理想の就活/転職のための
自己分析サイト

通関士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今通関士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい通関士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの通関士適性診断結果

あなたの適性度は32%で、今の時点では通関士の仕事に向いているとは言えないようです。通関士を目指したい場合は、まず診断結果の詳細を読み込んで必要な資質を理解するようにしましょう。自分に足りない部分がわかったら、あとは一つづつ克服していけるよう努力あるのみです。

通関士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.地道な作業が得意
2.正確な作業が得意
3.コミュニケーション能力がある
4.探求心がある
5.責任感がある
6.情報を集めるのが得意
7.英語が得意
8.勉強が好き
9.メンタルが強い
10.柔軟な思考ができる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 地道な作業が得意 』

そこそこ兼ね備えている

通関士は、輸出あるいは輸入したものに関する書類を作成し、税関に申告手続きをするのが主な仕事です。基本的には、地道な作業で、一日中デスクワークで書類を作り続けることも珍しくありません。そのような地道な作業が得意で、長時間パソコンを使った仕事をしていても、特に苦にならないという人が通関士に向いています。

『 正確な作業が得意 』

兼ね備えていない

通関士が申告手続きを行う前には、依頼者から受け取った書類に不備がないかを確認しなければなりません。また、取り扱う荷物に問題がないかを確認するのも、通関士の仕事です。もし、書類や荷物の確認に不備があった場合、本来より高い関税を納めることになったり、輸出入ができなくなったりする恐れがあります。したがって、正確な確認作業ができる人が、通関士に向いています。

『 コミュニケーション能力がある 』

あまり兼ね備えていない

通関士が所属する会社には、輸出入を行うあらゆる業界の人から依頼が入ってきます。その人としっかり連携して、正確な申告書類を作らなければなりません。よって、どのような人が相手でも、しっかりと会話のやり取りができる、高いコミュニケーション能力を持っている人が、通関士に向いています。また、申告に関して、何らかの問題が発生することは決して珍しくありません。その際には、通関士が税関と交渉することになります。その交渉を、有利かつスムーズに進めるためにも、高いコミュニケーション能力が必要となります。

『 探求心がある 』

そこそこ兼ね備えている

通関士は、様々な業界で扱われている荷物を輸出入するために、申告手続きを行います。その荷物の中には、業界に関する専門的な知識がなければ、書類の作成が難しいものも数多くあります。また、荷物によって、申告時に適用される法律が異なります。そのため、色々な業界のことを知ろうとする、探求心が必要となります。したがって、日頃からあらゆることに興味を持てる人は、通関士に向いている可能性があります。

『 責任感がある 』

あまり兼ね備えていない

通関士は、原則としてミスが許されない仕事です。通関士が申告手続きでミスをしてしまえば、輸出入ができなくなったり、輸送が遅れたりして、依頼者に迷惑がかかります。また、ミスが多発した場合、所属する会社が営業停止になる恐れがあります。そのようなことにならないために、常に責任感を持って、仕事ができるという人が通関士に向いています。あまり責任感がなく、日ごろからうっかりミスが多いという人は、通関士向きではありません。

スポンサーリンク

『 情報を集めるのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

貿易に関するルールは、高い頻度で新しくなっていきます。輸出入のために新しく検査が必要になったり、税率が変わったり、法律の改正によって規制が強くなったりすることは、珍しくありません。通関士は、そのような変化にいち早く対応して、適切な申告ができるようにならなければなりません。したがって、新しい情報を集めるのが得意な人が、通関士に向いています。

『 英語が得意 』

だいぶ兼ね備えている

日本は、外国を相手に貿易を行います。そのため、通関士が取り扱う書類の中には、外国語で書かれているものもあります。特に英語で書かれている書類が多いです。その書類を元に、申告用の書類を作成しなければならないため、ある程度英語の読み書きはできなければなりません。したがって、英語を使いこなせる、あるいは仕事のために英語を勉強することに苦手意識がない人が、通関士に向いています。

『 勉強が好き 』

あまり兼ね備えていない

通関士は国家資格であり、国家試験に合格することで資格を取得できます。そして、通関士の国家試験の難易度は高く、しっかり勉強をしないと合格することができません。また、試験に合格して通関士になってからも、新しい法律や税率などについて、勉強を続ける必要があります。そのため、勉強が好きで、特に苦もなく勉強を継続できるという人が、通関士に向いています。

『 メンタルが強い 』

兼ね備えていない

通関士は、依頼者と税関の間に立って、様々なやり取りを行います。そして、申告を早く済ませたい依頼者と、中々受理しない税関の間で、板挟みになることも珍しくありません。依頼者の意向通りに受理を催促して、税関から煙たがられることもあります。そのような状況でも、めげることなく、自分の仕事をこなせる、強いメンタルの持ち主が通関士に向いています。

『 柔軟な思考ができる 』

あまり兼ね備えていない

通関士の仕事は、ただ輸出入の申告手続きをするだけではありません。輸出入にかかる税金を、なるべく抑えられるよう、工夫することも大事です。貿易で取り扱う荷物の中には、分類を変えることで、税率を下げられるものがあります。依頼者のために税率を下げることができれば、その依頼者からの評価は高くなるでしょう。したがって、あらゆる工夫をするために、柔軟な思考ができる人が、通関士に向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの通関士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る