理想の就活/転職のための
自己分析サイト

営業職に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今営業職の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい営業職に
向いているかわかります。

20問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

営業職に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの営業職適性診断結果

あなたの適性度は39%で、営業職の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。営業職を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

営業職に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人と接するのが好き
2.プレゼンが得意
3.メンタルが強い
4.体力に自信がある
5.論理的に思考できる
6.ヒアリング力がある
7.情報収集能力が高い
8.行動力がある
9.事前準備をしっかりできる
10.柔軟性がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 人と接するのが好き 』

十分に兼ね備えている

営業職は、顧客を開拓するために多くの人と会わなければなりません。そのため、人と接するのが好きな人に向いています。人とコミュニケーションを取るのが苦痛であったり、面倒だと感じたりすると、営業職をストレスに感じてしまう可能性が高くなります。初対面の人とでも緊張せずに話せる、色々な人と会ってみたいと言う人は、営業職に向いています。

『 プレゼンが得意 』

あまり兼ね備えていない

営業職のゴールは、自社の商品やサービスをターゲットとする個人や企業に購入してもらったり、契約してもらったりすることです。そのため、自社の商品やサービスを魅力的に伝えるプレゼン能力が求められます。商品やサービスの素晴らしさを納得させるためには、自分自身が商品やサービスの長所や短所について把握し、良さをアピールする能力が必要です。ただ楽しく会話できるだけでなく、説得力のある話し方ができることがカギとなります。

『 メンタルが強い 』

そこそこ兼ね備えている

営業職においては、自社の商品やサービスに興味がない人にもアピールしなければなりません。相手が気乗りしていないとわかりながらも、話を続けなければならないこともあります。また、話す前から門前払いされたり、長時間時間を割いたのに断られたりすることもあります。営業職では珍しいことではありませんが、メンタルが弱いとストレスが溜まってしまうでしょう。そのため、営業職は相手に拒絶されてもへこたれない強いメンタルの人に向いています。

『 体力に自信がある 』

そこそこ兼ね備えている

営業職はオフィスに座って事務仕事をすることもありますが、外周りがメインとなります。営業職は足で稼ぐとも言われており、どれだけ靴底がすり減ったかで営業職の能力が判断されることもあります。真夏の炎天下や真冬の寒空の下でも、タフに営業を続けなければなりません。また、新規顧客を開拓するために、国内はもちろん海外に出張しなければならないこともあります。そのため、体力に自信がある人に向いています。

『 論理的に思考できる 』

そこそこ兼ね備えている

営業職では、商談を成立させるための落としどころや突破口を見つけなければなりません。相手が契約を渋っている理由を筋道を立てて考え、建設的な結論を見出す必要があります。そのため、課題を発見して結論を導き出す論理的な思考ができる人に向いています。論理的な思考ができると、ノルマを達成するにはどうすれば良いのか、効率的に営業するにはどのように回れば良いのかなどを考えながら行動できます。

スポンサーリンク

『 ヒアリング力がある 』

兼ね備えていない

商談を成立させるためには押しも必要ですが、やみくもに押すのではなく相手のニーズを知った上で押すことが大事です。そのため、営業職では会話の中で相手が欲していることを汲み取るヒアリング力が求められます。ヒアリング力が優れていると相手を理解し、求めているものがわかり適切な提案ができるため、結果的に信頼を獲得できます。押しの強さだけで契約を勝ち取るよりも、長期的に良好な関係性を築くことができます。

『 情報収集能力が高い 』

兼ね備えていない

営業職では、自社の商品やサービスを他社のものと比較して良さをアピールすることがあります。また、相手の情報を把握していると交渉に利用できたり、有利に進めたりすることもできます。そのため、情報収集能力に優れているのも、営業職に必要な資質といえます。普段からいろいろなことに興味を持ち、情報として自分の中に落とし込める人に向いています。

『 行動力がある 』

兼ね備えていない

営業職では、あらかじめ約束した相手と面談することもありますが、自社の商品やサービスを買ってくれそうな相手に飛び込みで交渉することもあります。アポイントメントがないからと躊躇していれば、せっかくのチャンスを逃すこともあります。また、綿密に立てた営業スケジュールも、実行しなければ意味がありません。そのため、行動力がある人に向いています。

『 事前準備をしっかりできる 』

兼ね備えていない

商談を成立させるためには、何のプランもなしに話を進めても成功の確率は低くなります。どのように話を進めるか事前にプランをたて、ポイントを押さえた交渉をすることが大事です。また、営業活動は一筋縄ではいかず、根回しが必要になることもあります。ときには、相談にこぎつける前に全く異なる部署の人を取り込まねばならないこともあります。そのため、事前準備をしっかりできる人に向いています。

『 柔軟性がある 』

だいぶ兼ね備えている

特に新人の営業マンは、与えられている権限が少ないため思うように営業活動が行えないことがあります。上からの命令で、納得のいかない形で交渉しなければならないこともあります。自分のやり方に自信があり、自分が最善だと思う方法で進めたい人は、ストレスに感じてしまうこともあるでしょう。そのため、営業職は柔軟性のある人に向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの営業職適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

《 営業職適性診断の質問一覧 》

  • Q1. 初対面の人とも会ったり話したりするのが好きなほうだ
  • Q2. 人にプレゼンするのが得意な方だ
  • Q3. あまり落ち込むことがなくポジティブな性格だ
  • Q4. 足腰の強さや体力には自信がある
  • Q5. 物事は論理的に考える方だ
  • Q6. 人の話を聞いたり聞き出したりするのが得意だ
  • Q7. 色んなことに興味があり常に情報を集めていたい方だ
  • Q8. あれこれ考えるよりも行動する方が好きだ
  • Q9. 準備は前もってしっかりやっておく方だ
  • Q10. 物事に柔軟に対処できる自信がある
  • Q11. 人といるより一人で過ごす方が好きだ
  • Q12. 引っ込み思案で自分の意見を言えない
  • Q13. 他人に否定されると必要以上に反応してしまう
  • Q14. すぐに風邪をひく
  • Q15. 理屈よりも直感や感情を重視している
  • Q16. つい自分の話ばかりしてしまう
  • Q17. 世の中で流行っているものには興味がない
  • Q18. 優柔不断ですぐに決断できない
  • Q19. 宿題をやらずに先生に怒られることが多かった
  • Q20. 頑固な性格で想定外の事にストレスを感じてしまう

この適正診断テストでわかること

  • 営業職に向いているか向いていないか
  • 営業職の職業適性度
  • 営業職に必要な10の資質
  • 解説で営業職に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

営業職とは?

営業職は企業で営業と呼ばれる顧客の獲得や維持のための仕事をする職業です。

営業職の仕事として典型的なのは新規営業とルート営業です。

新規営業では新たに自社で販売している商品やサービスなどを購入してくれる取引先を探して、契約をすることを目的として仕事をします。

ルート営業では既存の取引先を回って、今後も取引を続けてくれるようにフォローをするのが主な仕事内容です。

営業職は企業にとって売上を伸ばしていくための重要な職種なので多数の人材を雇っていることが多く、営業成績に応じた報酬を出すのが一般的になっています。

営業職になるには?

営業職になるには特に資格は必要ありません。

新卒採用のときには総合職として募集されているときにも、最初は営業の仕事を割り当てられることが多くなっています。

営業職は企業の商品やサービスについて詳しくなれる仕事でもあるからです。

転職の際にも営業職であれば未経験者も募集していることが多いので、誰もが営業職になれるチャンスがあります。

営業職になるにはビジネスやマーケティングについての知識があると有利で、顧客獲得や顧客維持の戦略を考える力があると重宝されます。

ビジネスやマーケティングについて基礎から学んでおくと営業職になりやすいでしょう。

営業職の給料・年収

営業職の年収についてはさまざまな機関による調査がおこなわれています。

業種や働き方によって営業職の年収には違いがあるため一概には言えませんが、求人サイトなどによる調査情報から平均的には450万円程度になっています。

営業職はインセンティブによって年収が左右されることが多く、成果が出た年には年収が上がりますが、大きな成果がないと年収が低めになるのが特徴です。

新卒として総合職で採用された人が営業職で働いたり、未経験で転職した人が営業職になったりすることも多いので平均的に見ると年収があまり高くはない職種です。

営業職の就職・転職先(求人)

営業職の就職先や転職先はほぼあらゆる分野の企業です。

企業では新規顧客を獲得することで事業や売上を拡大していくことができるため、営業職は企業にとって欠かせない存在です。

営業職は業界を問わずに募集されているので、仕事を探す際には自分が興味のある分野を選べるでしょう。

小企業では営業職を雇っていないことがありますが、大企業になると多数の人材を集めているのが一般的です。

営業職で成功して実績を積み上げてきた人は経営にかかわる職種にキャリアアップできるチャンスもあります。

希望の分野で働いて出世も目指したい人にとってうってつけの職種の一つです。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る