理想の就活/転職のための
自己分析サイト

学校事務に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今学校事務の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい学校事務に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの学校事務適性診断結果

あなたの適性度は43%で、学校事務の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。学校事務を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

学校事務に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.教育の仕事に興味がある
2.人と接することが好き
3.裏方仕事に関心がある
4.面倒見が良い
5.几帳面な性格
6.基本的なパソコンスキルがある
7.スケジュール管理が得意
8.マメな性格
9.スキルアップのための勉強が苦でない
10.プライベートと仕事をきっちり分けたい
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 教育の仕事に興味がある 』

そこそこ兼ね備えている

学校の事務員は、子どもたちの大切な未来を健やかに育んでいくために、学校内外の幅広い業務に携わることになります。生徒たちの成長を見守ることに喜びを感じることも可能な職場なので、教育業界に興味や関心があればやりがいを感じられるでしょう。

『 人と接することが好き 』

十分に兼ね備えている

学校事務は、事務室内の同僚以外にも生徒や教師、保護者など様々な人と接する仕事です。学校では外部からの問い合わせも多く、学校の窓口として対応や交渉にあたることもあるでしょう。そのため、人と接するのが好きな人であればスムーズに対応できることが期待されます。また、生徒たちを触れ合うこともあり、様々な人と円滑にコミュニケーションがとれるコミュニケーションスキルが高い人も学校事務に向いています。

『 裏方仕事に関心がある 』

兼ね備えていない

学校の事務は、教育現場を裏方から支える縁の下の力持ちのような仕事内容といえます。目立つような仕事ではありませんが、学校の業務が滞りなく進められるように、周囲の状況を把握しながら教育現場をサポートしています。派手さがなくても、裏方として人々のサポートをするのが好きな人が向いています。

『 面倒見が良い 』

あまり兼ね備えていない

教育現場を裏方から支える事務員は、相手の立場に立ってものごとを考えることができる人が向いています。困っている人がいれば、さりげなく手伝えるような面倒見の良い人も学校事務員には適しています。

『 几帳面な性格 』

そこそこ兼ね備えている

一般的にルーティンワークが多い事務作業ですが、その作業には正確性と速さが求められます。几帳面な人であれば、ミスがないように丁寧に作業をこなすことができるでしょう。入力ミスや計算ミスがないように書類を作成したり見直したりなど、スピーディーに適切な作業ができるここが事務員には必須な要素といえます。几帳面で集中力のある人なら効率的に作業をこなすことができるでしょう。

スポンサーリンク

『 基本的なパソコンスキルがある 』

あまり兼ね備えていない

学校の事務作業は、学費などの経理や校内や外部へ向けた書類の作成、労務管理など多岐にわたります。こうした業務は一般的にはパソコンが使われるため、基本的なパソコンスキルは必須です。経理や労務管理は専用のソフトなどを導入している学校もありますが、パソコンの操作スキルやエクセルなどのスキルが高ければ仕事がしやすいでしょう。独自のWebサイトを持っている学校であれば、サイトの運営に関わる可能性もあり、Webデザインやマーケティングなどの知識やスキルも役立ちます。

『 スケジュール管理が得意 』

あまり兼ね備えていない

中小規模の学校の場合は、学校事務が総務や経理などを兼務することが多い傾向にあります。学校で扱う手続きなども学校事務が行うため、幅広い業務を取り扱うことになり、効率よく処理していかなければ仕事が滞ってしまいます。スムーズに事務作業を遂行するためには、仕事のスケジュールを管理する高い能力が必須となるでしょう。また、労務管理等の書類は、在籍する教員や職員から書類を提出してもらわなければいけないことも多く、自分の業務を滞りなく行うためにも、提出期限を守ってもらえるような工夫も必要となるでしょう。

『 マメな性格 』

兼ね備えていない

請求書や領収証、稟議書など事務の仕事は多様な書類を日々取り扱います。書類作成の入力作業、ファイリングなども行う必要があり、作業を溜め込まずにこまめに処理していくことで事務作業がスムーズに捗ります。そのため、まめな人が学校事務員に向いているといえます。また、まめな人は他の部署や学外への報告や連絡が遅れることも少ないため、周りからの信頼も得られるでしょう。

『 スキルアップのための勉強が苦でない 』

そこそこ兼ね備えている

学校の事務は、一口に事務といっても経理や庶務、教務など幅広い内容を扱います。学校の規模によって違いますが、小規模な学校では事務員ひとりが携わる内容が多い場合があります。そのため、様々な業務を覚えることが可能です。学校へ訪れた人や問い合わせへの対応などでビジネスマナーも必要です。また、学校説明会やオープンキャンパスなどのイベントの運営や広報活動など、学校運営には多彩な活動があり、それらを経験することでスキルアップを図ることが可能です。様々な経験を積み、幅広い業務に対するスキルアップを目指す人に学校事務はおすすめの職種と言えるでしょう。

『 プライベートと仕事をきっちり分けたい 』

そこそこ兼ね備えている

一般的な事務と同様に、学校事務も基本的には残業が少ない傾向にあります。学校行事などで土日に出勤することがあっても振替休日や代替休日があるなど、きちんと休むことができる環境です。学校にもよりますが、夏休みや冬休みなどの長期休業中の仕事量が少なくなる場合もあり、有給休暇も取得しやすくプライベートの充実を図ることが可能です。仕事とプライベートの両立を図りたい方にも、学校事務はおすすめです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの学校事務適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る