理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ルポライターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ルポライターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいルポライターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのルポライター適性診断結果

あなたの適性度は33%で、今の時点ではルポライターの仕事に向いているとは言えないようです。ルポライターを目指したい場合は、まず診断結果の詳細を読み込んで必要な資質を理解するようにしましょう。自分に足りない部分がわかったら、あとは一つづつ克服していけるよう努力あるのみです。

ルポライターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.文章を書くのが得意
2.時事に興味がある
3.行動力がある
4.興味の幅が広い
5.トレンドに関心がある
6.体力がある
7.論理的な思考ができる
8.人から好かれる
9.語学力がある
10.人と違う独自の表現ができる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 文章を書くのが得意 』

兼ね備えていない

ルポライターは文章を書いて発信するのが得意な人に向いている職種です。ルポライターは自分で調査をした結果に基づいて記事を書くのが仕事なので、記事を書くことにやりがいを感じられる人に適しています。読まれる記事を書けるのが重要なので、文章を書くスキルが高くて人々を魅了できる記事を作り上げることができる人ならルポライターとして活躍できるでしょう。

『 時事に興味がある 』

兼ね備えていない

ルポライターが取り上げる記事の内容は多岐にわたっていますが、ニュースとして話題になっている時事が主な内容です。時事問題に興味がある人はルポライターとして活躍しやすいでしょう。自分が興味を持った時事について資料を集めたり、取材に行ったりして記事を作成すれば仕事になるからです。興味がある問題を深く掘り下げるのは自分自身にとって楽しみにもなるため、仕事のモチベーションが上がりやすいでしょう。

『 行動力がある 』

兼ね備えていない

ルポライターには行動力が求められます。インターネットで収集できるレベルの情報だけでは魅力的な記事を書くのは難しいので、足を使って取材や現地調査に行くことが必要になるからです。悩むよりも行動をして情報を集めるというスタンスで働ける人にとってルポライターはうってつけでしょう。取材のアポを取るには早い方が有利な場合が多いので、すぐに行動に移せる人はルポライターとして活躍できます。

『 興味の幅が広い 』

十分に兼ね備えている

いろいろなことに興味を持てる人はルポライターに向いています。ルポライターは必ずしも自分の興味に従って記事を書けば良いというわけではありません。世の中の人が興味を持ってくれる記事を書くのが重要な役割です。興味の幅が広いと、世の中で話題になっている内容にも関心を持てるでしょう。すると調査する意欲も大きくなり、高いモチベーションで仕事に励むことができます。

『 トレンドに関心がある 』

だいぶ兼ね備えている

ルポライターはトレンドに関心がある人にうってつけです。世の中の人が気になっているトレンドにアンテナを張って、いつも興味を持っている人ならタイムリーに魅力的な記事テーマを取り上げられます。トレンドの分野は政治や経済でも、ファッションやテクノロジーでも構いません。新しいものに飛びついてしまう性格の人はルポライターとして活躍できるチャンスがあります。

スポンサーリンク

『 体力がある 』

兼ね備えていない

体力や気力に自信がある人はルポライターとしての素養があります。ルポライターは記事を書くだけでなく、あちこちに出張をして取材をしたり、資料の収集をしたりすることが必要です。執筆中以外は移動が多く、インタビューのときには時間を相手の都合に合わせなければなりません。執筆よりも情報調査にかかる時間の方が圧倒的に長い場合がほとんどなので、体力があって調査をやり通せることが重要になります。

『 論理的な思考ができる 』

兼ね備えていない

ルポライターは記事を書く上でも調査をする上でも論理的な思考力が求められます。物事を筋道立てて考える力がなければ説得力のある記事を書けないでしょう。ルポライターは誰もが納得する記事を書くのが重要なので、論理的な考え方ができることは必須です。そのためにどのような情報が必要かを考えて調査を効率的におこなえる人はルポライターとして活躍できます。

『 人から好かれる 』

兼ね備えていない

ルポライターは人から好かれる人に向いています。ルポライターは調査をする際に社会問題などの時事に関連する人に取材をする場合がほとんどです。取材のときに相手に好かれるかどうかによって聞き出せる情報の量も質も変わります。人付き合いが得意ならルポライターとして基本的な素養はあると言えますが、自然に接しているだけでいろいろな人から好かれる人はもっと活躍できるチャンスがあるでしょう。

『 語学力がある 』

あまり兼ね備えていない

ルポライターは語学力がある人にとって有利です。取材をするときには相手は必ずしも日本人ではありません。英語や中国語、韓国語などの他の国の言葉で話せる人はインタビューできる人の幅が広がります。英語ができる人なら海外企業でルポライターになる道も選ぶことが可能です。語学力があるとルポライターは展望が広がり、キャリアパスを描く自由度も高くなります。

『 人と違う独自の表現ができる 』

十分に兼ね備えている

ルポライターは表現力があると話題の人になれる可能性があります。ルポライターは読みたいと思ってもらえる記事を書けなければ活躍できません。同じ内容の文章だったとしても、表現によって読み手が受ける印象は大きく変わります。誰に読んでもらう記事なのかを意識して、わかりやすくてインパクトのある表現ができる人はルポライターとして成功できるでしょう。多彩な表現ができる人はルポライターとして広く活躍できます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのルポライター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る