安警察官の仕事は、実際には地味で目立たない仕事の積み重ねによって成り立っています。出勤後に自身が取り扱う事案について整理し、尾行や監視、張り込みをするのが主な仕事です。時には、同じ場所で一日中監視を続けなければならないこともあります。すぐに動きがみられるわけではなく、何の変化もないまま監視や張り込みを終えるケースも多いものです。たとえ単調であっても、任された仕事を万全の態勢でこなすよう心掛けることが求められます。

『 重圧に耐えられるタフさを持っている 』

だいぶ兼ね備えている

国家を揺るがす危険性のある事案を扱うこともある公安警察官は、重圧感と隣り合わせの日々を送っています。プレッシャーに耐えられるタフさを備えた人は、公安警察官に向いているでしょう。些細なことで動揺してしまうようでは、公安警察官の仕事は務まりません。困難な状況にも果敢に立ち向かってゆける度胸を持っていることが求められます。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

公安警察官の仕事は、不規則なものであり、その勤務は長時間に及ぶこともあります。また、自分の姿が目立たないように気を付けながら、同じ体勢を保って監視を続けることも、体力や持久力を要するものです。どのような状況にも耐えられる基礎体力をつけておくことが必要な職業だと言えるでしょう。何らかの動きがみられた時に素早く動く瞬発力や、速いスピードで走れる能力を身につけることも不可欠です。

『 時事問題や社会問題に詳しい 』

だいぶ兼ね備えている

公安警察官は、日本のみならず、海外の動向にも目を配っておくことが求められます。自分が取り扱う事案への理解を深めるためにも、社会問題や時事問題に関する情報はこまめにチェックして、適切に情報収集する姿勢が必要です。今後どのような問題が起こりうるかについても推測できるようになれば、公安の仕事に役立ちます。

スポンサーリンク

『 危機管理能力が高い 』

兼ね備えていない

公安警察官には、危機管理能力が不可欠です。時には危険な状況に身を置くこともありますが、そういった状況をも打破して乗り越えられる優れた危機管理能力を身につけておくようにしましょう。有事を想定したシミュレーションを通して、実践の場でも応用できる感覚を掴んでおかなければなりません。リスクマネジメントに対する意識の高さを持ち続ければ、不測の事態が起こった時にも落ち着いて行動がしやすくなります。

『 臨機応変な対応ができる 』

そこそこ兼ね備えている

指令に従って仕事をする公安警察官ですが、現場の状況によっては、自身の判断力が試されることもあります。緊迫感のある現場で、時間的な制約があるなかでも、冷静さを見失うことなく、臨機応変に対応します。場に応じた柔軟な対応ができれば、周囲の公安警察官からの信頼を得ることもできます。

『 他人の秘密を守れる 』

兼ね備えていない

公安警察官が取り扱う事案には、機密事項が多く含まれています。プライバシーを遵守することは警察において大切なことですが、公安警察は情報の取り扱いが特に厳しい部署です。警察内でも他部門と情報共有や情報交換をせずに捜査や取り締まりを行うため、他部署の警察官と話を交わす際にも、決して事案に関して口外しないよう気を配ることが求められます。協力者と接触し、協力者から情報を得ることも公安警察官の大切な仕事です。プライバシーに十分に配慮した上で、協力を求めるようにします。

『 人間関係の構築が上手い 』

そこそこ兼ね備えている

警察という大きな組織に属して働く公安警察官は、幅広い年齢層の人とうまくコミュニケーションを取りながら仕事を進める必要があります。同じ事案を取り扱う警察官とは密接に連携することが不可欠です。また、協力者を得るためには、すぐに情報を引き出そうとするのではなく、人間関係を構築した上で必要な情報を聞き出すといった工夫も必要となります。人間関係を巧みに構築できる人には、公安警察官の素質があると言えるでしょう。

『 長期的な視野で物事を捉えられる 』

兼ね備えていない

公安警察官の仕事は、すぐに目に見える成果が得られるタイプの仕事ではありません。長時間かけて地道に捜査を続けたり、協力者づくりの努力をしたりしても、結局報われずに終わってしまうことも多々あります。目先の結果に囚われることなく、公共の安全や秩序を守る使命感を大切にして仕事に取り組める人であれば、公安警察官として成功しやすいでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの公安警察官適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
公安警察官適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 公安警察官に向いているか向いていないか
  • 公安警察官の職業適性度
  • 公安警察官に必要な10の資質
  • 解説で公安警察官に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

公安警察官とは?

公安警察官は、「公共の安全と秩序」の維持を目的とする公安部門に属する警察官です。

東京都の警視庁には「公安部」が、各道府県の警察では警察本部警備部に「公安部門」が設置されています。

公安部門では、国民の安全・安心を確保するため、対日有害運動・テロ事件・過激派団体・暴力団・左翼団体・右翼団体・学生運動・新興宗教・反政府組織などの日本の治安や国家体制そのものを脅かす可能性がある事象を、国内外問わず捜査対象としています。

こういった業務内容から、公安警察の細かい業務内容や内部情報は機密情報として扱われています。

公安警察官になるには?

公安警察は、警察組織の一部であるため、まずは国家公務員総合採用試験や警察官採用試験に合格しなければなりません。

また、警察の公安部門に配属されるのは、警察官の中でも特に優秀と認められる者だけです。

したがって、警察官採用試験に合格した後に入校して警察官に必要な事項を学ぶ警察学校在学中に優秀な成績を修めたり、警察学校卒業後の交番勤務などで実務に当たる中でも実績を積んで優秀な警察官であると認められるよう努力が必要です。

こうしたステップや本人の配属希望を加味して、公安部門に配属されることで、公安警察となることができます。

公安警察官の給料・年収

公安警察官は警察官の一員であるため、公務員の給与・待遇が適用される職種です。

国家公務員である警察庁職員は「公安職俸給表」で給料が規定されています。

また、地方公務員給与実態調査を参照すると、給料に加えて、扶養・住居・通勤・特殊勤務などにまつわる手当や約4か月分のボーナスが加算され、年収は500万~800万円前後となります。

そして給料は都道府県によっても異なります。

公務員であるため給料は安定しており、年功序列となっている昇給や階級アップに伴う昇給によって、徐々に年収がアップしていきます。

また、公務員ゆえの福利厚生の厚さも特徴です。

公安警察官の就職・転職先(求人)

公安警察官は、警察組織の中で働くことになります。

具体的には、東京都の警視庁に勤める場合は「公安部」に、各道府県の警察に勤める場合は警察本部警備部に設置されている「公安部門」に配属されることになります。

一度公安部門に配属されても他部署に異動することになる場合もあります。

警察官の求人は安定していますが、治安の安定化に伴い、公安部門への要請事項が減ってきているため、公安部門の警察官の数は減少しています。

しかし、公安警察は日本の治安を守る警察官のエリート集団であり、今後も重要性が高く、存続し続ける仕事です。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0