理想の就活/転職のための
自己分析サイト

レスキュー隊員に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今レスキュー隊員の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいレスキュー隊員に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのレスキュー隊員適性診断結果

あなたの適性度は39%で、レスキュー隊員の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。レスキュー隊員を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

レスキュー隊員に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.困っている人を助けたい思いが強い
2.体力に自信がある
3.協調性がある
4.フットワークが軽い
5.不規則な生活に順応できる
6.向上心がある
7.度胸がある
8.冷静な判断ができる
9.コミュニケーションスキルが高い
10.メンタルが強い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 困っている人を助けたい思いが強い 』

兼ね備えていない

レスキュー隊員として働く上で、困っている人を見過ごせない、助けたいという気持ちは不可欠です。命の危機に瀕している人を助けることは簡単ではありません。過酷な環境を突破して要救助者に辿り付き、無事安全なところへ運ぶためには、その人を救いたいという強い想いや覚悟が必要です。困っている人を救うため自分の力を使いたい正義感の強い人は、レスキュー隊として欠かせない適性があると言えます。

『 体力に自信がある 』

そこそこ兼ね備えている

レスキュー隊は体が資本です。事故現場や災害現場など、レスキュー隊が駆けつける現場は非常に危険な環境である可能性が高いと言えます。そのような環境を潜り抜け要救助者を助けるためには、かなり体力が必要です。レスキュー隊として働くためには試験に合格しなければいけませんが、試験には体力試験も含まれており、その内容は非常に厳しいものがあります。また、レスキュー隊は出動に備え、日頃から厳しいトレーニングを積み重ねます。このトレーニングはレスキュー隊として前線で働く間はずっと続けなければいけません。体力に自信があり、日々の鍛錬も打ち込めるという人はレスキュー隊員に向いている可能性があります。

『 協調性がある 』

十分に兼ね備えている

レスキューはチームワークが重要です。救助は個の力でできるものではありません。同じ隊のメンバーが一丸となり、お互いをフォローしながら、要救助者救出という目標に向かって進むのです。そのため、協調性は絶対に必要。協調性がなく勝手に単独行動ばかりするようでは、レスキュー隊員は務まりません。協調性をもって、周りの人たちと一緒に物事を成し遂げる力がある人なら、レスキュー隊員としても活躍できるかもしれません。

『 フットワークが軽い 』

だいぶ兼ね備えている

現場への出動要請はいつ入るかわかりません。例えば出勤直後に要請が入るかもしれません。食事をしているときに要請が入ることもあるでしょう。また、夜勤で仮眠を取っている間に出動要請がかかる場合もあり得ます。このように、いつ何時出動しなければならないか読めない仕事なので、要請がかかったらすぐに動けるフットワークの軽さも不可欠です。行動が早くフットワークが軽い人は、レスキュー隊員に向いている部分があると言えます。

『 不規則な生活に順応できる 』

兼ね備えていない

レスキュー隊員の勤務は不規則になりがちです。日勤や夜勤を交替しながら勤務するパターンもあります。また、丸1日勤務して丸1日休む隔日勤務もあります。どのような勤務スタイルであるかは消防署や役職などによって異なりますが、何にしろレスキュー隊員の仕事はいつも同じ時間に始まり定時で終わる、というものではありません。不規則な生活でも順応できる人はレスキュー隊員の適性があります。

スポンサーリンク

『 向上心がある 』

そこそこ兼ね備えている

レスキュー隊員の仕事は試験に合格すればそれで務まるというわけではありません。試験はあくまでレスキュー隊員としての資格を得るためのもの。実際にレスキュー隊員として活躍するためには、試験を突破し勤務先に配属された後も、常に自分のスキルを磨き続けなければいけません。今の自分の能力に満足せず自分を高めようとする向上心を持っていることが大切です。

『 度胸がある 』

そこそこ兼ね備えている

レスキュー隊員はその職務の特性から、常に危険と隣り合わせの状態で働くことになります。火災現場、事故現場など、危険な現場で救助を行うためです。普通であれば震えあがり足がすくんでしまうような状況でも、要救助者のために飛び込んでいかなければいけません。度胸がなければとてもできない仕事です。危険な状況でも勇気をもって助けを求める人の元へ向かえる、このような度胸を持っている人なら、レスキュー隊員として働けるかもしれません。

『 冷静な判断ができる 』

兼ね備えていない

救助現場では常に冷静な判断が求められます。何が起こるかわからない現場だからこそ、イレギュラーな事態が発生しても焦ることなく状況を分析し、最善の行動を取ることが大切なのです。トラブルが発生したときにも冷静に対応できる人、状況を踏まえときに臨機応変な対応が可能な人は、レスキュー隊員の資質があります。

『 コミュニケーションスキルが高い 』

兼ね備えていない

レスキュー隊員は基本的に常にチームで動きます。消防署で待機をするときも複数名で一緒に過ごします。また、現場でもチームで動きます。そのため、コミュニケーションスキルが不可欠です。コミュニケーションがうまく取れないと、チームでの連携もスムーズにできないでしょう。現場の状況を的確に伝える、自分の意見をしっかり伝える、これらを行うため緻密なやり取りが欠かせません。

『 メンタルが強い 』

そこそこ兼ね備えている

レスキュー隊員の仕事は過酷です。出動が何度も続くこともあります。危険度の高い現場に赴くこともあるでしょう。また、要救助者を救助しきれないという事態も起こるかもしれません。さまざまな状況に耐えながら働き続けるためには、強いメンタルが必要です。激務や困難な状況、辛い出来事に直面してもしっかり職務を全うする、メンタルの強さがある人はレスキュー隊員に向いているでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのレスキュー隊員適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る