理想の就活/転職のための
自己分析サイト

彫刻家に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今彫刻家の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい彫刻家に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの彫刻家適性診断結果

あなたの適性度は44%で、彫刻家の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。彫刻家を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

彫刻家に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.優れた芸術的センスを持つ
2.豊かな発想力を備えている
3.彫刻の技術を学ぶ意欲が高い
4.デッサン力がある
5.地道な作業が得意
6.知的好奇心が旺盛
7.体力に自信がある
8.使命感が強い
9.優れたセルフプロデュース力を持つ
10.スケジュール管理能力が高い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 優れた芸術的センスを持つ 』

兼ね備えていない

芸術に携わる仕事である彫刻家には、人並み外れた美的センスが求められます。彫刻作品は、実用性を帯びたものというよりは、芸術的な意味合いの強いものです。彫刻家は、自分ならではの芸術的センスを巧みにいかして、価値ある作品を生み出すことが必要です。作品によって何らかのメッセージを伝える上でも、美的センスが重要となります。

『 豊かな発想力を備えている 』

兼ね備えていない

豊かな発想力は、彫刻家の創作活動を支える大切なものです。植物や食べ物など日常生活にある素朴な物をテーマにする際にも、ひと味違った発想で表現できることが求められます。抽象的な表現によるシンボルやモニュメントの制作を依頼されることもありますが、どのようなテーマに対しても柔軟な発想で彫刻に挑み続ける心掛けが大事です。アイディアを思いつける力と同時に、それを立体的に表現する力を兼ね備えていることが、彫刻家として活躍するためには欠かせないと言えるでしょう。

『 彫刻の技術を学ぶ意欲が高い 』

そこそこ兼ね備えている

彫刻家の作品づくりにおいては、高い技術力も不可欠です。彫刻は、ある程度の修練を積み重ねて習得するべき技術が多く、素材によっても彫刻の仕方が異なります。彫刻に用いられる素材は、金属、木材、プラスチックなど多種多様です。技術の発展によって、彫刻に適した新しい素材が誕生することもあります。彫刻家は、素材ごとの特性を正しく理解し、素材の良さを生かす彫刻法を身につけることが必要です。自身が得意とする素材は何かについての適性を見極める力も重要となります。

『 デッサン力がある 』

だいぶ兼ね備えている

彫刻家の仕事の基礎となるのが、精緻なデッサン力です。作品づくりにおいては、デッサン力を基にして、自身のアイディアや発想を生かしてデザインすることが大事です。どれほどずば抜けた発想を持っていても、正確なデッサンなしでは、高いレベルの作品を生み出すことはできないでしょう。身近なものをテーマにデッサンすることを習慣づけ、デッサン力にも磨きをかけることが重要です。頭の中にあるイメージをデッサンによって平面で描き起こしてから、立体的に表現するというプロセスをこなせる人であれば、彫刻家として長く活動しやすいでしょう。

『 地道な作業が得意 』

あまり兼ね備えていない

彫刻家のなかには、華々しくデビューをしたり、街中で目立つ場所に置かれるモニュメントを制作していたりする人もいます。華やかなイメージがあるかもしれませんが、彫刻家の毎日は地味な作業の繰り返しです。テーマと向き合って作品の方向性を決め、納品までにハイレベルな作品を仕上げるためには、時には長時間に渡って作業をする必要が生じることもあります。アトリエにこもったままで、誰とも話さずに制作に打ち込む日もあるでしょう。作品づくりのために地道な作業を続けることを厭わないタイプの人は、彫刻家に適しています。

スポンサーリンク

『 知的好奇心が旺盛 』

そこそこ兼ね備えている

作品のアイディアを得るためには、色んなジャンルの文化や芸術に触れることも大切です。自身の作品づくりに集中する時間と、インプットをする時間のバランスを取って活動ができるとよいでしょう。本を読むことで言葉から刺激を受けたり、絵画を見て色彩感覚を養ったり、といった様々な文化活動を楽しむことが、彫刻家としての成長にもつながります。他の彫刻家との交流を通して、彫刻関係の学びを深めることも大事です。

『 体力に自信がある 』

十分に兼ね備えている

彫刻家は、体力勝負の仕事でもあります。硬い素材を彫る作業は、意外と体力を要するものです。大きな作品を彫る場合には、立った状態で作業をすることもあり得ます。長時間に渡る作業を求められることも多く、タフな体力や精神力を必要とする職業と言えます。

『 使命感が強い 』

だいぶ兼ね備えている

彫刻作品が完成するまでには、長い歳月がかかります。その間、モチベーションを維持しながら毎日地味な作業を繰り返すことは簡単なことではありません。使命感や責任感を感じて仕事を続けられる人こそが、彫刻家にふさわしい人です。すぐに結果を求めるのではなく、長期的な視野で物事をとらえて、芸術作品を仕上げる作業にまい進できることが求められます。作品の完成度を高めると共に、納期をきちんと守り、責任感を持って作品を仕上げることも大切です。

『 優れたセルフプロデュース力を持つ 』

兼ね備えていない

数多くの芸術家が活動をする時代、彫刻家にとっても自身の魅力を伝えるセルフプロデュース力が求められる時代となってきました。どれほど優れた技術を持っていたとしても、社会に発信することがなければ、その価値を認めてもらうことはできません。展示会やコンクールに出品したり、画廊に作品を持ち込みしたり、と自分の作品を世の中に送り出すための活動をすることも、彫刻家にとって大事な仕事です。

『 スケジュール管理能力が高い 』

だいぶ兼ね備えている

彫刻家は与えられた仕事をただ淡々とこなせばよいというタイプの仕事ではありません。作品の制作依頼を調整して、無理のないスケジュールで依頼を引き受けるスケジュール管理能力も、彫刻家にとっては必須です。精緻なスケジュール管理のためにも、自身の作品の制作スピードを把握しておくことが大切です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの彫刻家適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る