理想の就活/転職のための
自己分析サイト

レコーディングエンジニアに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今レコーディングエンジニアの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいレコーディングエンジニアに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのレコーディングエンジニア適性診断結果

あなたの適性度は56%で、レコーディングエンジニアの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。レコーディングエンジニアを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

レコーディングエンジニアに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.ジャンルを問わず音楽が好き
2.DAWを扱った経験がある
3.音響機器に詳しい
4.日頃から多様な音楽を聴いている
5.人とコミュニケーションを取るのが好き
6.気配りができる
7.楽器の演奏経験がある
8.バンドをやっていた
9.音楽業界に携わっていた経験がある
10.レコーディングに関する資格を持っている
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 ジャンルを問わず音楽が好き 』

あまり兼ね備えていない

レコーディングエンジニアになると、様々な依頼がきます。ロックをやっているバンド、オーケストラ、ヒップホップなど様々なジャンルの音楽をレコーディングすることになります。音楽が好きといっても、人によって好きなジャンルは異ります。しかし、「自分はロックが大好きだからロック以外の音楽は興味がない」、そういう人では色々な仕事をこなすことはできません。ジャンルを問わず、色々な音楽に興味を持っている人なら、楽しみながらレコーディングエンジニアを続けられるでしょう。

『 DAWを扱った経験がある 』

あまり兼ね備えていない

どのようにレコーディングするかはスタジオによって変わりますが、パソコン上で音楽データを編集するのが一般的になっています。DAWと言われるソフトを使いレコーディングするスタジオが多いので、レコーディングエンジニアになりたいのであれば、DAWの扱いに慣れている必要があります。様々なソフトがありますが、スタジオでよく使われているのはProToolsです。ProToolsの扱い方には慣れておくようにしましょう。

『 音響機器に詳しい 』

そこそこ兼ね備えている

レコーディングをする時には、マイクやプリアンプ、スピーカーなど様々な音響機器を使用します。どのマイクを使って録音するかで、曲の質は大きく変わります。レコーディングエンジニアは、依頼者がイメージする音を考えながらレコーディングをしなければなりません。そのためには、どのマイクを使うとどのような音になるのか、特性をしっかり理解しておくことが大切です。レコーディングエンジニアには、音響機器に関する知識が必要になります。

『 日頃から多様な音楽を聴いている 』

だいぶ兼ね備えている

音楽のトレンドは時代によって常に変化しています。最新の音楽はどういう音質をしているのか、どんな傾向の音が好まれているのかなど、しっかり理解しておかないと依頼に応えることができません。自分が好きな時代の音楽だけではなく、最新の曲も常にチェックしてアンテナを張っておくことが大切です。普段から音楽を聴いていて、最新の曲も欠かさずチェックしているという人なら、レコーディングエンジニアの仕事の幅も広がるでしょう。

『 人とコミュニケーションを取るのが好き 』

十分に兼ね備えている

レコーディングする時は、楽器を演奏するミュージシャンやスタッフ、エンジニアなど様々な人達と関わることになります。大勢で1つの作品を作り上げなければならないので、コミュニケーションを取りながら作業を進めることが大切です。普段から人と接するのが好きな人であれば、色々な人とコミュニケーションを取ってスムーズにレコーディングを進められるでしょう。

スポンサーリンク

『 気配りができる 』

そこそこ兼ね備えている

レコーディングエンジニアは、ただ音を録音すればよいというわけではありません。ボーカルや楽器の演奏者が、気持ちよくレコーディングできるような環境を整えるのも大切な仕事です。ボーカルが辛そうだったら休憩を勧める、ドリンクを用意するなどの気配りが必要になります。人をしっかりと観察して気配りができる人なら、ミュージシャンからも信頼されるレコーディングエンジニアになれるでしょう。

『 楽器の演奏経験がある 』

そこそこ兼ね備えている

ギターやピアノ、ドラムといった楽器の演奏経験がある人もレコーディングエンジニアに向いています。レコーディングエンジニアは、様々な楽器を録音することになります。楽器によってマイクの設置場所や使用する機材が変わってきます。自分自身が楽器を演奏した経験があれば、特性を理解した上で最適なレコーディング環境を整えることができます。また、演奏しているミュージシャンの気持ちも分かるので、作業もスムーズに進むでしょう。

『 バンドをやっていた 』

だいぶ兼ね備えている

バンドをしていると、色々な音楽仲間と知り合うことができます。レコーディングエンジニアは、仕事を獲得する時にコネも重要になります。バンド仲間がいれば、その人達からレコーディングを依頼してもらえるかもしれません。また、バンド経験があれば、レコーディング中にバンドメンバーと意思疎通がしやすくなります。レコーディングエンジニアはバンドマンではありませんが、バンド経験が無駄になることはありません。

『 音楽業界に携わっていた経験がある 』

そこそこ兼ね備えている

レコーディングエンジニアは、音楽業界の人達と関わることが多い仕事です。ミュージシャンのマネージャーや音楽プロデューサー、ディレクターなどと話し合いながら、レコーディングの方向性を決めていくことになります。音楽業界に携わっていた経験があれば、周りのスタッフとのやり取りがしやすくなるでしょう。

『 レコーディングに関する資格を持っている 』

あまり兼ね備えていない

レコーディングエンジニアは資格が必要になる職種ではありません。しかし、サウンドレコーディング技術認定試験など、レコーディングに関する資格は色々あります。資格取得を目指せばレコーディング関する知識を学べますし、就職をする時にも有利になるでしょう。趣味でレコーディング関係の資格を取ったという人は、レコーディングエンジニアの仕事に役立ちます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのレコーディングエンジニア適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

ピックアップ職業適性診断

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る