理想の就活/転職のための
自己分析サイト

セキュリティエンジニアに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今セキュリティエンジニアの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいセキュリティエンジニアに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのセキュリティエンジニア適性診断結果

あなたの適性度は53%で、セキュリティエンジニアの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。セキュリティエンジニアを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

セキュリティエンジニアに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.サーバーの構築や管理に詳しい
2.長時間同じ事を続ける忍耐力がある
3.新しい知識を学ぶ意欲がある
4.責任感が強い
5.不測の事態にも迅速に対応できる
6.コミュニケーション能力が高い
7.会社経営や法律の知識に詳しい
8.多角的な物事の見方ができる
9.負けず嫌い
10.体力があり深夜作業も耐えられる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 サーバーの構築や管理に詳しい 』

十分に兼ね備えている

セキュリティエンジニアは仕事の性質上、サーバーの構築や管理に携わるのが普通です。サーバーに関する業務を遂行できなければセキュリティエンジニアとして働くのは難しいと言っても過言ではありません。サーバーごとにシステム設計やプログラムの内容が異なるので、それぞれのサーバーに最適な管理を行う必要があります。サーバー運用に関する事柄に精通していることがエンジニアに求められる資質と言えるでしょう。

『 長時間同じ事を続ける忍耐力がある 』

十分に兼ね備えている

セキュリティエンジニアの仕事はウィルスプログラムの発見や対処が多くを占めています。ウィルスは多種多様であり、生半可な知識では即座に侵入を許してしまうのが実状です。また、ウイルスによっては安全なデータに偽装されている物もあることから、未知のデータの危険性を正しく認識できる判断力が欠かせません。膨大なデータの中からウィルスを見つけるのは容易ではなく、長時間にわたって同じ作業を続けることもあります。いつ終わるとも知れない作業を延々と続けても苦痛と思わない、強い忍耐力が必須です。また、ウィルスを見逃さない集中力もセキュリティエンジニアの必須スキルです。

『 新しい知識を学ぶ意欲がある 』

十分に兼ね備えている

ウィルスなどを用いてセキュリティの突破を目論むハッカーは様々な手を使います。セキュリティエンジニアはあらゆるハッカーの侵入を許さないことを仕事にしているので、ハッカーの手口に詳しいことが前提と言えるでしょう。ハッカーに対抗するには高度な知識が不可欠であり、そのためには探究心や勉強への意欲が必要になります。コンピューターの世界は日進月歩であり、毎日のように新しい情報が更新されます。情報を知ろうとする探究心と、自らの知識にするための学習意欲を持っている人がセキュリティエンジニアに適した人材です。

『 責任感が強い 』

あまり兼ね備えていない

セキュリティエンジニアはセキュリティシステムの構築や管理を主な仕事にしていますが、セキュリティシステムはデータを安全に管理するための重要な物です。万が一、ハッカーに侵入されると甚大な被害に見舞われることから、システム管理の責任は非常に大きいと言えるでしょう。セキュリティエンジニアは高度なスキルを持っていることはもちろん、自身の仕事に対する責任感も強くなければいけません。ハッカーの侵入を許さないためにも、システムの更新や新しい情報を基にした勉強を常に行うことが重要になります。

『 不測の事態にも迅速に対応できる 』

十分に兼ね備えている

ハッカーの侵入はいつ、どのような方法で行われてもおかしくありません。予想だにしない方法でシステムに侵入する可能性もあることから、セキュリティエンジニアは様々な侵入方法に対処できるスキルの所持が求められます。不測の事態にも慌てず、冷静に対策を講じる柔軟な姿勢もエンジニアに必要な資質と言えるでしょう。

スポンサーリンク

『 コミュニケーション能力が高い 』

兼ね備えていない

コンピューター関係の仕事に携わる人は他人と接するのが苦手なイメージがあります。そのような人も存在しますが、大抵は同業者同士で情報をやり取りしているのが実状です。特にセキュリティエンジニアはハッカーの手口に精通していることが仕事を円滑に進める必須条件とも言えることから、あらゆる方法で情報を得なければいけません。同じエンジニア同士で情報交換を行うのが確実な方法なので、高いコミュニケーション能力が求められます。エンジニア以外の人とも情報をやり取りすることがあるので、会話上手で幅広い人付き合いができる人こそセキュリティエンジニア向きなのは紛れもない事実です。

『 会社経営や法律の知識に詳しい 』

あまり兼ね備えていない

セキュリティエンジニアは仕事の性質上、重要なデータに接する機会が多いと言えます。機密事項と見なされるデータにも触れることから、自身の仕事への責任感を持つためにも会社経営や法律の知識は欠かせません。実際に経営に携わることはないにしても、経営者と同様の責任感や知識は必要と言えるでしょう。

『 多角的な物事の見方ができる 』

そこそこ兼ね備えている

物事をひとつの方向だけから見るのではなく、多角的に見る人はセキュリティエンジニアに向いていると言えます。セキュリティシステムがハッカーに侵入される理由の多くはシステムの不具合によるものですが、不具合がシステム管理者に見逃されてしまうのは見方が画一的であることが理由です。システムの不具合は思わぬ所に特徴が出ることが多く、ハッカーはその点を利用して侵入します。多角的な見方ができる人はハッカーと同様の着眼点を持っているとも言えることから、トラブル予防には不可欠な人材です。

『 負けず嫌い 』

あまり兼ね備えていない

セキュリティエンジニアの仕事はハッカーとの知恵比べとも言えます。エンジニアは如何にしてハッカーの侵入を防ぐか、ハッカーはシステムの穴を突いてどうやって侵入するかを競い合う形になるのが理由です。ハッカーに侵入されるのはシステムを構築したエンジニアが負けたと見ることもできます。エンジニアにとっては負けたままで終わらせるわけにはいかないので、新たなシステム構築に全力を注ぐことになります。システムを破られた悔しさをバネにして仕事に打ち込むことができる、負けず嫌いな性分はセキュリティエンジニアに相応しいと言えます。

『 体力があり深夜作業も耐えられる 』

そこそこ兼ね備えている

コンピューター関係の仕事は昼夜を問わない傾向にあります。特にセキュリティエンジニアは安全なシステム構築のため、夜通し働き続けることも珍しくありません。必然的に睡眠不足の状態になり、疲労が溜まってしまいます。体力があり、夜更かしを続けてもへこたれない丈夫な体であることもエンジニアに求められる資質でしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのセキュリティエンジニア適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る