理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

レポーターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今レポーターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいレポーターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

レポーターに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのレポーター適性診断結果

あなたの適性度は65%で、レポーターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。レポーターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

レポーターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.話をするのが得意
2.わかりやすく正しい言葉遣いができる
3.情報を素早く整理してまとめる能力が高い
4.話をするときの表現力が高い
5.度胸がある
6.臨機応変に対応できる
7.コミュニケーションスキルが高い
8.協調性が高い
9.専門的な知識・スキルがある分野を持っている
10.体力がある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
レポーター適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 話をするのが得意 』

十分に兼ね備えている

レポーターは現場に赴き、報道する内容を視聴者に伝える仕事であり、視聴者にわかりやすく話すスキルが求められます。ただ思うように話せば伝わるわけではありません。話す内容をしっかりまとめ、どのような構成で話せば理解してもらいやすいかを考えること。話がわかりやすい人はこれが自然にできています。話をするのが得意な人、伝えるスキルがある人はレポーターの適性があると言えるでしょう。

『 わかりやすく正しい言葉遣いができる 』

十分に兼ね備えている

話をわかりやすく伝えるためには、言葉を正しく使うことも大切です。正しくない日本語、一部にしか伝わらない言葉などは、広く視聴者に理解してもらいたい場面では不適当です。レポーターの報道は電波に乗り、非常に多くの視聴者に伝えられます。この責任の重さを受け止め、また万民に伝わるよう、正しい言葉を使ってレポートする力が求められます。普段から正しい言葉遣いをしていて自信がある人などはレポーターに向いています。

『 情報を素早く整理してまとめる能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

リポーターは現場の状況をすぐに把握し、どのように報道するかを考えなければいけません。また、現地で得られた情報などをわかりやすくレポートするために整理する必要もあります。そのため、レポーターには高い情報処理能力も求められるでしょう。多くの情報をまとめ、どれが重要であるかをしっかり把握し、整理しわかりやすくするスキルがあれば、レポーターとして働く上で活用できるでしょう。

『 話をするときの表現力が高い 』

十分に兼ね備えている

レポーターは現地の様子や現地で得られた情報をただ淡々と伝えればそれで良いというものでもありません。表現力を駆使して、視聴者にわかりやすく発信する必要があります。ハッピーな内容であれば明るく楽しそうに、ネガティブな内容であれば深刻さを強調しながら、現場や報道内容の空気感をつかみ、表情や声色などで表現することも大切です。表現力が高い人はレポーターとしての適性がありそうです。

『 度胸がある 』

だいぶ兼ね備えている

レポーターの仕事は度胸も必要です。レポートする内容は楽しいものばかりとは限りません。事件・事故・災害などが起こった現場に向かわなければならない場合もあります。例えば台風が接近したり天候が大荒れになったりしている地域で現地の最新情報をレポートしなければならないこともあります。災害が発生したとき、実際の状況を伝えるため現地に入ることもあるでしょう。また、世界情勢を伝えるため、海外に飛ぶことも。レポーターはどのような現場にでも向かいレポートできるだけの度胸も求められる仕事なので、度胸に自信がある人には向いているかもしれません。

スポンサーリンク

『 臨機応変に対応できる 』

兼ね備えていない

レポーターは現地で逐次入ってくる情報にも対応しながらレポートをしなければいけません。レポーターの報道の途中で「たった今入ってきた情報ですが…」などと、最新の情報が伝えられる場面を見たことがある人も多いでしょう。テレビ局のスタジオより、現地の方が新しい情報を得やすいため、把握できる情報は常に変わっていきます。レポーターは次々に入ってくる情報を受け取り、随時報道内容をアップデートする必要があります。したがって、臨機応変に対応できるスキルがある人も、レポーターの適性があると言えます。

『 コミュニケーションスキルが高い 』

そこそこ兼ね備えている

レポーターは現地で取材を行うこともあります。しかし、取材をお願いした場合、全ての人が快く応じてくれるわけではありません。取材に対しネガティブな感情を持っている人、メディアに警戒心を持っている人などもいます。多くの人に取材を受けてもらうためにはコミュニケーションスキルも大切です。

『 協調性が高い 』

そこそこ兼ね備えている

報道は1人だけでできるものではありません。レポーターのほか、レポート内容を報道に乗せるために動く多くのスタッフの力も不可欠です。報道はチームプレーであり、誰かの個人技でなされるわけではないのです。周りのスタッフたちと協力し、視聴者にとってわかりやすく質の良い情報を発信していくことが重要。そのため、協調性が高いこともレポーターに求められます。

『 専門的な知識・スキルがある分野を持っている 』

そこそこ兼ね備えている

特定の分野に関し高い専門性を有していれば、レポーターとして大きな武器になるでしょう。その分野について深い知見があれば、レポートの内容もより細かく具体的になると考えられるからです。例えばスポーツの経験・スキルなどがあれば、スポーツの現場でレポートしやすくなります。専門的知識を発揮できる人も、レポーターとして活躍できる可能性があると言えます。

『 体力がある 』

十分に兼ね備えている

レポーターは体力も不可欠です。レポートが必要な状況になれば、時間に関係なく現地に向かわなければいけない状況もあり得ます。また、現地が過酷な環境である場合も。レポーターはフットワーク良く動き、厳しい環境にもある程度対応する必要があるため、体力がある人向きの仕事です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのレポーター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
レポーター適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • レポーターに向いているか向いていないか
  • レポーターの職業適性度
  • レポーターに必要な10の資質
  • 解説でレポーターに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

レポーターとは?

レポーターはテレビ番組や新聞等のメディアにおいて、取材した情報を視聴者に伝える仕事です。

分かりやすく伝えることが非常に重要であり、情報を自ら分析する能力も求められます。

ニュースキャスターはテレビスタジオでの活動を主としますが、レポーターは各地からの中継を主な仕事としています。

取材相手へのインタビューをすることも多く、相手の真意を聞き出す話術も必要となります。

昨今では取材先からの中継と、スタジオでの報告の両方を日ごとにこなす人も増えています。

生放送に出演することも多い仕事なので、言葉選びは慎重を期する必要があります。

レポーターになるには?

レポーターには資格のようなものはありません。

ただし、該当の分野の資格を持っていると有利になることはあります。

スポーツレポーターであればスポーツの審判免許を持っていると有利です。

レポーターは芸能関係の仕事であるため、芸能専門学校や養成所に通って技術を身に着けることが重要となります。

そのあとは芸能プロダクションやテレビの製作会社などに入社することでレポーターになることが出来ます。

プロダクションに所属していなくても、テレビ局のオーディションに合格することが出来ればレポーターになることは可能です。

しかし、プロダクションに所属していないとオーディションで不利になることがあります。

レポーターの給料・年収

レポーターの平均年収は400万円から700万円ほどです。

全国放送のテレビ番組で継続的にレポーターを務めるようになれば年収は1000万円を超えることもあります。

しかし、それはわずか一握りの人であり、多くの人は地方テレビ局などでレポーターとして働きます。

安定したリポート能力を発揮していれば、地方テレビ局であっても良い待遇で働くことが出来ます。

芸能プロダクションに所属している限りは、そのプロダクションの給与体系に左右される部分があります。

実力をつけた後に独立してフリーで働く人もいます。

フリーになると報酬を自ら管理出来るようになりますが、仕事を勝ち取る難易度は上がります。

レポーターの就職・転職先(求人)

レポーターの多くは芸能プロダクションに所属しますが、アナウンサーのようにテレビ局に所属することもあります。

芸能プロダクションに所属した場合には歩合制で働くことが多くなり、一般的な会社の出世ルートのようなものは用意されていない可能性があります。

テレビ局の場合には一般的な会社のように課長や部長といったポストが用意されていることもあります。

テレビ局では、レポーターも役職の1つという捉え方がなされており、人事異動によってレポーターからアナウンサー、デスクへと交代するといったことも起こります。

そのため、常にレポーターだけをやりたいという場合には芸能プロダクションに所属するか、フリーで働くかのほぼ二択となります。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0