理想の就活/転職のための
自己分析サイト

脚本家適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今脚本家の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい脚本家に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの脚本家適性診断結果

あなたの適性度は56%で、脚本家の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。脚本家を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

脚本家に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.表現することに興味がある
2.文章を書くことが得意
3.映画やドラマが好き
4.想像力が豊か
5.時代の流行に敏感
6.人生経験が豊富
7.執筆することが好き
8.映画や舞台などの専門知識がある
9.一般とは違った角度から物事を見られる
10.鋭い感受性を持っている
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 表現することに興味がある 』

あまり兼ね備えていない

表現に興味があるひとはまずそれだけで脚本家に向いているといえるでしょう。脚本は映画やドラマまたは舞台のもっとも根本的な部分の創作です。逆に表現することに興味がないと脚本家になることは難しいともいえます。芸術の仕事は何でもそうですがその根底に表現への絶え間ない欲求が必要とされます。まず、根底に何かを表現したいという強い欲求を持っているべきです。表現への欲求が創作への高いモチベーションにもつながるのです。

『 文章を書くことが得意 』

あまり兼ね備えていない

文章を書くことが得意な人は脚本家に向いているといえるでしょう。脚本は文章で構成されます。しかし、文学作品を書くこととは少し異なります。文学作品が文章で完結するのに対して脚本はそれを可視化することを前提で書かかなければならないからです。より、視覚表現に重点を置いて作ることを求められます。やはり、小説などを書くのが得意な人は脚本家にも向いているといえるでしょう。小説家が脚本を書くことも多々あるからです。ストーリーを作り上げるという点でこのふたつの職業は共通しています。小説を書くスキルの多くが脚本を書くことにも生かせます。脚本の執筆は高い執筆能力が試されます。高い文章力をもっていることが必要とされます。

『 映画やドラマが好き 』

そこそこ兼ね備えている

映画やドラマが好きな人は、それだけ作品に関する知識やボキャブラリーを多く持っているということです。これらの知識は脚本を書く上でも大いに生かされるでしょう。先に作品を知っていると、理論面の理解も早いでしょう。好きこそものの上手なれといいますが、まず映画が好きだ、ドラマが好きだということは自らがそれをつくる側に回ったときにも高いモチベーションにつながります。職業人としてのモチベーションの維持にもこの特性は大いに生かされるでしょう。

『 想像力が豊か 』

だいぶ兼ね備えている

脚本を書く上では多くの想像力が試されます。これは、小説を書くことと共通したことですがその豊かな想像力は脚本を書く上で大いに生かされるでしょう。最初のイマジネーションがしっかりとしていれば自然と言葉が溢れてきます。豊かな想像力は芸術や執筆に関わる仕事に必須の能力です。生まれ持って想像力が豊かな人は脚本を書くのに有利な資質を持っていると言えます。日頃から想像力を養うことは脚本家にとって必須事項です。日頃から磨いた高い想像力が作品に反映されるのです。

『 時代の流行に敏感 』

十分に兼ね備えている

映画にもドラマにも舞台にもトレンドというものがあります。時代に敏感でなければその時代の空気を詳細に描写することは難しいです。トレンドを的確に掴むには時代に対する感度が高くなければなりません。時代に敏感でいればトレンドを掴むことも容易です。時代に関する描写というものは映画やドラマや舞台では非常に重要なポイントです。鋭く時代を突いた作品は多くの人の共感を生むことができます。また、作品の中にパッケージングされた描写は後の時代においても価値のあるものになります。時代のトレンドを知っていればその時代に合わせた作品を書くことができ、高い市場価値のある作品を書くことができます。

スポンサーリンク

『 人生経験が豊富 』

そこそこ兼ね備えている

人間を描くには豊富な人生経験は大きな武器になります。人間に精通していなければよい脚本を書くことは難しいです。なぜなら、脚本の題材は人間であるからです。豊かな人生経験は脚本を書く仕事の節々で生きてきます。豊富な人生経験は脚本を書く上での基礎体力のようなものです。それをなくして、深い作品を書くことは難しいでしょう。

『 執筆することが好き 』

そこそこ兼ね備えている

執筆することが好きな人は、ものを書くことが苦になりません。これは、脚本を書く仕事をする上でかなり有利なことです。また、日頃から執筆する習慣がある人はよりスムーズに脚本家の仕事をこなすことができるでしょう。

『 映画や舞台などの専門知識がある 』

だいぶ兼ね備えている

大学や専門学校などで映画や舞台などに関して専門的に学んでいた人はそれだけで脚本家に向いているといえるでしょう。学校で学んだ専門知識はダイレクトに脚本を書く仕事に反映されます。また、現場や制作過程を詳しく知っていればより具体的に表現をすることができます。理論面を詳しく学んだ人であれば、よりアカデミックな作品を書くことも可能です。

『 一般とは違った角度から物事を見られる 』

そこそこ兼ね備えている

同じ物事でも見る角度により見え方は変わってきます。一般とは違った角度から物事を見られる人は時に斬新な作品を書くことができます。作品には高いオリジナリティが求められます。人とは少し違う角度からものを見れるということも一つの才能です。また、一般的な視点とは異なる角度から物事をみることは多くの文学作品や芸術作品から学ぶことができる能力です。

『 鋭い感受性を持っている 』

あまり兼ね備えていない

芸術作品をつくるには鋭い感受性が必要です。鋭い感受性をもっていれば細部にわたるまで深みのある描写ができるでしょう。鋭い感受性が抉り出す様々なことが良い作品を生み出すのです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの脚本家適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る