理想の就活/転職のための
自己分析サイト

レコーディングプロデューサーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今レコーディングプロデューサーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいレコーディングプロデューサーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのレコーディングプロデューサー適性診断結果

あなたの適性度は47%で、レコーディングプロデューサーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。レコーディングプロデューサーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

レコーディングプロデューサーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.音楽についての知識が豊富
2.顔が広く知り合いが多い
3.企画力がある
4.マーケティングの知識がある
5.全体を俯瞰する力がある
6.人を管理するのが得意
7.流行に興味関心が強い
8.コミュニケーションスキルが高い
9.ITへの興味関心が強い
10.カリスマ性がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 音楽についての知識が豊富 』

だいぶ兼ね備えている

レコーディングプロデューサーは音楽について広い関心があって知識が豊富な人に向いています。レコーディングプロデューサーはCDやDVD、インターネット配信用の音楽作品を制作する際の総合プロデュースをする役割を果たす職種です。音楽について広い見識があり、責任を持ってプロジェクトを推進できることが求められます。レコーディングプロデューサーは音楽が好きなことも重要ですが、正しい知識を持っていて音楽ビジネスを進める上で必要な見識を持っていることも必要です。

『 顔が広く知り合いが多い 』

兼ね備えていない

レコーディングプロデューサーは音楽業界では顔が広い人にとって活躍できる職種です。レコーディングプロデューサーは音楽メディアを制作する際にスタッフの人選を担います。話題のアーティストに依頼したり、有名な作曲家にオリジナルの音楽の作曲を相談したりすることもよくあります。音楽業界で名が知られている人なら、有名なアーティストや作曲家とコンタクトを取れるでしょう。知名度が高い人ほどレコーディングプロデューサーとして活躍できるチャンスが広がります。

『 企画力がある 』

そこそこ兼ね備えている

レコーディングプロデューサーは企画力がある人に向いています。レコーディングプロデューサーは音楽メディアの制作プロジェクトの立ち上げから責任を持つ職種だからです。企画が成功して売上が出るという根拠を明確にすることが必要になります。斬新な企画を考えられる能力があるだけでなく、その企画でメディアが売れる根拠も示すことが必要です。レコーディングプロデューサーは企画全般についての広い知識とノウハウが求められます。

『 マーケティングの知識がある 』

そこそこ兼ね備えている

レコーディングプロデューサーはマーケティングの知識がある人に適しています。完成度の高いCDやDVDなどを手掛けることができたとしても、ビジネスが成立しなければ高い評価は得られません。マーケティング戦略も考慮して人選をしたり、初期プロモーションの戦略を立てたりするのは重要なポイントです。マーケティングを自らおこなうわけではありませんが、戦略を視野に入れて企画を立案することは必要になります。

『 全体を俯瞰する力がある 』

十分に兼ね備えている

レコーディングプロデューサーは全体を俯瞰する力があると活躍できます。レコーディングプロデューサーはCDなどの音楽メディアを制作する際に、企画やキャスティング、予算管理やスケジュール管理などを一通り担うからです。企業としての目標売上やリリースの目標時期なども考慮して、遅れがないように進められる人はレコーディングプロデューサーに向いています。

スポンサーリンク

『 人を管理するのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

レコーディングプロデューサーはマネジメントスキルが必要です。アーティストや作曲家などとの調整をしつつ、新しいメディアの販売チャネルの確立や宣伝広告なども同時並行で進めなければなりません。プロジェクトにかけられる予算も適切に管理して、リリース目標時期に合わせて仕事を進める必要があります。高度なマネジメントスキルを持っていればそれらを適切に管理できるため、レコーディングプロデューサーになるための資質を持っていると言えます。

『 流行に興味関心が強い 』

そこそこ兼ね備えている

世の中の流行に興味関心がある人はレコーディングプロデューサーに適しています。企画時点で流行に合っていなかったら、リリースしたとしても大きな売上にはならないでしょう。流行に敏感でどんな音楽制作をしたら売れるかを考えられる人はレコーディングプロデューサーとして活躍できます。

『 コミュニケーションスキルが高い 』

あまり兼ね備えていない

レコーディングプロデューサーにはコミュニケーションスキルが求められます。アーティストや作曲家との良好な関係を作り上げつつ、制作や宣伝、販売などを担う社内の人材にも慕われる関係を保つ必要があるからです。皆から信頼されるコミュニケーションスキルがあるとレコーディングプロデューサーとして良好なスタッフ体制を整えることができます。

『 ITへの興味関心が強い 』

だいぶ兼ね備えている

レコーディングプロデューサーはITに関心があって理解できる人に向いています。ITによって音楽との付き合い方も変わってきているため、消費者の最新の動向をつかんで音楽制作をする必要性が高くなっているからです。オンラインの聞き放題サービスを利用する人も増えています。このようなITのトレンドも理解して、企画を立てられる人は長期的に重宝されるレコーディングプロデューサーになれます。

『 カリスマ性がある 』

あまり兼ね備えていない

カリスマ性がある人はレコーディングプロデューサーにうってつけです。アーティストや作曲家からも、メディアを制作する際にかかわるスタッフからも尊敬されるカリスマ性があると優秀な人が自然に集まってきます。関係者を大切にしつつ、スピード感のある決断をして品質の高い作品を仕上げる気概がある人はレコーディングプロデューサーとして成功できるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのレコーディングプロデューサー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る