理想の就活/転職のための
自己分析サイト

リフレクソロジストに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今リフレクソロジストの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいリフレクソロジストに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのリフレクソロジスト適性診断結果

あなたの適性度は47%で、リフレクソロジストの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。リフレクソロジストを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

リフレクソロジストに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人を癒したい思いが強い
2.コミュニケーション能力が高い
3.人の話をよく聴く
4.体力がある
5.自分自身の体調管理ができる
6.学ぶのが楽しいと思える
7.人に寄り添える共感力がある
8.営業力が高い
9.冷静な判断力がある
10.集中力がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 人を癒したい思いが強い 』

兼ね備えていない

リフレクソロジストはリラクゼーション業ですから、疲れている人、癒されたい人が主な顧客です。足裏を中心に膝下をマッサージすることで、直接体をほぐしてあげることができます。誰かを癒してあげたいと思える人には、やりがいのある仕事といえるでしょう。人を癒したいという気持ちがあれば、どのように店舗や施術空間を整えるとお客様にとって癒されると感じる場所、落ちつける場所になるか想像力も働きます。人を癒したい気持ちを活かせる仕事がリフレクソロジストです。

『 コミュニケーション能力が高い 』

十分に兼ね備えている

リフレクソロジストは接客業ですから、コミュニケーション能力の高さも重要です。施術中の会話は、お客様が落ちついて過ごせるように、相手に合わせたペースや内容で行いたいもの。さらに、施術後にはアフターケアや生活上のアドバイスなどを必要に応じて行うため、わかりやすい説明ができると良いでしょう。総合的なコミュニケーション力がある人に向いている仕事です。

『 人の話をよく聴く 』

十分に兼ね備えている

コミュニケーション能力というと、会話力や説明力をイメージする場合が多いでしょう。しかし、リフレクソロジストの場合は、人の話をよく聴く力があることも大切です。思い込みで判断するのではなく、相手の話を最後までよく聴いて、施術に活かす必要があります。また、癒しを求めて来店するお客様にとっては、話を聴いてもらうこと自体で癒される場合もあるのです。話を聴くだけでは、自分が何もしていないようで心配になるかもしれません。そんなときも自分が話すことをぐっとこらえて、じっくり話を聴ける力がある人が向いています。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

マッサージは施術する側も体を使って行う仕事のため、リフレクソロジストも体力があることが大切な条件といえます。椅子に座って施術ができる店舗もありますが、意外とこまめに動く作業量の多い仕事です。1日に何人も施術ができる基本的な体力は必須でしょう。手を集中的に使って施術を行うため、少しずつ手の筋力もつき耐久性も上がっていきます。長く続けていくためには、基本的な体力、手の耐久性が重要です。

『 自分自身の体調管理ができる 』

あまり兼ね備えていない

一般的なカレンダーの休日にお客様が通えるよう、土日祝日も店舗が開いていることが多いのがリフレクソロジー業界です。働く場合はシフト制が多いため、不規則な勤務に対しても、自分自身の体調管理に気をつけられる人が向いています。普段から健康に気をつけて生活することができていれば、お客様のアフターケアや体調管理へのアドバイスも、説得力を持って行うことが可能です。

スポンサーリンク

『 学ぶのが楽しいと思える 』

あまり兼ね備えていない

リフレクソロジーは歴史の長いマッサージであり、専門知識も技術も、奥深い内容になっています。知識や技術が中途半端では、お客様の満足を得てリピーターになってもらうことは難しいでしょう。お客様それぞれに合わせた施術ができるよう、常に学び続けることが大切です。コツコツと学べる根気があればいいのですが、勉強が苦手な場合でも、リフレクソロジーに興味があって「学ぶことが楽しい」と思えれば、リフレクソロジストに向いています。

『 人に寄り添える共感力がある 』

だいぶ兼ね備えている

お客様に満足してもらえる施術をするためには、事前のカウンセリングが重要な時間になります。お客様の性格はそれぞれですが、ひとりひとりに寄り添うことのできる共感力があれば、相手からも心を開いて話してもらいやすくなるでしょう。心や体にどういう不調を感じているか、施術に何を求めているのかなど、共感しながらお客様に寄り添って理解する力が活かせる仕事です。

『 営業力が高い 』

兼ね備えていない

指名で来店してくれるお客様を増やすと、リフレクソロジストとして安定して仕事を続けていくことができます。知識や技術が気に入られて、リピートしてもらえる場合も多いですが、対面の接客業ですから、営業力を活かして指名をもらうことも可能な仕事です。次回の来店を待っているという一言を添える、再来店時に覚えておいてお礼を言う、マッサージの強さの好みなどを覚えて再現する、といった行動もささやかですが相手に働きかける営業力のひとつになります。積極性がある人、営業力が高い人に向いています。

『 冷静な判断力がある 』

あまり兼ね備えていない

リフレクソロジー店には、さまざまなお客様が来店します。中には、自分と相性の悪い人もいるでしょうし、疲れて来店するため時にはきつい言葉を口にするお客様もいるでしょう。リフレクソロジストが感情のままに反発してしまうと、お客様を余計に怒らせたり、良い施術ができなかったりする可能性があります。どうしても自分の手に余ると判断した場合は、先輩や店長に対応を相談することも、選択肢のひとつでしょう。リフレクソロジストが落ちついた状態で、冷静にお客様の様子を判断できる力があることが重要です。

『 集中力がある 』

そこそこ兼ね備えている

リフレクソロジストは足裏の反射区を刺激するマッサージが中心の仕事のため、施術部位は狭めです。小さな反射区を的確に施術する必要もあります。施術時間は10分程度~コースによっては1時間以上にわたる場合もあり、一般的に長時間のコース料金は高めです。そのため、稼ぐためには、狭い部分に対して、長時間施術を続けられる集中力があることが大切といえます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのリフレクソロジスト適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る