理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

登録販売者に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今登録販売者の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい登録販売者に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

登録販売者に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの登録販売者適性診断結果

あなたの適性度は59%で、登録販売者の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。登録販売者を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

登録販売者に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.薬学に興味がある
2.ドラッグストアでの勤務経験がある
3.責任感を持って仕事に取り組める
4.商品の陳列作業が好き
5.スキルアップの意欲が高い
6.老若男女苦手意識なく対応できる
7.営業や販売の仕事経験がある
8.多くの人と上手く協調できる
9.安定した収入を望んでいる
10.毎日同じ時間に仕事をしたい
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
登録販売者適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 薬学に興味がある 』

兼ね備えていない

登録販売者は、ドラッグストアなどで第2類医薬品と第3類医薬品の販売を行うことができる専門職として年々需要が高まっています。勤務先の店舗によって販売が行われている薬の種類は異なりますが、色々な種類の薬の効能や副作用について興味がある人に向いている仕事といえます。また、時には新しい種類の市販薬を扱うこともあり、医薬品の知識について積極的に学べる人はやりがいを感じながら仕事に臨むことができます。

『 ドラッグストアでの勤務経験がある 』

だいぶ兼ね備えている

登録販売者は、ドラッグストア内で来店客に対して医薬品の説明をするだけでなく、店舗運営に関する様々な業務を任されます。仕事の役割分担は店舗によって異なりますが、過去にドラッグストアで長く働いた経験がある人は、新しい店舗で働く際も短時間で一通りの仕事内容を覚えることが可能です。採用の際には、ドラッグストアでの一定の勤務経験がある登録販売者を優遇しているという店もあるようです。

『 責任感を持って仕事に取り組める 』

十分に兼ね備えている

登録販売者は、使用する人によっては体調を左右する薬を扱うこともあり、責任感をもって仕事に取り組むことが必須条件となります。副作用を知らなかったり症状についてよく聞き取っていなかったりすると、不適切な医薬品を提案してしまうことにもなりかねません。そのため、登録販売者としての自覚をもって働く必要があります。

『 商品の陳列作業が好き 』

十分に兼ね備えている

医薬品に限らず幅広いジャンルの商品を扱っているドラッグストアにおいては、登録販売者もアルバイトやパートのスタッフと同様に開店前や営業時間中の商品陳列を担当することがあります。大型の店舗では商品の数が多く、陳列棚の場所を把握するまでに時間を要したり、来店客の案内に手間取ったりすることもあります。並べ方によっては商品の売り上げを左右することもあるため、魅力的にわかりやすく商品陳列が出来る人や、陳列の仕方を考えるのが得意な人は向いていると言えるでしょう。

『 スキルアップの意欲が高い 』

兼ね備えていない

登録販売者は、医薬品の販売に際して来店客に対して質の高いサービスを提供するため、資格を取得した後も絶えずスキルアップを図ることが必要となります。役職によって求められるスキルに違いがありますが、小規模のドラッグストアでは登録販売者の本来の業務である医薬品の説明の他、スタッフの管理や採用、売上管理といった店長と同じような業務を担当することもあります。そこで、各地のドラッグストアにおいては、スキルアップのモチベーションを維持できる登録販売者が好まれています。

スポンサーリンク

『 老若男女苦手意識なく対応できる 』

そこそこ兼ね備えている

登録販売者は、接客も重要な業務の一つです。子供からお年寄りまで年代も目的も様々な人が訪れるため、来店客のニーズを把握して丁寧に対応することが重要です。そして、専門用語を使わず可能な限り分かりやすく薬の説明をする必要があります。特に、地域に密着した住宅地にあるドラッグストアでは、一日に多くの来店客があるため接客スキルに長けた人材が不可欠となっています。

『 営業や販売の仕事経験がある 』

十分に兼ね備えている

登録販売者は、ドラッグストアに勤務をして数年のうちに資格取得が可能であり、全国的に求人数が増えているため、他の業種から転職を検討している人も珍しくありません。特に、民間企業で営業や販売の仕事に就いていた人は、転職後すぐに活躍できるチャンスがあります。登録販売者はお客様から症状や既往症など必要な情報を聞きとり、適切な医薬品を提案する必要があります。営業や接客の仕事をしたことがある人は、商品の提案や説明をした経験は少なくないでしょう。そのため、このような一定の接客スキルがある人は向いているといえます。

『 多くの人と上手く協調できる 』

十分に兼ね備えている

登録販売者は、ドラッグストアの店内で薬剤師やパートのスタッフと協力しながら仕事を進めることが期待されます。曜日や時間帯によって薬剤師が不在となる店舗では、登録販売者が中心となって医薬品の販売を担当することとなるため、医薬品の特徴について分からないことがあれば事前に薬剤師にアドバイスを聞いておくことも有効です。また、人手不足の店舗ではパートのスタッフの代わりに率先してレジ打ちや売り場の案内を行うことが大切です。

『 安定した収入を望んでいる 』

兼ね備えていない

登録販売者は正社員の求人数も多く、安定した待遇で働きたい人に向いている職業です。勤続年数が長い登録販売者は売り場の責任者やパートのスタッフの教育係といった重要な仕事を任されますが、役職に応じた収入を得ることも可能です。なお、全国展開をしている大手チェーンのドラッグストアでは、能力次第で登録販売者から店長やエリアマネージャーなどを目指すこともできます。

『 毎日同じ時間に仕事をしたい 』

だいぶ兼ね備えている

登録販売者の働き方は、それぞれの店舗や運営会社の方針に左右されますが、24時間営業の店舗を除き、多くの店舗では日中の時間を中心とした勤務スタイルが採用されています。そのため、なるべく毎日決まった時間に仕事をしたい人や、体力面で夜勤に不安がある人にとっても働きやすくなっています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの登録販売者適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
登録販売者適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 登録販売者に向いているか向いていないか
  • 登録販売者の職業適性度
  • 登録販売者に必要な10の資質
  • 解説で登録販売者に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

登録販売者とは?

登録販売者とは一般用医薬品の販売をしている専門職です。

医薬品の取り扱いのプロフェッショナルは薬剤師で販売をすることもできます。

登録販売者は安全性が高く、薬剤師による指導を受けなくても購入しても構わないと認められた一般用医薬品に特化して販売活動をおこなえるのが特徴です。

登録販売者は第二類医薬品、第三類医薬品とされている医薬品を仕入れて店頭や通信販売などで販売しています。

消費者に医薬品を渡す際にはそれぞれの医薬品についての情報を提供し、適正使用をしてもらえるようにするのも登録販売者の重要な役割です。

登録販売者になるには?

登録販売者になるには資格を取得して登録をしなければなりません。

登録販売者になるには都道府県が実施している登録販売者試験を受けて合格することがまず必要です。

試験に合格すると資格は手に入りますが、登録販売者として働くには販売従事者としての登録申請をする必要があります。

登録販売者として働く場所を管轄している都道府県に申請すると販売従事登録証を手に入れられます。

また、自分で新たに店舗を用意して医薬品の販売をする場合には、2年以上の実務経験を積んだ上で、実務従事証明書の申請をして認められることが必要です。

登録販売者の給料・年収

登録販売者の平均年収は働き方によって違いがありますが、正社員として働いている登録販売者の場合には300万円~450万円くらいです。

複数の求人サイトでの調査情報や、実際に出ている求人情報から概算した平均年収です。

登録販売者はアルバイトやパートタイムで働いている人も大勢います。

時給の相場は1000円前後ですが、地域差が大きいので900円~1200円程度と考えると良いでしょう。

正社員でもアルバイトでも、勤続年数が長くなると給料が上がるのが一般的です。

登録販売者は一般用医薬品販売をしている現場では欠かせない存在なので、店長や副店長に昇進して稼げるようになる場合もよくあります。

登録販売者の就職・転職先(求人)

登録販売者の就職先・転職先として多いのはドラッグストア、家電量販店、ディスカウントストア、コンビニなどです。

一般用医薬品の取り扱いをしている店舗では登録販売者が欠かせないので、店舗ごとに複数人の登録販売者を採用しているのが一般的です。

薬剤師がいる調剤薬局や調剤対応をしているドラッグストアでも、調剤対応をしていない時間帯に登録販売者が働く形を取っていることがあります。

医薬品は病気の治療や体調不良の改善に必要不可欠です。

消費者が安全性の高い薬を気軽に買えるようにするために登録販売者は必要なので、今後も需要が絶えることはないでしょう。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0