理想の就活/転職のための
自己分析サイト

警備員に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今警備員の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい警備員に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの警備員適性診断結果

あなたの適性度は32%で、今の時点では警備員の仕事に向いているとは言えないようです。警備員を目指したい場合は、まず診断結果の詳細を読み込んで必要な資質を理解するようにしましょう。自分に足りない部分がわかったら、あとは一つづつ克服していけるよう努力あるのみです。

警備員に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.責任感がある
2.長時間の緊張が苦にならない
3.昼夜逆転にも対応できる
4.他者への気配りができる
5.長期間仕事のモチベーションを保てる
6.高所や暗所を怖いと感じない
7.不測の事態に正しく対処できる
8.ルールを遵守できる
9.コミュニケーション能力が高い
10.社会的なマナーを心得ている
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 責任感がある 』

兼ね備えていない

警備員の仕事は安全や財産を守ることであり、その仕事には強い責任感が求められます。その時の気分で仕事のやり方を勝手に変えるなど、軽率な姿勢は決してあってはならないと言えるでしょう。自分が担当する仕事の内容を正しく把握し、どのように動くのが最適なのかを即座に判断できる柔軟な思考も必要ですが、そのような思考を持つにはやはり責任感が必須と言わざるを得ません。年齢不問とも言われる警備員の仕事ですが、仕事への責任感は年齢を問わず等しく求められるのも事実です。

『 長時間の緊張が苦にならない 』

あまり兼ね備えていない

警備員の仕事は一定の区域を巡回したり、特定の場所に留まって人や車両を誘導するなど、ルーチンワークな作業になりやすい傾向があります。一方で安全や財産を守ることが警備員の役目であることから、わずかな間でも気の緩みは許されません。職務に従事している間は常に周囲の状況に気を配り、不測の事態に対処できる状態を保つことが求められます。強い緊張状態を維持しながら仕事を行う形になるので、心身の疲労は決して小さくはありません。しかし、その状態を苦しいと思わない、強固な心身の持ち主であることが警備員に求められる資質と言えるでしょう。

『 昼夜逆転にも対応できる 』

兼ね備えていない

警備員の業務によっては深夜帯の勤務になることも珍しくありません。特に施設警備は日勤と夜勤のシフト勤務になることが多く、生活サイクルが不安定になるのも事実です。人の体は日中に活動して夜間は休むようになっていることから、夜更かしや昼夜逆転の状態が続くのは体調への影響が大きいと言えます。しかし、警備員の仕事を遂行するには昼夜逆転の状態でも体の具合が良好でなければいけません。生活サイクルの変化に対応できるよう、適切に体調管理を行うことが重要になります。

『 他者への気配りができる 』

そこそこ兼ね備えている

人や車両の誘導を行う警備員には他者への気配りが求められます。人や車両はいつ、どのようなタイミングで移動するか分かりません。時には狭い場所で鉢合わせになるなど、思いもよらないトラブルに見舞われることもあります。そのような事態を避けるためにも警備員による的確な誘導が必須です。目の前にいる人や車両がどう動くのか、どのように誘導してほしいのかを見極め、安全な方向へ導くのが警備員の務めになります。的確な誘導を行うには相手の動き方や周りの状況を正しく判断することが何よりも重要であり、そのためには些細な事柄にもすぐ気が付く気配りのよさが求められるでしょう。

『 長期間仕事のモチベーションを保てる 』

そこそこ兼ね備えている

どのような仕事も長く続けるにはモチベーションを維持することが重要ですが、警備員の仕事はその傾向が顕著と言えます。基本的に同じ作業の繰り返しなので、最初は強い意気込みで臨んでも次第に飽きてしまうのは否定できない事実です。警備員を長く続けるには飽きたと感じた際に何らかの方法で事態の改善を図ることが重要になります。収入アップのために勤務時間を増やす、仕事の質を高めるために専門の資格を取得するなど、モチベーションを喪失させない工夫が必要と言えるでしょう。

スポンサーリンク

『 高所や暗所を怖いと感じない 』

兼ね備えていない

警備員の仕事によっては高い所や人がいない空き物件を巡回することがあります。また、照明が作動せず、手持ちの懐中電灯以外の明かりがない所も珍しくありません。高所や暗所への恐怖症がある人はそのような所の巡回には不向きです。危険な所への警戒感は必要ですが、恐怖症のように特定の場所を無暗に恐れるのは警備員としてあってはならない問題と言っても過言ではありません。警戒しつつ、不必要に恐れることのない冷静な感性が必要になります。

『 不測の事態に正しく対処できる 』

そこそこ兼ね備えている

警備員として働いていると空き巣などの不審者に遭遇するケースもあります。また、巡回区域内にある設備が破損するなど物損に関するトラブルに遭遇する可能性も否定できません。そのような不測の事態に対し、即座に正しく対処できることも警備員に求められるスキルと言えます。不審者の捕縛や破損した設備の修理は専門の知識や技能が必要なので必ずしも警備員が行う必要はありませんが、異常な状況の速やかな報告は怠ってはいけません。安全と財産を守ることが警備員の役目であり、被害を拡大させないように努めるのが責務になります。

『 ルールを遵守できる 』

兼ね備えていない

警備員の仕事は様々なルールに基づいて行われていますが、些細な事柄であってもルールを遵守しなければ仕事は務まらないと言えるでしょう。ルールを守ることは仕事の依頼主との信頼関係を守ることでもあるので軽視してはいけません。特に時間についてはわずかでも遅れてしまうとそれだけ仕事に支障をきたし、安全が脅かされることになります。会社が定めたルールや勤務時間は警備員なら遵守して当たり前と言っても過言ではありません。

『 コミュニケーション能力が高い 』

兼ね備えていない

警備員はサービス業の一種であり、不特定多数の人と接するケースも少なくありません。また、交通誘導など一部の仕事については警備員同士で逐一、状況を伝えることがあります。そのため、他人と会話ができる程度のコミュニケーション能力は必要と言えるでしょう。見ず知らずの人に平気で話しかけるほどの馴れ馴れしさは不要ですが、目を合わせることができないほどの人見知りでは警備員として働くのは難しいのも事実です。

『 社会的なマナーを心得ている 』

十分に兼ね備えている

警備員は仕事の性質上、第三者の個人情報や企業の機密情報を入手しやすいと言えます。このような情報は外部に持ち出して悪用することが可能ですが、警備員は依頼者に信頼されて初めて成り立つ仕事です。仕事で知った情報は外部に漏らさない、社会的なマナーを持つことが警備員として長く働くための心得になります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの警備員適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る