理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

校閲者に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今校閲者の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい校閲者に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

校閲者に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの校閲者適性診断結果

あなたの適性度は47%で、校閲者の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。校閲者を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

校閲者に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.確認作業が得意
2.集中力が高い
3.同じ作業の繰り返しが得意
4.本・雑誌が好き
5.縁の下の力持ち
6.好奇心が強い
7.調べ物が得意
8.フットワークが軽い
9.物事を公正な目で見られる
10.責任感が強い
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
校閲者適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 確認作業が得意 』

兼ね備えていない

校閲の仕事は文章の確認作業が多くを占めます。編集者に上がってきた原稿を受け取り、表現に誤りがないか、辻褄が合わない部分がないか、わかりにくい部分がないか、隅から隅までチェックします。このような確認作業は、不得意な人が行うとミスをスルーしてしまう可能性があるためリスキーです。細かなところまで誤りや気になる点を見過ごさない、確認作業の上手な人が向いています。

『 集中力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

校閲業務は長時間ひたすら文字と向き合うことになります。細かい文字を全てしっかりチェックするには集中力も必要です。集中力が高く、1つの作業に没頭できる人であれば、ほかのことに気を取られることなくしっかり校閲業務を進めていけるでしょう。反対に、集中力があまり続かない人は、長い時間作業に没頭することが難しいため、なかなか作業が進まず効率が下がると考えられます。

『 同じ作業の繰り返しが得意 』

そこそこ兼ね備えている

校閲者の仕事は基本的には同じ業務の繰り返しです。校閲を行う原稿をもらう、校閲を行う、誤字・脱字・確認したいことなどをメモなどで書き加え編集者に戻す、これが業務の流れです。校閲を担当する原稿は雑誌・小説・エッセイ・ムック本などさまざまな種類がありますが、行う作業はどれもほぼ同じです。ルーティンワークが得意な人は、校閲者の適性があると言えるでしょう。

『 本・雑誌が好き 』

兼ね備えていない

校閲者は勤務時間中、ずっと自分が校閲を担当する本・雑誌などと向き合わなければいけません。本が好きでなければ勤まらない仕事と言えます。細かい文字をずっと目で追い確認作業をしていると、心身に疲れを感じることもあるでしょう。編集者や執筆者との間で板挟みになることも。働く上で大変なこともさまざまありますが、本が好きという気持ちがあればある程度のことは乗り越えていける可能性が高いでしょう。

『 縁の下の力持ち 』

そこそこ兼ね備えている

校閲は一般的に華やかな仕事とイメージされることはないでしょう。原稿を最終的にチェックするという重要な役割を担いながら、表立って取り上げられることはあまりありません。まさに、本・雑誌などの発行物を縁の下から支える力持ちという存在です。表舞台で活躍するより、陰から支える仕事の方が得意という人は、校閲者の適性があるかもしれません。

スポンサーリンク

『 好奇心が強い 』

兼ね備えていない

校閲の際、「この部分は本当に事実と相違ないのだろうか?」と疑問を抱くためには好奇心が必要です。好奇心に乏しいと、原稿内の些細な違和感に気付けず、「こういうものだろう」とスルーしてしまう可能性があります。「果たしてこれは間違いないのか、自分で確かめたい」という興味関心が強い人は、校閲者の適性があると言えます。

『 調べ物が得意 』

そこそこ兼ね備えている

校閲者の仕事の中でも時間がかかるのが調べ物です。誤字・脱字を見つけ出すほか、事実かどうかチェックが必要な部分についても細かく調べなければいけません。書籍・ネット・現場など確認に使えるものはさまざまありますが、何をどのように調べるかを考え、速やかに動くことが大切です。調べ物が得意な人は、校閲者として有用なスキルを持っていると言えます。

『 フットワークが軽い 』

十分に兼ね備えている

校閲はデスクワークが主ですが、フットワークも重要です。もし校閲している原稿の中に、それが事実かどうかわからない部分があれば、事実確認を行う必要があります。文献などを調べてわかれば良いですが、もし手元に使える文献がなければ、図書館に行く場合もあります。また、現場を見なければわからないことは、実際現場に赴いて確認することも。不明な点を速やかに解決するため、校閲者はフットワークの軽さも求められます。

『 物事を公正な目で見られる 』

そこそこ兼ね備えている

校閲を行うときのポイントの1つは、自分の好みや感情を挟まずチェックすることです。例えば小説の校閲を行う際、物語に入り込み過ぎてしまうと、思考や視野が狭くなり、修正すべき点を見逃してしまう可能性もあります。目の前の原稿をフラットな目でチェックすることが大切なので、必要なときには自己の感情を挟まず、物事を公正に見られる人が向いているでしょう。

『 責任感が強い 』

十分に兼ね備えている

校閲は非常に責任の重い仕事です。校閲した原稿をさらに校閲するような仕組みはありません。誤字・脱字・不自然な表現など、文章のミスを発見する最後の砦が校閲です。校閲でもし原稿のミスに気が付かず通してしまえば、ミスしたままの原稿で出版がなされます。文章中に誤りがあるまま出版したとなると、訂正を行わなければならず大きな手間が発生する上、会社の信頼性にも関わってきます。このような校閲業務の重要性を十分理解し、責任を持って仕事に携われる人であれば、校閲者に向いているでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの校閲者適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
校閲者適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 校閲者に向いているか向いていないか
  • 校閲者の職業適性度
  • 校閲者に必要な10の資質
  • 解説で校閲者に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

校閲者とは?

校閲者の仕事は、新聞や雑誌など印刷物の原稿や校正刷りをチェックする仕事です。

誤字や脱字をチェックし、あった場合にはわかりやすいように指摘します。

また、記載されている内容が正しいかどうかや、差別用語や不適切な表現が含まれていないかについても確認します。

同じ文章や書籍のなかで、矛盾を感じた場合はその原因を追求し正しい表現に直します。

また、WEBなど印刷物以外の文章も手掛ける事があります。

文章だけではなく、使用されている色などについても調べます。

校閲は、読者に対して正しい知識を伝えるために必要な仕事なのです。

校閲者になるには?

校閲者になるためには、いくつかの方法があります。

1つは、新聞社や出版社に就職して仕事をしながら技術を身につける事です。

もう1つは、求人情報サイトなどをチェックして校閲を募集している新聞社や出版社に勤務する事です。

正社員だけではなく、派遣社員や契約社員更にはパートと様々な雇用形態があります。

更に、フリーランスの校閲者として働く事もできます。

企業と業務委託契約をして仕事を請け負う事も可能ですし、クラウドソーシングサイトなどを利用して個人から依頼を受ける事もできます。

持っていると便利なのが、校正技能検定です。

日本エディタースクールなど各教育機関で指定単位科目を取得したら認定されます。

校閲者の給料・年収

校閲者の年収について調べた結果、平均約400〜420万円だとわかりました。

勤務する場所によっても違いがありますし、経験値でも変わってきます。

20代の場合は約350万円ですが、30代になると約450万円です。

大手出版社になると、平均年収が1,000万円以上になる場合もあります。

そして、雇用形態によっても大きく収入は異なります。

正社員として勤務したら平均年収は約420万円ですが、派遣社員やパートの場合は時給約1,300円です。

フリーランスの校閲者になった場合には複数の企業の仕事を請け負う事ができるため、働けば働くほど報酬を得る事が可能です。

校閲者の就職・転職先(求人)

校閲者の就職先は多彩です。

新聞社や出版社など、雑誌や本を扱う会社や企業で募集があります。

また、編集プロダクションでも校閲の仕事は必要とされています。

大手企業では、校正部署を設けている所もありますがそれ以外だと校閲だけを募集しているわけではありません。

そのため、他の業務も行いながら校閲の仕事をする事もあります。

フリーランスの校閲者になった場合は、大手出版社と業務委託契約をする事もできますし、個人と契約する事も可能です。

文章を書く限り、校閲者の仕事は必要になります。

将来的な事を考えても、校閲者の仕事は需要が高いです。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0